• TOP
  • FASHION
  • 注目のデニムアウター、大人が選ぶなら何が正解?

2021.09.13

注目のデニムアウター、大人が選ぶなら何が正解?

ビッグシルエット人気が続く昨今、デニムアウターも例外ではありません。とはいえ、デニムの場合ラフさが強調されがち。となると、頼りになるのはやっぱりメゾン。それも、ひとクセあるデザインが狙い目です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

デザイン主張でダラけて見えるのを回避

大人のデニムアウターは、長らく細身こそが正義と思ってました。ところがどっこい! イマドキの基準はゆったりシルエット。ドロップショルダーにワイドボディ、広めのアームホールといったルーズなシルエットが主流です。とはいえ、大人にとってはルーズ感が強すぎると、ともすればダラシなく見えることも。大事なのは、あくまでオシャレ視点であることを示すこと。そこで、メゾンのひとクセ顔デニムアウターの出番です。

デザイン性の高いデニムアウターを選ぶことで、単にアンフィットなデニムアウターを着ている感を払拭可能。それもメゾンの一着となれば、クラス感もバッチリです。昨今のデニムブームですが、アイテム自体は若者も大人も方向性は同じ。“昔のまんまのデニム好きオジサン”にならないためには、ブランドや着こなしで差をつけることも重要ですよ。
PAGE 2

◆ ヴァレンティノ 

アメカジの名作を大胆ハイブリッド

▲ 36万3000円/ヴァレンティノ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)
フロントルックは、いうまでもなくフライトジャケットのMA-1。でも、レイヤードされた襟は明らかにGジャンです。両者をミックスしたコチラの一着なら、ひとクセ演出はバッチリ。ともにアメカジ王道のアイテムですが、組み合わさると不思議と無骨顔よりモード顔になりますね。
コチラがバックスタイル。色落ちさせたGジャンを組み合わせています。ヴィンテージのファーストモデルでおなじみとなる通称Tバックを採用している辺り、デニム好きの物欲をそそりますね。
PAGE 3

◆ セリーヌ オム  

単に大きけりゃイイってものじゃナシ

▲ 20万3500円(予定価格)/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)
かなり薄く色褪せさせた今秋人気のケミカルウォッシュに、今シーズンのココらしさがまさに現れています。ワイドな身幅に対して、着丈はジャストに。それが、ルーズに終始していないポイントです。内側には、ボディにボア、アームにキルティングを採用。ボタンはスナップボタンになっています。

◆ ロエベ 

随所に無骨さあれど、デザイン性高し

▲ 17万1600円/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)
形こそシャツですが、れっきとしたアウターです。レングスはコート並み。ボディの内側にはボア、そしてアームにはキルティングのライナーを採用し、高い保温性を発揮します。絶妙な色落ちを披露するデニム生地には、アーティスティックなプリントが。無骨とデザイン性の絶妙な塩梅です。
向かって右側の内側には、ロゴをエンボスしたレザーが。ポケットとして使えます。デニム生地はやや厚手で、ボタンにはメタル製のドーナツボタンを採用するなど、デニムらしい無骨感を楽しませます。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
セリーヌ ジャパン 03-5414-1401
ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL