• TOP
  • FASHION
  • 地味な黒スタイル。この夏着るならどうする?

2018.06.12

地味な黒スタイル。この夏着るならどうする?

ここ数年のトレンドだったことも手伝って、市民権を得つつある上下ブラックの真っ黒スタイル。確かに便利な着こなし方ではありますが、ひとつ間違えると単に地味なルックスになることも……。そんな失敗をおかさないためにも、洒落た着こなしのテクニックをスナップから学んでおきましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・スナップ/Massi Ninni 、静物・蜂谷哲美 スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04)

インナーを吟味することで、より洗練された雰囲気に

黒いジャケットに黒いパンツを合わせた、いわゆる「真っ黒スタイル」。ここ数シーズン、男性の着こなしを席巻していますが、どうやらひとつの定番スタイルとして、世界的にも定着しつつあるようです。確かに黒でまとめた着こなしは、引き締まった雰囲気に加え、コーディネートに手間取らないという魅力があるもの。

しかし、便利だからといって無策のまま着流してしまうと、途端に地味なだけの見た目になってしまうので注意が必要です。ファッションに敏感な欧州エリアのドレッサー達は、その辺をどうクリアしているのでしょう? 

答えはインナー使いに気を遣うことで、地味になってしまうことを巧みに回避しているようです。そんな彼らの着こなしを参考に子供っぽく見えず、清潔感もありながら、どこか軽妙な個性も感じさせる「真っ黒スタイル」をご紹介します。

● 大人がマネしたい全身黒スタイル その1 

白黒ボーダーを合わせて「大人マリン」な装い

黒スタイルに馴れてしまうと、インナーをポップな色みのレタード(文字プリント)Tシャツなどで済ませてしまう人が多いもの。しかし、イイ歳の大人が学生みたいな格好をするのは少々考えものかと。とは言うものの、白や黒のプレーンなTシャツでは当たり障りのない着こなしになってしまいます……。

そこでオススメしたいのが写真のような黒白のボーダーカットソー。とりわけ細かいピッチのボーダーアイテムは、はしゃぎすぎに見えず、さりとて地味すぎでもない、丁度良い洒落感を備えているところが魅力です。マリンルックを彷彿とさせる、ほど良い清涼感も好印象の要素となるのです。
ジャケット7万6000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、カットソー1万8000円/グランサッソ(エスディーアイ)、デニム4万4000円/ディーゼル ブラックゴールド(ディーゼル ジャパン)、サングラス4万5000円/ネイティブサンズ(ジービーガファス)、ベルト1万7000円/アバハウス(アバハウス 原宿)、靴1万9800円/ZDA×5351プール・オム(5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店)
ジャケット7万6000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、カットソー1万8000円/グランサッソ(エスディーアイ)、デニム4万4000円/ディーゼル ブラックゴールド(ディーゼル ジャパン)、サングラス4万5000円/ネイティブサンズ(ジービーガファス)、ベルト1万7000円/アバハウス(アバハウス 原宿)、靴1万9800円/ZDA×5351プール・オム(5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店)
こういった軽快なオフスタイルに用いる黒ジャケットは、ドレッシーな本格仕立てのものよりも、パッドや芯地を排した軽快なアンコン系がピッタリです。そうすることで襟ナシのカットソー一枚の合わせでも、チグハグな印象にならず洒脱にキマるのです。

今回合わせたボーダーのカットソーは、柄のピッチもコンパクトゆえ、大人にも着こなしやすいデザイン。さらに綿糸(コットン)にマーセライズ加工を施すことで、リッチな光沢を出しています。ちなみにマーセライズ加工というのは、綿糸・綿布を伸ばした状態で苛性ソーダの濃液に漬け、綿糸・綿布の肌触りの良さを保ったまま絹のような光沢を表現する技術です。それゆえ、十分にカジュアルでありながら、どこかしっかりと品の良い雰囲気を漂わせます。

NEXT PAGE2/ 2

全身黒スタイルには、どんなシャツが合う?

● 大人がマネしたい全身黒スタイル その2 

白シャツの投入で、黒白のメリハリを効かせる

こちらも同じく基本は上下黒アイテムのブラックスタイル。インに合わせているのはプレーンな無地の白シャツですが、衿がバンドカラーというのが最大のポイントです。バンドカラーは襟羽根をもたないぶん、カジュアルな雰囲気でありながら、どこか知的な印象を感じさせるところがポイント。肩肘張らない雰囲気を前面に出しつつも、崩しきらないサジ加減がなんとも絶妙なコーディネートです。

そして極め付けは袖の捲りテクニック。ジャケットの袖を捲りながら、シャツのカフを折り返して腕元にチラ見せさせ、颯爽としたニュアンスを加えています。全身黒スタイルはウエア自体がもつ要素はシンプルですが、こういう味付けひとつで、装いの印象をランクアップさせることができるのです。
ジャケット9万8000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、シャツ3万1000円/フィナモレ(グジ 東京店)、パンツ2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、ベルト2万円/アラルディ 1930(ストラスブルゴ)、靴10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
上掲の白髪紳士はボトムスにジーンズを選んだブラックスタイルでした。しかしバンドカラーシャツの知的さを生かすのであれば、パンツも大人っぽいドレープを描くウールパンツがオススメです。

この一本はスマートなシルエットなので、足下がシャープに決まる今風のデザイン。そしてバンドカラーのシャツはリネン製をチョイス。腕捲りスタイルなどが軽妙にキマることに加え、暑い季節も涼しく心地よく着こなせる素材使いがポイントです。

ボトムスがジーンズならばスニーカーでも良いのですが、バンドカラーシャツ、ウールパンツと大人っぽい要素が強めのコーディネートの場合、靴もドレッシーなレザーシューズがマッチするのです。

■ お問い合わせ

デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277 
エスディーアイ 03-6721-1070
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
ジービーガファス 03-6427-6989
アバハウス 原宿 03−5466−5700
5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店 03-3461-1009
ボリオリ 東京店 03-6256-0297 
グジ 東京店 03−6721−0027
エフイーエヌ 03-3498-1642 
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563 
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691 

「黒スタイル」が気になる方は、こちらもどうぞ!!

人気の黒スタイルが新鮮! 黒ジージャンが大人に最適なワケとは?
黒のレザージャケットなどを軸に全身をブラックでまとめるスタイルがこの冬は街を席巻しましたが、さすがにこれからの季節は暑苦しい感じも。そこで注目したいのが黒ジージャン。流行りの黒スタイルの都会的なムードはそのまま、春らしい軽快なスタイリングを叶えます。

都会的に見える黒スタイル、春に着るなら?
単にお洒落に見せられることから全身を黒でまとめるスタイルがここ数シーズン流行っていますが、これからの季節はコーデにはちょいとこだわるべき。というのも黒という色にはどうしても重たいイメージがあり、一歩間違えると季節感がまるでない男と思われがちですから。そこで、ここでは海外スナップから、春にふさわしい黒スタイルを考察。冬場に引き続き全身黒のクールなニュアンスを楽しみたい方は、どうぞご参考に!

もはや定番! 人気のシャカシャカ黒アウターをずらり集めました
軽快感が欲しい春アウターに、スポーティなシャカシャカ系はうってつけ。そこに、大人や都会というキーワードを求めるなら、シャカシャカ&ブラックが新基準なんです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事