• TOP
  • FASHION
  • 夏の大人の定番。Tシャツ、ポロシャツ、あとひとつは?

2021.07.31

夏の大人の定番。Tシャツ、ポロシャツ、あとひとつは?

夏のシャツスタイルにおける主役といえば開襟シャツ。Tシャツと比べて格段に大人っぽさや上品さを示せますが、開襟シャツの魅力はそれだけじゃないんです。真の魅力は、生地バリエの多さにあるんです。

CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

生地次第でイメージの振り幅が自在! 

ポロシャツ以外の襟付きトップスで頼りになるのが開襟シャツ。読んで字の如く立ち襟ではなく、台襟&第1ボタンのない襟を採用したシャツのことです。その開放的な首回りから、キューバシャツ然りハワイアンシャツ然り、夏らしいリゾートな雰囲気を演出するのにうってつけ。でも、魅力は襟周りだけじゃないんです。

開襟シャツは基本的にカジュアルシャツとあって、色柄や生地のバリエが豊富。それだけに、茶系ならシックに、ホワイトなら上品に、またサラッとした素材なら清涼感、テロっとした生地なら色気といった具合に、単にリゾートな雰囲気だけではなく振り幅広く楽しめるんです。

ここ最近はトレンドアイテムとして扱われていますが、その重宝ぶりは周知の事実。毎年買い足ししておけば、夏コーデに困ることはないですよ。
PAGE 2

◆ トゥモローランド 

ウール混&ライトベージュなら上品顔に

▲ シャツ1万9800円/トゥモローランド、Tシャツ1万2100円/サンスペル(サンスペル 表参道店)、パンツ4万6200円/ユーゲン(イデアス)、メガネ5万5000円/アイヴァン (アイヴァン 7285)、グルカサンダル3万9600円/パラブーツ(パラブーツ 青山店)
夏らしいリゾートなさわやかさを残しつつ、実に上品な雰囲気。シャツであること、オープンカラーであることに加え、シャリ感のあるウール×レーヨンの生地感も、その要因になっています。トレンドの幅広ストライプを配したパンツも、コットン×リネンのナチュラルな風合いが見どころ。レザーのグルカサンダルとともに、落ち着いた大人の夏コーデが完成です。

◆ キャバン 

夏を全開に楽しみたいなら、やっぱりコレ

▲ 3万800円/キャバン(キャバン 代官山店)
素材はイタリアのリネンメーカー・ソルビアティ社製。リネンならではのドライ感を楽しませつつ、特殊な洗い加工を施しているので柔らかさも両立しています。サックスブルーとともに、夏らしいさわやかな雰囲気を主張。ビーチリゾートに着て行きたくなる一枚です。
PAGE 3

◆ カジャ 

昼じゃなく夜が勝負! そんな時の一枚です!

▲ 1万5400円/カジャ
オープンカラーならではの開放感がありつつも、テロっとしたドレーピーな生地感が色気を加味。素材はテンセルで、微光沢感も大人の色気をあと押しします。さらに、前立ては比翼仕立てに。ビーチが似合う一枚というより、ビーチサイドのバーが似合う一枚ってことです。

◆ コス 

端正さが漂うドレス的オープンカラー

▲ 8500円/コス(コス 銀座店)
オープンカラーとともに、ゆとりのある身幅とアームが、よりリラックスした着心地を楽しませてくれます。素材はコットン。薄手ながらハリがあり、クリーンなホワイトともに着姿は意外にもスタイリッシュ。ショーツよりもスラックスが似合うオープンカラーですね。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 7285 03-3409-7285
イデアス 03-6869-4279
カジャ info@kajalife.com
キャバン 代官山店 03-5489-5101
コス 銀座店 03-3538-3360
サンスペル 表参道店 03-3406-7377
トゥモローランド 0120-983-522
パラブーツ 青山店 03-5766-6688

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        夏の大人の定番。Tシャツ、ポロシャツ、あとひとつは? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト