2021.07.05

一発で差がつく!? 大人なデニム厳選5本

ファッショントレンドとは、繰り返すもの。昨今のデニム人気は、まさにそれを証明しています。とはいえ、あの頃と比べると中身は随分と大人に。ならば、ラグジュアリーブランドという選択肢はいかがでしょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

デニムをリッチに着こなす、大人ならではの楽しみ方

本来労働着であるデニムですが、今となってはドレスデニムやジョグデニムなど、さまざまなスタイルで重宝されています。トレンド的にも復活しているので、久しぶりにデニムを新調したという人も多いでしょう。そこで頼りになるのが、ラグジュアリーブランドのデニムです。

今回選んだのは、ダメージ加工を施していないシンプルなスリムシルエット。昨今は男クサいワイドなシルエットも人気ですが、ラグジュアリーブランドならではの上品な美脚シルエットなら、大人の魅力を最大限かつ簡単に発揮できます。

「そのデニムのシルエットきれいだね。どこの?」「ああ、エルメスだよ」。ラフなアイテムだからこそ、このサラッと感が一層サマになるってものです。
PAGE 2

◆ エルメス 

赤じゃなくオレンジ、小ニクい演出に注目

▲ 12万4300円/エルメス(エルメス ジャポン)
一見すると、オーソドックスな5ポケット。でも、左のバックポケットには、スマホを入れるのにぴったりなポケットがレイヤードされています。レザーパッチは、ウエストの内側に。デニム生地はセルビッジ仕様ですが、赤耳じゃなくオレンジ耳になってます。

◆ ボッテガ・ヴェネタ 

一見オーソドックスだけど、細部に妙あり

▲ 14万3000円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
鮮やかなグリーンをアクセントに効かせたアイテムが揃う今季のボッテガ・ヴェネタ。コチラのデニムもまさにで、赤耳ならぬ緑耳を採用しています。ベーシックな5ポケット仕様ですが、一部のステッチがトリプルになっているなど、ココらしいヒネリを楽しませてくれます。
PAGE 3

◆ ジョルジオ アルマーニ 

もう堅いデニムには戻れないアナタに

▲ 11万3300円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
パッと見は無骨ですが、表面にはフロッキー加工が施され、いざ脚を通すとニットのようなかなり軽く柔らかなはき心地を楽しめます。それでいて、股上がやや浅めで無駄のないレギュラーフィットは、見た目にイージーさを感じさせず、スラックス的な洗練さを両立。これぞまさに、大人デニムの好例です!

◆ エトロ 

イマドキ、デニムも環境配慮が当たり前!?

▲ 9万1300円/エトロ(エトロ ジャパン)
BENETROESSEREコレクションからリリースされる一本。ヴィンテージな色落ちを披露しつつ、その素材にはオーガニックコットンとリサイクルポリウレタンを採用した、サステナブルな仕様に。加工の工程においても、化学汚染物質の消費を極力減らしています。

◆ ルイ・ヴィトン 

【番外編】夏なので、こんな攻めた一本もありでは?

▲ 18万400円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
NBAとのコラボコレクションから展開する1本は、かなり薄く色落ちさせた中、ジャカード織りによってモノグラム・モチーフをデザイン。さらに、バスケットボールに着想を得たエンブロイダリーを追加しています。シルエットはフレア。広がり過ぎない、絶妙な加減も見どころです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

エトロ ジャパン 03-3406-2655
エルメスジャポン 03-3569-3300
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        一発で差がつく!? 大人なデニム厳選5本 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト