• TOP
  • FASHION
  • モテるダウンは色気が違う? 大人のコーデ実例&カタログ7選

2018.01.22

モテるダウンは色気が違う? 大人のコーデ実例&カタログ7選

ダウンを大人っぽく着こなすなら色気を薫らせて。間違いなしな選びとコーディネートのコツをお見せします!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/人物・西崎博哉(moustache)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/村上忠正、小野塚雅之 ヘアメイク/星 隆士(SIGNO)、Ryohei Katsuma(masculin)、Miki Masue 文/竹内虎之介(シティライツ)、渡辺 豪(本誌)

2018年1月号より
アクティブなダウンも大人ならば、色気を醸して艶っぽく着たいもの。でも、それを叶える選びとコーディネートとは…? そんな疑問を解決する、キモありなダウンを厳選をしてご紹介します。黒、派手、コンビ、と種々あるラインナップよりお好みのものをチョイスしてくださいませ!

POINT 01 レトロなダウンは派手色がキモ!

適度なボリュームで見え方はとってもスタイリッシュ

タトラス定番のマットなナイロンタフタを使用したモデルは、その真っ赤な色味で差別化間違いなし! 長めのジップポケットやダーツで、シルエットに配慮された点も見ドコロです。

アウターがカラフルな分、インナーは落ち着いた雰囲気のものを。ニットらしい素材感が楽しめるミドルのタートルネックで、メリハリのあるスタイルが完成します。
8万5000円/タトラス(タトラス ジャパン)、ニット3万5000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、パンツ2万4000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、メガネ3万円/ブラン(ブリンク外苑前)
PAGE 2

POINT 02 落ち着きのある真っ黒ダウンには派手色をミックス

収納力にも優れた機動性と男らしさが◎

イタリア製の艶感のあるナイロンを用いたモデル“ネカルドゥエ”。レトロなムードの漂うシルエットとボリューム感が、大人のオトコをお洒落に演出してくれるのです。真っ黒コーデにもメリハリを利かせるのであれば、マスタードカラーなどで色差しするのが◎。ダウンのクールな印象が際立ちます。
9万8000円/デュベティカ(エフイーエヌ)、パンツ3万9000円/ダルタン ボナパルト(ダルタン ボナパルト表参道ヒルズ店)、ストール4万6000円/ベグ アンド コー(和光)
PAGE 3

POINT 03 白の素材感が織り成すエレガンス

異なる素材で魅せる白の存在感が見事

上質なムートン×ダウン×ラムレザーのコンビで魅せる十八番のムートンダウン“フェルナンド”。ダッフルモチーフの可愛げとエレガンスが両立したキメの選びです。合わせはマフラーのチェックを効かせて、ボトムスは黒。これくらいの落ち着いたコーデがムートンダウンの存在感を生かすのです。
15万9000円/エンメティ(エストネーション)、マフラー2万8000円/ジョンストンズ(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万6000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、時計420万円/ヴァシュロン・コンスタンタン、メガネ3万8000円、クリップオン2万3000円/ともにフォーナインズ
PAGE 4

コチラもお目立ち間違いなし!な4選

ムートンの存在感をさらに増した攻めのコラボ

エンメティの定番を基に、よりシャープに仕上げた別注モデル。フロントに施したスワロフスキージップが無二のアクセントとして煌めきを放ちます。
20万円/ダルタン ボナパルト(ダルタン ボナパルト表参道ヒルズ店)

アシメトリーなデザインがモード感満点

遊び心溢れる素材と色のコンビ、ビッグシルエットがココンチならでは。レトロなムードと都会感を両取りしたいなら、間違いのない選びですよ。
9万5000円/ファセッタズム(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
PAGE 5

リッチなリゾートでも映える仕立てです

大ぶりのフードとファー、そしてオレンジのボディとまさしくレトロな見え方ながら、シルエットはスッキリ。コットン×ポリエステルのアジのある表地も男らしく◎。
5万9000円/トミー ヒルフィガー(PVHジャパン)

サラリと羽織るには最適のボリューム感

カナダグースからは、シロクマを守る国際機関PBIとのコラボモデルを。定番ラインよりライトウェイトのダウンを用い、さらに軽やかさがアップしています。発色の良いブルーの色味も若々しさ抜群といえましょう。
6万4000円/カナダグース

■お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
エストネーション 03-5159-7800
エフイーエヌ 03-3498-1642
カナダグース 03-6758-1789
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ダルタン ボナパルト表参道ヒルズ店 03-5474-1874
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
PVHジャパン 0120-266-416
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フォーナインズ 03-5797-2249
ブリンク外苑前 03-5775-7525
ボリオリ 東京店 03-6256-0297
和光 03-3562-2111

大人のダウンが気になった方はこちらの記事もどうぞ

いまどきダウンをお洒落にこなす3つの艶だしテク
ほっこりイメージなダウンも着こなし次第で艶っぽくなるんです。注目のレトロダウンを主役に「艶ホカ」に着こなすためのテクニックをご紹介したします!

今年のダウンジャケットは、派手色・シンプルデザインの「際立ち」モデル
ダークトーンに染まる秋冬の街で、ひと際目を引く鮮やかなダウンジャケット。いま、そんな一着に時代の追い風が吹いています。だから今季は、臆することなく際立ちダウンを選びましょう。大人の流儀で着こなせば、悪目立ちの心配も皆無です。

本誌1月号では、モテるダウンのほかこの冬オススメの2大スタイルをご紹介中! チェックはコチラから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

モテるダウンは色気が違う? 大人のコーデ実例&カタログ7選 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト