• TOP
  • FASHION
  • 3大ミリタリーアウターを、大人にこなすコーディネイトとは?

2017.12.03

3大ミリタリーアウターを、大人にこなすコーディネイトとは?

オトコのアウターには超定番と呼べる「不滅の傑作」がある。M-51、通称モッズコート、MA-1、そしてトレンチコート。オトコの着こなしに欠かせない3大ミリタリーアウターを、大人に着こなすためのコーディネイト術を紹介!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 文/長谷川剛(04)、竹石安宏(シティライツ)

M-51 モッズコート

トレンド感と若々しさを備えているのが魅力

ミリタリーアウターのひとつとしてM-65ブルゾンとならんで人気を博す、通称モッズコート。その名の由来は、1960年代に英国ファッションシーンを席巻したお洒落好きのモダーンズ(モッズ)たちによって愛用されたコートがM-51だったことから。ポイントはミリタリー風のタフなカーキ素材とフード仕立て。それに膝上丈の裾後方が燕尾服状に先割れしている「フィッシュテール」も特徴的なディテールです。

今季はこう着こなすのが正解!

スーツの“着流し”スタイルを小粋にランクアップ

コート29万8000円/ドルモア(バインド ピーアール)、ネイビースーツ12万8000円/ザ・ジジ(アマン)、ボルドーニット1万8000円/アンドレア フェンツィ(コロネット)、茶スエードベルト1万9000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、シューズ9万2000円/フラテッリ ジャコメッティ(ラ ガゼッタ 1987 青山店)
そんなモッズコートを現代のオトコはどう着こなすべきか? 昨今は、ラグジュアリーなブランドからもM-51アレンジのコートが多彩にリリースされており、ワンランク上のモッズスタイルが楽しめる状況になっています。たとえば豊かなファーを蓄えたM-51をベースに、往年のモッズへのリスペクトを込め、シックなスーツを合わせてみたり。インナーは布帛のシャツよりもアクティブに動けるニットが今の気分。足下もレースアップではなくモダンな雰囲気漂うモンクストラップ等の革靴でまとめ上げることにより、ワイルドかつ品格漂う21世紀版モッズスタイルが完成します。
もっとモッズコートが見たい方はこちら!
PAGE 2

MA-1

大人が着やすくグレードアップされたMA-1の選び方

米国軍により1940年代から開発が始まったナイロン系のフライトブルゾン。当初ボアを衿部分に配していましたが、ヘルメットに干渉することからニット衿になるなど数々の変遷を経て、最終形デザインに落ち着いたのが1950年代。映画『ハンター』のなかでS・マックイーンがMA-1を着用しており、その渋い着こなしが世界中で話題となりました。

そんなフライトジャケットの定番が、昨今のミリタリーブームを受けてメゾン系からハイブランドまで、色々なアレンジモデルとしてリリースされ、またぞろ注目を浴びているのです。なかでも我々LEON世代の男性が着こなすなら、定番型をキチンと踏襲した真っ当な一着。ただしスッキリ着こなせるよう身ごろやアームを適度に絞ったモノがベストです。

今季はこう着こなすのが正解!

着こなすカラーを絞ることでクールな雰囲気もグッと引き立つ

ブルゾン13万円/ジュンハシモト(ジュンハシモト 表参道ヒルズ)、黒ニット2万円/RHC(RHC ロンハーマン)、キャメルパンツ3万5000円/PT01(ビームス ハウス 丸の内)、時計90万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ベルト1万1000円/マキシマム ヘンリー(エストネーション)、シューズ9万7000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
着こなしの組み立て方は、LEON本誌にて何度も取り上げている「青山系ライダーズ」とほぼ同じもの。着心地良くそしてラグジュアリーに進化したモダナイズド・MA-1は、ドレッシーなインナーやパンツと合わせることで、バランスのとれた大人のアクティブスタイルに仕上がります。

特に今季多いのが都会的なシャープさを感じさせるブラックカラーのMA-1。ブラウンのパンツと合わせることで、クールな印象と寛ぎ感が絶妙にマッチした味わいあるルックスに仕上がります。完成度を高く見せるコツは、パンツ以外のアイテムをブラックで統一すること。その他、クロノグラフなどの小物でさり気なくアクティブ感を添えるのも実に洒脱なテクニック。
もっとMA-1を見たい方はこちら!
PAGE 3

トレンチコート

骨太なのにエレガントな普遍的デザイン

定番と呼ばれる男の必須ワードローブは多々ありますが、その多くがミリタリーを出自としているのはご存知? 過酷な状況こそ優れたアイテムを生むってわけですが、トレンチコートはその代表格。ときは第一次世界大戦時、風雨や爆撃による土砂から身を守るために開発されたミリタリーコート、それがトレンチコートだったんです。ちなみに、トレンチとは塹壕(ざんごう)の意。 

で、そのベースは19世紀から英国に存在した野外作業用のコートといわれていますが、そこに塹壕戦用の機能性を加え、今日のようなトレンチコートを完成させた立役者のひとりがアクアスキュータム。風雨を防ぐ高密度なコットンベースの生地をはじめ、雨が染み込みにくいダブルヨークや動きやすいラグランスリーブ、銃床をあてたガンフラップ、手榴弾などの軍用品を提げるDリングなどなど、すべてのディテールには戦うための機能が込められているんです。 

そんな軍モノ由来の骨太さと、戦場でもけっして失わない英国紳士のエレガンスの融合。それこそがトレンチコート最大の魅力なんですね。男らしいのに上品であり、機能から生まれたデザインゆえ、いつまでも色褪せない。だからアクアスキュータムのトレンチは、世界中の洒落者たちに愛される定番となった、てわけなのですよ。

今季はこう着こなすのが正解!

グレスラと白シャツで品良く着こなすのが正解!

ややゆとりのあるシルエットのコートが気分な今季。アクアスキュータムの「キングスゲート」はまさにドンズバ。これをジャケット代わりにニットなどへ羽織り、ボタンではなくベルトで締めてメリハリのあるシルエットを演出するのが、今季らしい着こなしかと。トレンチ自体に存在感があるので、その他のアイテムはシックに徹するのが正解です。コート19万円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、ニット2万5000円/スカリオーネ、パンツ3万4000円/タリアトーレ(ともにトレメッツォ)、シャツ1万4000円/エストネーション(エストネーション)、シューズ4万8000円/カルミナ(ストラスブルゴ)
もっとトレンチコートを見たい方はこちら!
■お問い合わせ
バインド ピーアール 03-6416-0441
アマン 03-6805-0527
コロネット 03-5216-6521
ラ ガゼッタ1987 青山店 03-5468-5330
レナウン プレスポート 03-4521-8190
ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
ジュンハシモト 表参道ヒルズ 03-5414-1400
RHC ロンハーマン 045-319-6700
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
エストネーション 03-5159-7800
ウィリー 03-5458-7200
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ラ ガゼッタ1987 青山店 03-5468-5330
トライステイト ジャパン 03-6455-4332
トレメッツォ 03-5464-1158
※この記事は特集「お洒落の基本は定番にあり!」内の記事を再編集したものです。
アウトドアは街でモテる? スーツにマウンテンパーカが合うそのワケ
普遍の人気を誇るシエラデザインズのマウンパの魅力と着こなしを紹介!

モテる新定番はコレ! カーキが断然お洒落になる、ちょい足しテク
定番にして人気色のカーキをある色と組み合わせて大人にこなすテクニックを紹介!

トレンドに変化アリ?! この冬、大人のダウンはどうなった?
冬の定番アウター、ダウンジャケットの最新の人気モデルと着こなしを紹介

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL