• TOP
  • FASHION
  • ノースフェイス&パタゴニア。2大アウトドアウェアを大人にこなす、コーデ術とは?

2017.11.26

ノースフェイス&パタゴニア。2大アウトドアウェアを大人にこなす、コーデ術とは?

ハイスペックで機能重視のアウトドアウェアも、時計やメガネ、シューズ選びを工夫すればオトナの着こなしが可能になります。効果的な“コモノテク”をご紹介。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 編集・文/長谷川茂雄

艶や知性でアウトドアテイストを中和する

シャカシャカな質感のアウトドア系ウェアは、どうしてもヘヴィデューティな山系スタイルを連想させます。それをオトナの装いにブラッシュアップするなら、美脚スラックスでドレス感をプラスするのはもちろんですが、時計、メガネ、シューズという三種のコモノでアウトドアテイストを中和するのがキモ。コモノで艶や知性を醸し出すことで、お洒落度は格段にアップして都会派のこなしができるんです。その好例を、王道アウトドアブランドの今どきアイテムの着こなしでお見せましょう!

ザ・ノース・フェイスの“エクスプローラー・ギア・ライト・ジャケット”

山でも街でもイケるタイトフィットモデル

マウンテンパーカ4万5000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
軽量で着やすい3層構造の防水シェルジャケット。表地は、高密度(13デニール)ナイロン仕様ゆえ柔らかで強度も高く、ハイキングやグランピングに最適です。とはいえ、今どきのシェルは身幅もタイトでフードも小さめですから、街着としても活用しやすいんです。こちらの“アスファルトグレー”は、オトナが着やすいオススメのカラー。
PAGE 2

コーディネイト実例

ダークトーンで統一すれば都会派に!

ニット2万4000円/スローン(スローン)、グレーパンツ3万9000円/ピーティーゼロウーノ(PT JAPAN)、Tシャツはスタイリスト私物
“アスファルトグレー”のシャカシャカジャケットは、ダークトーンで統一感を出すことで都会的に見えます。チャコールグレーのウールパンツは、股上に余裕を持たせた“ジェントルマンフィット”。程よくゆるりなテーパードシルエットゆえ、スポーティなトップスに無理なくマッチします。

このコモノでこう着こなす!

ゴールドパーツでラグジュアリーな演出を!

アウトドアジャケットのダークトーンの着こなしに、ラグジュアリーなエッセンスをもたらすのは、ゴールドパーツが際立つコモノ。メガネならゴールドテンプルのメタコンが理想的です。しかもフロントがブラックの2トーンモデルならウェアに馴染みやすく、かつ知性を醸します。時計はカーボンストラップと18kケースのコントラストが効果的で好印象。足元は、黒のチロリアン系モデルであればウェアとシンクロしますから間違いありません。
メガネ4万円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計305万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、シューズ6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
PAGE 3

パタゴニアの“メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット”

自在にシルエット調整できるパッカブルタイプ

マウンテンパーカ3万円/パタゴニア(パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)
リサイクルポリエステルを使用したシェルは、完全防水性能を備えつつもコンパクトに収納できるパッカブルタイプです。とにかく動きやすくて柔らかな3層構造のボディは、裾のドローコードで細かなシルエット調整ができますから、重ね着の多い冬も何かと重宝します。
PAGE 4

コーディネイト実例

ヴィヴィッドカラーはインナーとスラックスで格上げを

ニット2万6000円/ドルモア(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ3万5000円/ジーティーアー(八木通商)
アウトドア然としたヴィヴィッドカラーのナイロンジャケットを着こなす場合、安易に色数を増やすのは禁物。クリーンな色使いのインナーとスラックスを合わせることで攻略できます。特に白インナーとグレースラックスという品のある合わせは、文句無しのコンビ。その際、スラックスは2プリーツで、シルエットにやや余裕を持たせれば、リラックスムードが増してよりこなれた印象になります。
PAGE 5

このコモノでこう着こなす!

ラグスポ時計とモノトーン小物がドンズバ

インナーとパンツ同様、足元もクリーンな白スニーカーでエレガントにまとめるのが定石です。さらに黒セルのメガネで目元を引き締めれば、知性が加わりますからアウトドア感が中和できます。決め手はラバーストラップを配したラグスポ時計。ドレス時計はジャケットのヴィヴィッドカラーとはミスマッチなので、スポーティでボリュームのあるクロノをチョイスするのが得策です。しっくりジャケットに馴染みつつもラグジュアリーなエッセンスが加わりますから、無理なくスタイルを格上げできます。
メガネ3万3000円/アヤメ(コンティニュエ)、時計395万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、スニーカー3万1000円/ナショナル スタンダード(ティースクエア プレスルーム)
■お問い合わせ
ザ・ノース・フェイス原宿店 03-5466-9278
PT JAPAN 03-5485-0058
スローン 03-6421-2603
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
パラブーツ青山店 03-5766-6688
パタゴニア日本支社カスタマーサービス 0800-8887-447
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
八木通商 03-6809-2183
コンティニュエ 03-3792-8978
ティースクエア プレスルーム 03-5770-7068

ラグスポスタイルが気になった方はこちらもどうぞ!

英国紳士が愛した定番「BARBOUR(バブアー)」が一生モノな理由
イタリアオヤジが数年ごとにクローゼットから引っ張り出すのが、バブアーのワックスドジャケットなのです

断然モテる? グレースーツの1週間コーデって?【後編】
今季の注目株、グレースーツを1週間着こなすなら?洒脱に着崩すこなし方をご紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL