• TOP
  • FASHION
  • 伝説ブランド復活! 大人にこそ似合うカットソーって?

2021.04.23

LEON RECOMMENDS

伝説ブランド復活! 大人にこそ似合うカットソーって?

70年代のサーフィンブームを象徴するブランドであり、お店だった「サンデー ビーチ」が復活。モダンで上品、大人ストリートなブランドとして生まれ変わったと言うから、青春の思い出がある方もない方も要チェックです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/石井 洋(LEON)

思い立った時それが青春の始まりです

「ボート ハウス」や「キャプテンサンタ」と言えば、読者諸兄のなかでも、とりわけベテラン勢の皆さまには青春の1ページだったかと。社会現象とまで呼ばれた伝説のブランドですよね。

そんな両者を生み出したジョイマーク・デザインが、「サンデー ビーチ」をリリースしたのが1977年のこと。渋谷文化通りにショップを構え、同名のオリジナルブランドはもとより、当時としては珍しく、アメリカやハワイのロコを思わせる作りと品揃えで、感度の高い学生やサーファーに愛されました。70年代のサーフィンブームを象徴するブランドであり、お店だったのですね。
▲ カットソー9900円/サンデー ビーチ(ARC)、デニム4万2900円/トラマロッサ(伊勢丹新宿店)、腰巻きニット2万5300円/グランサッソ(エスディーアイ)、サングラス3万8500円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ)、時計96万8000円/ゼニス
それから40年。たった2年のみ存在したその幻ブランドが、さり気なく復活を果たしているではありませんか! 国籍、人種、性別、年齢を問わず、さまざまな人々の生活に“虹”をかけたいというレインボーアイコンはそのままに、デザインは一新。モダンで上品、大人ストリートなブランドとして生まれ変わりました。

幻ブランドの復活をきっかけに、新しい気持ちでそれを身に纏うこと──それは、「思い立った時が青春!」という我々の思いにも通ずる行為であり体験です。当時を知らないコヤジの皆さまにも、強力プッシュしたい出来映えでありました。

春風に吹かれたくなる一枚です

ジョイマーク・デザインの代表、下山好誼氏と親交のあったスタイリスト、小川カズ氏がクリエイティブディレクターに就任して、復活。シンプルで着やすい大人カジュアルな名品が揃いますよ。

2021年5月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

伊勢丹新宿店 03-3352-1111
ARC 042-722-2010
エスディーアイ 03-6721-1070
ゼニス 03-3575-5861
フォーナインズ 03-5797-2249

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL