• TOP
  • FASHION
  • 細ラペル? 太ラペル? いったいなにが違うの?

2021.04.16

細ラペル? 太ラペル? いったいなにが違うの?

スポーツ&アウトドアブランドが、積極的にラペルドジャケットを作る昨今。ラフなビジネススタイルに慣れすぎて、ラペルドならではのイメージ戦略をすっかり忘れてしまった人も多いのではないでしょうか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

ラペル幅を制するものは、Vゾーン戦略を制す

スーツorジャケットスタイルにおいて、その印象を左右するVゾーン。Vゾーンと聞くとついシャツ&タイの組み合わせを思い浮かべますが、実はラペルの幅こそがその印象作りに大きな影響を与えているんです。と言っても難しい話じゃありません、要は幅を意識すればイイんです。

端的に言えば、太ラペル=貫禄、威厳、細ラペル=スタイリッシュ、モードといったところ。重要な会議やクライアントとの接見では前者、イベントやパーティー、また相対する人が若い時は後者といったように使い分けるのがオススメです。もちろん、経験豊富な艶女とのバーデートでは前者を、ヤングなレディとのカジュアル会食では後者を、てな具合に使い分けるのもアリですよ。
PAGE 2

◆細ラペルの場合

キビキビと仕事をこなす都会派ビジネスマン

▲ ジャケット6万4900円、パンツ2万7500円、シャツ3万7400円、ネクタイ1万4300円/すべてヒューゴ ボス(ヒューゴ ボス ジャパン)
コットン×ウールのシャンブレー生地を採用したジャケット。ライトトーンによる爽やかかつシャープな印象に対して、幅7cmのナロウなラペルがより都会的な主張を強めます。とは言え、標準的なラペル幅が8〜9cm辺りなのでナローすぎず、白シャツ×黒タイとでトラッド的にまとめることも可能。で、こんな細ラペルには、ラペル幅に合わせてナロウなタイを選ぶのが基本です。

◆こんなアレンジも! 

アフター5はストールINでモテVゾーンに

▲ ストール2万6400円/アットヴァンヌッチ(レガーレ)、ジャケット6万4900円、パンツ2万7500円、シャツ3万7400円、ネクタイ1万4300円/すべてヒューゴ ボス(ヒューゴ ボス ジャパン)
イベントやパーティーに着ていくなら、ストールをジャケットにINして華やかさを増すのもアリ。ラペル幅がナロウだとVゾーンを盛ってもいやらしくならず、比較的スッキリとあくまでモダンな印象に収まります。
PAGE 3

◆太ラペルの場合 

立場ある格上ポジションの人が様になる貫禄幅

▲スーツ67万7600円、シャツ3万9600円、ネクタイ2万5300円、チーフ1万8700円/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
太ラペルといえば、やはりダブルのピークドラペルでしょう。幅は12cm。クラシックな雰囲気とともに、実に貫禄のある堂々とした印象を与えます。この一着のように、幅広ピッチのストライプとの組み合わせなら、なおさら。その威厳ある姿は、小僧には真似できない、大人ならではの特権です。タイ自体も幅広を合わせるとより効果的です。

◆こんなアレンジも! 

クラシック感マシマシで、さらにクラス感を

▲タイバー6万4900円、スーツ67万7600円、シャツ3万9600円、ネクタイ2万5300円、チーフ1万8700円/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
クラシックなダブルには、クラシックなタイを。太ラペルの貫禄をアピールする上で、こんな小紋柄の渋色タイはまさにうってつけです。さらにポイントとなるのは、タイバーで胸元に立体感を出すこと。弧を描くタイに仕上げることで、貫禄に加えて色気をもプラスすることができるんです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ヒューゴ ボス ジャパン 03-5774-7670
ラルフ ローレン 0120-3274-20
レガーレ 03-6805-1773

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL