• TOP
  • FASHION
  • いまさら聞けない?! 大人のためのデニム基本用語辞典【後編】

2017.09.26

いまさら聞けない?! 大人のためのデニム基本用語辞典【後編】

ヴィンテージデニムのディテールから、よく耳にする単位や俗称まで。大好評の前編に引き続き、オトナのためのデニムの基礎用語後編です!

CATEGORIES :
TAGS :
デニムって奥が深い。時代背景に伴ったマニアックなディテール、ツウしか知らない俗称など、とにかく専門用語が多いですよね。とはいえ、それらを知っていれば自分好みのデニムを探す一助となるはずです。いまさらそんなものは聞けないし、調べてられない、という諸兄のために、最低限知っておくべき基礎用語、後編をお届けします!
いまさら聞けない?! オトナのためのデニム基礎用語【前編】はこちら

【 コインポケット / ウォッチポケット 】

5ポケットジーンズに見られるディテールであり、主に右フロントポケットの入口に設けられているミニポケットのこと。そもそもは懐中時計の「ウォッチポケット」であったが、腕時計の普及に伴って硬貨を入れる「コインポケット」と呼ばれるように。またジッポーライターを入れてアタリ(先述)を楽しむ愛煙家も。さらに故スティーブ・ジョブズは、世界中が見守る新製品発表のステージで、この小さな収納から初代iPod nanoを取り出し、そのコンパクトさを明快にアピール。今も語り継がれる伝説のプレゼンに。

【 コーンミルズ 】

アメリカを代表するデニムミル。1915年より〈リーバイス〉のサプライヤーを務め、ヴィンテージと呼ばれる時代の生地を実際に生産していたことから、デニムファンの間では信頼の名門メーカーとして一目置かれている。現在は「コーンデニム」と社名を改め、多くのブランドにデニム生地を供給。
PAGE 2

【 セルビッジ / 赤ミミ 】

力織機(後述)で織り上げられたデニム生地の両端にある白地のミミ部分。縫製をせずそのまま使用してもホツレないのが特徴であり、ジーンズでは主に両脇の割り縫いの内側に見られる。最もポピュラーな〈リーバイス〉で採用していた生地のミミに、赤いステッチが施されていたことからの俗称で、そのまま代名詞として定着。さらに、ほかの色糸があしらわれた金ミミ、青ミミなども総称して“ 赤ミミ ” と呼ばれることが多い。

【 タテ落ち 】

穿き込み&繰り返しの洗濯により、生地表面のタテ糸が擦れ、インディゴ染料が少しずつ抜け、タテ方向に線状の色落ちが現れた状態。ムラ糸を用い、均一に織ることができなかった旧式の力織機(後述)で製造したデニム生地に見られる特有の表情であり、均一に大量生産できる現代の革新織機による生地では得られない。ヴィンテージ及び、その素材感を再現したジーンズの醍醐味であると同時に、“格好いい色落ち ” の基準とされている。
PAGE 3

【 チェーンステッチ 】

縫製の裏側が鎖状になったステッチの名称。洗濯をすると縫製糸の縮みによってステッチの目がギュッと詰まり、生地との縮率の違いから迫力のあるパッカリング(後述)が現れ、結果としてメリハリの効いたアタリを生み出す。そのためヴィンテージタイプなど味わいを大切にしたいジーンズを丈上げする場合は、裾をチェーンステッチで縫うのがよしとされ、専門店や一部こだわりショップで受け付けてもらえる。

【 パッカリング 】

洗濯をすることで生地&縫製糸の縮率の違いから引きつりや歪みが生じ、シワが連続して寄った凸凹の状態のこと。凸部分は擦れやすく、より色落ちしやすくなるため、そこにコントラストが生まれ、立体感のある豊かな表情がもたらされる。ジーンズではポケット口やヒップのヨーク、裾口など要所に現れるが、とくにチェーンステッチ(先述)で縫われた箇所ほど迫力のあるパッカリングが刻まれる。
PAGE 4

【 ヒゲ 】

ジーンズの股から太腿に掛けて、線状に広がった穿き込みジワの色落ちを指す俗称。そのカタチが、動物の頰ヒゲに見えることが名の由来。これに対し、膝裏に現れる同様の色落ちを“ 裏ヒゲ ”、またハニカム模様に似るため “ ハチノス ” とも呼ばれる。

【 力織機 / シャトル織機 】

写真提供/KAIHARA CORPORATION
セルビッジ(先述)付きのデニム生地を織ることができ、ヴィンテージと呼ばれる時代の生地を実際に製織していた旧式織機のこと。より効率的に大量生産できる最新の革新織機と比べ、生地幅は約半分、スピードも1/6ほどと著しく生産性が低く、かつ現在は製造されていない年代モノの機械のためトラブルは日常茶飯事、また日々のメンテナンスや調整も不可欠と非常に手間暇を要する。しかし、ヴィンテージならではの魅力である不均一なザラつきのある風合いや粗野な表情は、力織機でしか表現できないことから、希少で価値あるものとしてデニムファンから高く評価されている。

デニムのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

ラグジュアリーなシーンもOK! な「キメるデニム」選びのコツと遊び方
いま旬な着こなしのノウハウを解説!

ビジネスでも使える?! デニムコーディネイト3選
オンタイムに応用できる、ニュービズスタイルを紹介

モテるデニムスタイル・スナップ【1】「ストラスブルゴ」&「シップス」
プロの着こなしをたっぷり紹介しています

デニムはなぜ世界一愛される存在になったのか? その歴史を紐解く【前編】
モテるオトナにはウンチクも必要? デニムのヒストリーをしっかり解説

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL