• TOP
  • FASHION
  • 最新デニムは、実はデニムじゃなかった!?

2017.09.29

最新デニムは、実はデニムじゃなかった!?

テクノロジーによって進化した最新デニム。見た目はまんまデニムですが、実のところそれは、デニムにはない魅力を秘めたデニムでした。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST)  スタイリング/稲田 一生  文/竹石 安宏(シティライツ)

本誌『LEON』が創刊した頃は、雑誌をケータイで読もうなんて発想は、まだ一般的ではありませんでしたよね。が、あれから15年以上経った現在、多くの読者の方々はこの記事をスマホでサラサラと読んでいることでしょう。それはひとえにテクノロジーの恩恵なわけですが、雑誌だけではなくデニムもテクノロジーによって進化しています。ここでは、そんないまどきの最新デニムをご紹介しましょう。

スポーツにも使える!? ジョグジーンズの衝撃
ジョグデニム4万8000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
で、まずご紹介したいのが、ディーゼルの「ジョグジーンズ」。そのデビューは2011年。以来今日まで大人気モデルとなっているので、ご存知の方も多いかと。何より特筆すべきは最先端技術によってデニムとジャージーを融合した、ハイブリッドファブリックによるはきごこち。まさに衝撃的な快適さなんですね。
そんなジョグジーンズのハイブリッドファブリックは、デニムのルックスとジャージーの機能を併せもっています。つまり、ジャージーならではの特性である伸縮性をはじめ、柔軟性や軽量性、さらに抜群のフィット性を備えており、硬くて窮屈なデニムのイメージのいわば真逆。
一方でそのルックスは通常のデニムと同じ白糸とインディゴ染めの糸が用いられており、ヒゲなどの色落ちの雰囲気まで、まさにデニムそのもの。1978年の創業以来、今日までデニムのトレンドを牽引し続け、デニムの格好よさや魅力を熟知する、ディーゼルの高い技術力と感性があるからこそ作れたジーンズといえるでしょう。
PAGE 2

トロフェオ デニムで軽やかでエレガントに

ウールデニム9万6000円/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
続いてご紹介するは、あのエルメネジルド ゼニアが今年発表したオリジナルデニムです。ゼニアといえば、高品質なドレスウェア用の服地を100年以上にわたって生産する、世界屈指の老舗毛織物&プレタポルテブランド。
その知識と技術を投じて作り上げたのが極細繊維の上質ウール、トロフェオ ウールを100%用いた「トロフェオ デニム」です。そもそも、ウールでデニムを織ることは不可能に近いといわれてきました。なぜなら、デニムの命ともいえるインディゴは染料の粒子が粗いために、繊維表面がなめらかなウールには付着しにくいからです。その染まりにくさがデニム特有の色落ちを生み出しているわけですが、ゼニアは長年の研究によってそんな難関をブレイクスルー。見た目はデニムながらもウール100%の、トロフェオ デニムの開発に見事成功したというわけです。
そんなトロフェオ デニムは一見、リジッドデニムそのものですが、はき心地はじつにやわらか。ヘビーオンスデニムのザラッとした肌ざわりやハードな風合いはまったくなく、上質なウーステッド生地のスラックスと変わらない、ソフトて軽やかな風合いです。また上質なウールスーツ同様シワにもなりにくく、長年履いても色落ちしないのも特徴。つまりいつ何時も、スマートで都会的なデニムスタイルを快適に楽しめるというわけ。これも1世紀以上ウールに携わり、研究開発を重ねてきた、エルメネジルド ゼニアだから作れたデニムといっても過言ではないでしょう。 
PAGE 3

格好よく楽チンにデニムライフを楽しむべし!

このように、長年の研究と最先端の技術を駆使した最新デニムは、厳密にいうとデニムではないかもしれません。ですが、見た目はデニムそのものなのは、どんなに技術が発展しても、デニムの格好よさが不便ゆえ。そこに優れたテクノロジーによって、従来のデニムにはない快適さとモダンな表情を加味したのが、デニムではない最新デニムというわけです。 

「オレは14オンスのリジッドデニムしかはかない」なんてこだわりもいいですが、デニムじゃないデニムはきっとあなたのデニムライフを広げてくれますよ。

ディーゼル「ジョグデニム」

2011年の誕生以来、進化し続けてきた「ジョグジーンズ」。2017年秋冬の新作はシーズン毎に打ち出されるシーズナルルックスで登場。ヒゲ部分の立体的な色落ちが実にリアルであり、リペア加工と相まってとてもジャージーには見えません。ウエストにはドローストリング入りで、まさにジョガーパンツのはき心地。4万8000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン) 

エルメネジルド ゼニア「トロフェオ デニム」

「トロフェオ デニム」を用いた5ポケットジーンズ。程よく細身のストレートシルエットがキレイめな表情にマッチし、すっきりとしたモダンな雰囲気です。ジャケットとも好相性であり、ちょっとしたレストランなら余裕で通用するはず。他にジャケットやスラックス、Gジャンあります。9万6000円/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)

■お問い合わせ
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300

デニムのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

DIESEL創始者レンツォ・ロッソ、インタビュー。ジーンズの天才は何を変えてきたのか?
ジーンズの概念を変えたジョグジーンズの誕生秘話を生みの親が語ります

デニムはなぜ世界一愛される存在になったのか? その歴史を紐解く【前編】
ワークウエアだったデニムがファッションに変わったワケとは?

デニムはなぜ世界一愛される存在になったのか? その歴史を紐解く【後編】
カウンターカルチャーの象徴からメインストリームに、そしてレプリカジーンズの爆発的流行へ

大人がはきたい、キマるデニム8選
ドレスパンツ使いもOKな、濃いめテーパードデニム、黒デニム、ダメージデニム等をご紹介!

ラグジュアリーなシーンもOK!な「キメるデニム」選びのコツと遊び方
“ドレスパンツとして通用する”デニムを選べば、パーティーシーンで差がつくスタイルの完成です

ビジネスでも使える?! デニムコーディネイト3選
カジュアルでありながら、ビジネスの品格もキープさせるデニムスタイルをご紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL