• TOP
  • FASHION
  • 秋の着こなしはニットが解決してくれる

2017.09.24

SPONSORED

秋の着こなしはニットが解決してくれる

一枚でもインナー使いでも重宝するニットは中途半端な今の季節の救世主。なかでもオススメしたいのがグランサッソのニット。上品かつ洒落ているデザインのニットは大人の着こなしにピッタリです。

CATEGORIES :
写真/人物・前田 晃、静物・林 敏一郎(FOREST)
スタイリング/四方章敬
ヘアメイク/勝間亮平(masculin)
文/持田慎司
秋冬にはどんな服を着れば、お洒落に見えるのか。むやみに買い足しせずとも、着こなしのアシストをしてくれるのがニットです。一枚でもサマになり、ジャケットやブルゾンのインナーとしても重宝するアイテムなので、秋服から冬服への橋渡しに最適です。なかでもこの秋にオススメしたいニットがグランサッソの3タイプです。

“冬のサーマル”として使えるハニカムニット

タフなファー付きのレザーブルゾンに合わせたハニカム編みのニット。こちらはサーマルTシャツよりもリッチで、かつプレーンな表情のニットよりタフな感じを演出してくれるという、まさに絶妙な一枚。ニット3万2000円/グランサッソ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)レザージャケット9万8000円/シカス、パンツ3万8000円/ザネッラ(ともにエスディーアイ)、そのほかはスタイリスト私物
一枚でも着られてインナーとしても活用できて……。春夏であればTシャツがその役を担ってくれるワケですが、これからの季節は洋服の生地感が厚手になるぶん、カットソー地だと心もとない印象に。そこでオススメしたいのがニットアイテムです。
 
なかでもグランサッソが手がけているクルーネックは、12ゲージというハイゲージ仕様ながら、ボディを6角形のハニカム構造に編み上げることで、奥行き感を実現しています。
 
で、このハニカムな編み地は、見た目の立体感はもちろんのこと、ツイードなどの紡毛系素材のみならず、レザーやギャバジンといったタフな素材感にも負けないというコーディネートとしての利点も備えます。
 
しかも一枚で着た時には体のラインが出にくい、という嬉しい恩恵も。例えば白いニットを選んだ場合、時にボディラインが露わになると、乳首が透けたりぽっこりお腹のフォルムが出てしまったりと、大人の男にとっては何かと不都合な点がございますが、その辺りもこのハニカム構造がしっかりカバーしてくれるという嬉しい設計なのです。

ありそでなかったハニカム調ニット

12ゲージで編み上げられたハニカムパターンニット。一般的なスムースなハイゲージニットとは異なり、6角形の細やかに編み柄が全面に現れるサーマルTのような佇まいが特徴。3万2000円/グランサッソ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

ココがよくデキ

1枚でも、ジャケットのインナーとしても洒落て見えます

NEXT PAGE2/ 2

秋のニットはまだまだ使える

ニットの組み合わせをエレガントに見せるコツ

クルーネックとタートルネックのちょうど中間のネックの高さを備えるモックネック型のニットがポイント。同じゲージで編み上げたボタンのないカーディガンを合わせると、ぐっとモダンな雰囲気になります。モックネックニット2万2000円/グランサッソ(ビームス ハウス 丸の内)、カーディガン3万円/グランサッソ、パンツ4万円/ザネッラ(ともにエスディーアイ)、そのほかはスタイリスト私物
手持ちのブルゾンやジャケットを、新鮮に着こなしたいようでしたら、買い足しすべきはモックネック型のニットです。
 
そもそもこの少々聞き覚えのないモックネックとは、クルーネックとタートルネックの中間のネックの高さを備える首の形のこと。要するに昔大流行したハイネックの現代版の名称というワケ。
 
モックネックは首が覆われる部分がタートルネックより少ないぶん秋口から着られて、クルーネックより首元のニュアンスが出しやすいので、スカーフを巻くなどしてニュアンスを加味する必要がありません。今買って即着ることができるうえ、簡単にお洒落に見せられる魔法のニットということで、この秋話題のニットなのです。

この秋、一枚買うならこんなモックタイプを

12ゲージで編み上げたグランサッソのモックネックは現在大ヒット中。すでに品切れしている店舗もございますが、10月下旬に再入荷の予定あり。このチャンスをお見逃しなく! モックネックニット2万2000円/グランサッソ(ビームス ハウス 丸の内)

ココがよくデキ

モックネックはどんなブルゾンにも合う

白Tの上から羽織るだけでリッチに見えるアウターって?

白のカットソーにホワイトパンツという着こなしに、フェイクムートンとニットのコンビブルゾンが、軽やかなムードを加味しています。上品なカラーリングによって、ラグジュアリーなムードも満点です。フェイクムートンブルゾン6万3000円(10月上旬発売予定)/グランサッソ(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ3万8000円/ザネッラ(エスディーアイ)、そのほかはスタイリスト私物
こちらはニットとフェイクムートンがコンビネーションになったブルゾンです。質感の異なる素材同士を組み合わせているという点もトレンドを感じさせるポイントですが、このブルゾンの特徴は何と言ってもフェイクムートンを使用している点。
 
現在、欧米諸国を中心にフェイクレザーを使うことがエコでラグジュアリーという概念が広がりつつありますが、こちらはまさにそんな考えのもとデザインされたもの。しかもリアルムートンよりも軽量なため、実用としても軽く羽織ることができるため、まさしく軽快なニットとの相性は抜群なのです。
 
ひと口にニットと言っても、編み地やネックの形、そしてテイスト等に変化をつけることで、多様なデザインに落とし込むのが昨今のトレンドとされています。で、その旗手として注目を浴びるのがグランサッソ。ニットを変えるだけで、秋冬の着こなしが悩まずに解決してしますというワケなのです。

実は本物のレザーではないので軽いのです

本物さながらのラグジュアリーな質感と、フェイクムートンの特性である軽量性を実現させたニットコンビのブルゾン。ブラウン×ネイビーというイタリアらしい配色もオトナっぽく魅力です。フェイクムートブルゾン6万3000円/グランサッソ(エスディーアイ)

ココがよくデキ

株式会社エスディーアイ

お問い合わせ/☎03-6721-1070
URL/www.sdijp.jp
■お問い合わせ
イザイア ナポリ 東京ミッドタウン 03-6447-0624
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事