• TOP
  • FASHION
  • 大人の最強ボトムスはリプレイのコレ! LEONの3人がリアルコーデに挑戦

2021.04.16

SPONSORED

リプレイ

大人の最強ボトムスはリプレイのコレ! LEONの3人がリアルコーデに挑戦

欧州デニム№1のリプレイが、今シーズン高機能かつファッショナブルなボトムスをリリースし注目を集めています。そこで、センスに定評あるLEON三傑が、リアリティ溢れるコーディネイトを披露。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/小林孝至 スタイリング/吉野誠 ヘアメイク/伊藤歌苗 文/長谷川剛(テーブルロック)

リプレイの最新ボトムスをLEON編集&スタイリストがコーディネイト

イタリア発の実力派が今季打ち出した新作ボトムスは、その完成度からLEON.JP編集部で早くも話題もちきり状態。そこで編集長 石井、副編集長 高橋、スタイリスト吉野の3名が、新作ボトムスをベースに「自分が着るとしたら?」をお題にリアルコーディネイトに挑戦。業界でも定評ある高感度スタイルを貫く達人たちの提案は、どれも即戦力クラスかつ参考になること確実!?

KEY ITEM 01 「ハイパーフレックス チノ」

ナチュラルなのに先進機能満載の完璧チノ

デニム3万800円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)

注目のポイント
◆ グィーンと伸びる驚異のストレッチ性
◆ 腰回りちょいユルな今旬フィット
◆ 膝ヌケなし!の形状保持機能

超快適な履き心地で大人気のハイパーフレックス チノ。これまでスリムフィットがメインのラインナップに、適度にゆとりある大人の“レギュラー フィット”が新登場。言うまでもなく最大のポイントは、緯糸にライクラを使用し驚異の伸縮性と形状保持機能を持たせた“ハイパーフレックス”素材。綿ならではのナチュラル感と豊かなストレッチ性が同時に味わえる、次世代チノパンが、さらに大人で旬なシルエットに進化した話題の一本です。
PAGE 2

ハイパーフレックス チノを3人が着るとしたら

編集長 石井洋の場合

ブルゾン2万6400円、Tシャツ8800円、デニム3万800円、靴2万9700円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)、ネックレス2万2000円/フィリップ オーディベール、バングル69万3000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)
石井 チノパンって万能だからこそ、こだわる必要があるよね。なかでも真っ白はカジュアルにしてクリーンなカラー。トップスも白色と双璧をなす清潔感あるブルーのアウターを合わせることで、最強に爽やかなスタイルが完成すると思う。

吉野 石井さんって、必ず胸のボタン開けたり腕捲りをしますよね(笑)

石井 そうソレ大事(笑)。フツーに着たんじゃ面白くないから。各所をオープンすることで、こなれ感や大人の色気が演出できるのよ。そこにネックレスとか本格時計をさりげなくカマすことで、カジュアルスタイルでも大人の品格がアピールできるというワケ。

高橋 なるほど、さすがはMr.LEON。計算ができている(笑)。ところでこの格好でどこへ行きます?

石井 そうね、最近は軽井沢なんかによく出掛けるんだけど、そういったときにこんな装いでリゾート気分を満喫したいかな。

吉野 そう言えば、このシャツブルゾンってリサイクル素材を使っているんですよね?

石井 さすが敏腕スタイリスト(笑)。これ、服の製造工程で出てしまう端材を使った再生ポリエステルによる一着。サステナブルなアイテムが昨今は特に気になるんだよね〜。
PAGE 3

副編集長 高橋大の場合

ブルゾン11万円、ニット2万8600円、パンツ3万800円、靴1万8700円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
高橋 自分だったらハイパーフレックスの最大の美点を生かす意味でも、ドライブシーンで履いてみたいなぁ。

石井 確かにこのグーンと伸びる素材は、窮屈な姿勢になりがちな運転時に良く効きそう。

吉野 形状保持機能があるから、長時間着用後もシャッキリ見え優れものですもんね。

高橋 で、着こなしは春先ってポップなカラーを多用する装いが多いけど、今季は渋めにいきたい気分。カラー要素はベージュくらいに抑えて、基本モノトーンで攻めたいところ。シングルライダーズとかを合わせて、ワイルド&上品なコーディネイトとか。

吉野 いいですね、これはどんな人でも失敗しないコーディネイト。ちょっとダメージ入りのニットで絶妙な抜け感出してる感じも今っぽいし、白のチノがすごく引き立つ合わせだと思います。

高橋 あざす(笑)隠し味として、実はこのセーターもリサイクル素材なんだよね。ちょい不良(ワル)風にしながら、しっかり環境ファースト(笑)。意識高めなのにマジメすぎないのがオレ流です。

石井 リプレイは、そういったサステナブルな取り組みをしっかり続けているブランド。そういうとこって大人が服を選ぶときの大事なポイントだよね〜。
PAGE 4

スタイリスト 吉野誠の場合

ブルゾン13万2000円、ニット1万9800円、デニム3万800円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)、靴13万9700円/エドワード グリーン(トレーディングポスト青山本店)、サングラス3万5200円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、時計220万円/ゼニス
吉野 レザーアウターと清潔なパンツの組みあわせ、という意味では大さんと似ているけど、僕はもう少し大人のしっとり感を重視。優しさのあるブラウンを多用して組んでみました。

高橋 確かに大人の余裕と色気を感じるかも。やっぱ足下にドレスシューズがくると、ぐっとキチンと感が出るなぁ。これはモテコーデって感じする。

吉野 一応、気軽なデート対応のコーディネイトとして考えました。かしこまったリストランテとかじゃなく、開放的なオープンテラスとか、カフェでのランチデート的なイメージです。

石井 うん、すごくイイ! ゴールドの本格時計でクラス感をさりげなく演出してるところもLEONらしい。それにデートのときはリラックスすることが何より肝心だから、窮屈知らずのハイパーフレックス チノなら、緊張せずにデートタイムが楽しめそう(笑)
PAGE 5

KEY ITEM 02 「エッセンシャル ガーメントダイ スウェットパンツ」

クールなディテールを備えた大人専用スウェパン

パンツ2万6400円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)

注目のポイント
◆ 裾がリブでないからスポーティすぎない
◆ シックな色合いとサラッとした素材感
◆ 絶妙スマートなテーパードシルエット

リラックスした都会のラウンジウエアをイメージしたリプレイの「エッセンシャル」。その新コレクションの中でもダントツ注目なのがこのスウェットパンツ。サラッとした薄手の生地は、暑い季節でも快適至極のタッチ。ガーメントダイによるシックな色合いと、センタークリース風ステッチ、裾リブを無くしたデザインなど、スラックスのような雰囲気に仕立てたまさに大人のための一本。
PAGE 6

エッセンシャル スウェットパンツを3人が着るとしたら

編集長 石井洋の場合

ニット2万2000円、シャツ2万2000円、パンツ2万6400円、靴1万4300円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)、サングラス4万2900円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、時計151万8000円/ゼニス
石井 この時期、最も使用頻度の高いボトムスといえばスウェットパンツだよね。このリプレイ エッセンシャルの一本はかなり完成度高いよね。

高橋 なかでも編集長的な目の付けどころというと?

石井 やっぱり絶妙なテーパードシルエットかな。美脚先進国イタリアらしいスマート感が実に秀逸。それにリブ裾じゃないところも見逃せない。

吉野 そうですね。リブ裾だと、どうしてもスポーツ感が強く出ちゃう。

高橋 そんな新作スウェットパンツにセーターとシャツを組みあわせた着こなしだけど、これはどんなシーンを想定してます?

石井 自宅回り全般をフォローしたスタイルかな。近所の買い物やカフェへの外出時もOKだし、リモートワークなんかも、こういった着こなしが最適じゃないかと。

吉野 なるほど。そしてこちらも清潔感あるメンズの鉄板配色、白×青のカラーコディネイトなとこも一貫してますね(笑)。

高橋 シャツのボタン開けや腕捲りという石井イズムも加わって(笑)、快活でありつつ素肌感というかヌケ感も添えてるとこもさすがです。
PAGE 7

副編集長 高橋大の場合

Tシャツ1万1000円、ニット2万4200円、パンツ2万6400円、靴 2万5300円、バッグ2万8600円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)、サングラス5万3900円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、バングル19万8000円/コディー・サンダーソン(S.O.S fp 恵比寿本店)、時計80万3000円/ゼニス
高橋 自分のコーディネイトも、基本的に着用シーンは編集長とほぼ一緒。ワンマイル的デイリーな装いです。ぶっちゃけリアルにこんな格好で、僕は日々生活してます(笑)。ただ、非常にシンプルな装いだからこそ、センタークリース風のステッチやリブなしの裾、それにガーメントダイの味わいなど、この新作パンツならではの長所が効かせられるかな、と。

石井 そうね、ただのスウェットパンツだったら本当にフツーだもんね。

吉野 それに、しっかり本格時計やシルバーバングルなど、リッチに見せる大人なアイテムを添えてますよね。だからフツーそうに見えて、実は計算されていますよね(笑)

高橋 あ、バレた?(笑)。一応計算はしてるんです。でも「ヤッてまっせ!」みたいな感じは出したくない。そういう意味で、まさに、このエッセンシャル スウェットパンツのような着こなしとも言えるかも。

吉野 あと、シンプルだけどキチンと男っぽい雰囲気も出てますね。

石井 それは多分、リプレイが蓄積してきたセンスのたまもの。滲み出る凛々しさは世界から認められているし、オールブラックスの公式パートナーにも選ばれてるわけだしね。

高橋 さすが社長とツーカーの事情ツウ(笑)。それにリプレイは名門アストンマーティンF1チームのオフィシャル・デニム・パートナーでもあるからね。
PAGE 8

スタイリスト 吉野誠の場合

シャツブルゾン2万2000円、シャツ2万2000円、Tシャツ8800円、パンツ2万6400円、靴2万9700円、キャップ7700円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
吉野 これからの暖かくなる季節、気取らずカジュアルに個性をアピールするのは至難のワザ。そこでオススメしたいのが、シャツのレイヤードスタイルです。色彩感あるチェックシャツを内側に挟むと、気軽なのに奥行きあるスタイルが手軽に作り出せるんですよね。

石井 こういった装いも、エッセンシャル スウェットパンツだからこそ、大人に成立している感じがするね〜。

吉野 スポーティすぎない素材感もそうですけど、スマートなテーパードシルエットだから適度にシャープさも出せてるかなと。

高橋 確かに太めのスポーツスウェットだと、どうしてもストリート感が強くなっちゃう。

吉野 夜のスタバなんかにフラり出掛けるとき、こんなコーデだとハマるんじゃないかと。

石井 “大人グランジ”な感じか…。オレも真似てみたくなってきた(笑)

リプレイがアストンマーティンF1チームの公式デニムに

今季、名門アストンマーティンが60年ぶりにF1シーンに復帰しました。さらにそれに合わせ、ヨーロピアンデニムのNo.1ブランドであるリプレイが、アストンマーティンF1チームの公式デニムサプライヤーに選抜。「リプレイはファッション世界とF1という特別なシーンを結びつける最適なソリューションです。なぜならリプレイはアストンマーティンと同様に、現代的な視点を持ちつつ創造性・品質・伝統を中心に据えたブランドだから」と、同F1チームのエグゼクティブからも熱いお墨付き。話題になること必至のコラボがついに始動します!

■ お問い合わせ

ファッションボックスジャパン 03-6452-6382

Instagram
https://www.instagram.com/replayjapan/
Facebook
https://www.facebook.com/ReplayJapan/
公式サイト
https://www.replay-j.jp

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
ゼニス 03-3575-5861
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        大人の最強ボトムスはリプレイのコレ! LEONの3人がリアルコーデに挑戦 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト