• TOP
  • FASHION
  • モテの新常識“あざとナチュラル”はこの1枚で作れる!?

2021.04.08

モテの新常識“あざとナチュラル”はこの1枚で作れる!?

定番アイテムをナチュラル、かつお洒落に見せるのが大人の余裕。そこでおすすめしたいのが、バンドカラーのシャツなんです。さり気ない変化がありつつ、幅広いアイテムとすんなりなじむのだから、見過ごせませんよ。こんな便利な一品を、あざとく取り入れなきゃソンです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/四方章敬 文/T.Kawata

定番の着こなしをどう演出する?

定番アイテムの着こなしを、いかにもナチュラルに、でもお洒落に見せるって意外と難しいんですよね。でも、ほどよくテキトーに、力を抜いた感じが演出できれば、それこそ大人の洒落っ気や余裕を存分に醸し出すことができます。

そこで取り入れたいのがシャツ。とりわけ、注目したいのは襟ですよ、襟。実はバンドカラーが、こなれた印象にモッテコイなんです。

さり気ないのに変化があって、取り入れるとお洒落をわかっているムードが漂うのはお分かりいただけますよね。

今回は、ジャケット、カーディガン、ラウンドネックのセーターと、誰もが持っている3アイテムに組み合わせて、バンドカラーシャツが一枚あれば、いかに重宝するかをご紹介。

さあさあ、効能がお分かりいただけたら、さっそくナチュラルを装いつつ、あざとく取り入れてみてくださいませ。

◆ バンドカラーシャツ活用法 その1

ジャケットと合わせれば、リモート会議にもOK

▲ ジャケット6万9300円、パンツ3万1900円/ともにザ・ジジ(アマン)、シャツ3万1900円/バグッタ(トレメッツォ)、靴5万3900円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)
レギュラーシャツのノータイだと、少々手抜きのビジネススタイルに見えてしまうところが、バンドカラーだと洒落っ気があるビジカジに見えちゃうから不思議です。

ジャケットと合わせる際、シャツの裾はアウトしちゃって構いません。裾から、シャツが多少のぞくくらいは許容範囲なので、お気になさらず。
こちらのシャツは、プルオーバータイプゆえ、バンドカラーシャツの中でも、よりナチュラル気分を高める効果あり。襟がやや高めだったり、襟を突き合せた時、少し隙間があったりと、リラックス気分が演出できる個性的なデザインも魅力なんです。

◆着用したのは、「バグッタ」のバンドカラーシャツ

ほどよいゆとりが魅力のプルオーバー仕立て

▲ シャツ3万1900円/バグッタ(トレメッツォ)
今回、ご紹介するバンドカラータイプシャツのなかの1枚を例に、その魅力を説明しましょう。バンドカラーは、襟羽(折り返し)がない分、レギュラーカラーシャツよりもカジュアル感を味わえるのが特徴。つまり、これをサラっと着こなすことで抜け感、こなれ感が自然に醸し出されるってわけです。

コーディネートの際、裾はアウトが基本ってのも覚えておいてくださいまし。ただし、裾のはみだしが長くなる短丈のブルゾンなんかは避けるのが賢明。今回の3枚のうち、上は唯一プルオーバータイプになっておりまして、身頃にゆとりがあるのが特徴。そのため、ナチュラル気分の演出にはモッテコイですよ。
PAGE 2

◆ バンドカラー活用法 その2

カーディガンと合わせ、ユルいのにお行儀よく見える装いに

▲ カーディガン4万1800円/キャバン(キャバン 代官山店)、シャツ3万6300円/ブリエンヌ パリ(エストネーション)、パンツ3万1900円/ベルウィッチ(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、サングラス4万8400円/アーレム(グローブスペックス エージェント)、時計176万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴21万7800円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
カーディガンにバンドカラーを合わせるのも一興。脱力感のある着慣れた雰囲気ですが、少し短めに裾上げしたスラックスと合わせることで、上品さや軽やかさのある、より垢抜けた印象に。シャツをプレスするのもありですが、カジュアルに着るなら洗いざらした感じや、スチームを軽く当てたくらいのナチュラルさが気分です。
首元と裾のボタンをはずしたり、袖を軽くまくったり、小技も駆使すれば、装いはより、こなれた印象に。こちらのシャツは、フォーマルシャツのようにブザム(胸当て)が付いていて、ナチュラルさのなかにも品の良さを添えられるのがうれしい。カジュアルと言えど、より上質に! って方にはよろしいのでは?
PAGE 3

◆ バンドカラーシャツ活用法 その3

セーターの襟元からチラ見せが効果的です

▲ ニット4万150円/ザノーネ(スローウエア ヴェネツィア 東京丸の内店)、シャツ2万4200円/チット ペル トゥモローランド(トゥモローランド)、パンツ3万800円/ベルウィッチ(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、時計176万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴9万7900円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
最近、ラウンドカラーのセーターやトレーナーの首元から、白いTシャツをチラ見せするスタイリングが多いですよね。実は同様のテクが、バンドカラーシャツにも有効なんです。

セーターの首元から、特徴的なシャツの台襟をのぞかせることで、手の込んだ雰囲気が感じられるって算段。ついでにセーターの腰元からシャツの裾が「コンニチワ~」って遊びも、バランスがよいのでお忘れなく。
こちらのコーデでも、やはりポイントはナチュラル感。となれば、ひとつ前のコーディネートと同じく、軽くカフスをのぞかせての袖まくりはハズせません。使用しているシャツは、やや台襟が高めなので、セーターの首元からのぞかせるにはベストチョイスといえましょう。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
ウィリー 03-5458-7200
エストネーション 0120-503-971
キャバン 代官山店 03-5489-5101
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
スローウエア ヴェネツィア 東京丸の内店 03-6259-1691
トゥモローランド 0120-983-522
トレメッツォ 03-5464-1158
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ポール・スチュアート 青山本店 03-6384-5763
ナノ・ユニバース カスタマーサービス 0120-705-088
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        モテの新常識“あざとナチュラル”はこの1枚で作れる!? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト