2017.08.09

夏の大人は"ハイテク"で涼しい

CATEGORIES :
写真/林 敏一郎(FOREST)
スタイリング/稲田一生
文/吉田 巌(十万馬力)
暑さをモノともせずTPOにふさわしい装いができてこそ、デキるオトコというもの。
 
もちろん、“お洒落は我慢”という精神論を言いたいわけではありません。だって近頃はシックな見た目とは裏腹に、ハイテク素材で高い涼感性能を叶えた服が続々登場しているわけですから。
 
知は力なり。こういうアイテムを積極的に取り入れることが、過酷な夏を涼しい顔して乗り切るコツなのですよ。

今どきのハイテク素材はお洒落に効くのです

技術の進化は著しく、最近は天然繊維と見紛うリッチな風合いものが多数開発されています。
 
それどころか、ナチュラルなウールやコットンを用いつつ、特殊な加工で涼しい着心地を実現しているものまで出ています。
 
もっともスポーティな生地感であっても、最近はスタイリッシュなデザインのものが続々登場。こういうアイテムを手持ちの服とミックスして最旬のスタイルを気取るのもオツです。

高機能スーツで夏場のビジネスを快適に

例えばマッキントッシュ フィロソフィーの「トロッター」シリーズ。こちらでご紹介するのはその代表モデル「ナンバーゼロ」です。生地には吸水速乾性、ストレッチ性、防シワ性にすこぶる優れるポリエステルを使用。
 
夏場は汗でスーツが身体に貼り付き、すぐヨレヨレになってしまいますが、このセットアップなら常にシャキッと端正な見た目をキープできるというわけです。しかもウォッシャブル性能まで備えており、汚れが気になったら自宅で洗濯も可能。
 
それにしても唸るのが生地の風合い。程よくメランジ感あるバーズアイ柄の生地は、どこから見ても天然のウールそのもの。粗めのホップサック調に織り上げたことでタッチもすこぶる爽快なのです。
 
じつはこの「ナンバーゼロ」、2013年のデビュー以来アップデートを繰り返しながら3万5000着以上も販売してきたという怪物級のメガヒットモデル。このブランドらしいモダンな英国調デザインもクールなオトナにぴったりですし、是非一度店頭でチェックしてみてください。
じつはこのコーデで使用したシャツも高機能涼感素材の名作、クールマックス®ファブリックを採用。高機能スーツ+高機能シャツという最強の合わせが、夏場のビジネスを快適にしてくれるのです。ジャケット3万5000円、パンツ1万6000円、シャツ1万3000円/すべてマッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI)、タイ2万6000円/アット バンヌッチ(レガーレ)、チーフ2万円/キートン(ストラスブルゴ)、ベルト1万3000円/ベルト マニア(ビームス ハウス 丸の内)、靴17万8000円/エドワード グリーン(エドワード グリーン銀座店)

袖裏も高機能メッシュでヒンヤリ!

ジャケットの袖裏には接触冷感素材でできたメッシュの裏地を配しています。ゆえに半袖シャツやポロシャツで着用したときも、肌ざわりがじつに心地よい。こういう細かいところまで行き届いた配慮がバカ売れの要因なのです。

極上の天然ウールで“ハイテク”ならコチラ

今やすっかり市民権を得たジャージージャケット。こんなジャケットで“涼”を追求するなら、ジー
ゼニアのモデルが最高でしょう。見るからに柔らかでノンストレスな着心地が伝わってくる一着ですが、加えて蒸し暑い季節に汗をかいても常にサラッとした肌ざわりをキープしてくれます。
 
使用している生地は世界最高峰の生地ブランドであるゼニアが、満を持して開発したハイテク素材「テックメリノ」。特殊加工された糸を用いることで、極上ウール100%の風合いを一切損なうことなく、吸水速乾性能や体温調節性能などの高機能を付加しているのです。
 
ちなみにジャケットに合わせたカットソーやパンツ、さらにスニーカーのアッパー素材にもこのテックメリノを採用。ゼニアならではの上質感はそのままに、夏場を涼しく快適に過ごして下さいませ。
ほどよくスポーティでありながら、贅沢な素材の風合いと美しいシルエットによりしっかりオトナの風格が醸し出せるジャケパンスタイル。これがすべてハイテク素材なんて信じられます? ジャケット19万円、カットソー4万2000円、パンツ8万3000円、靴5万9000円/すべてジー ゼニア、サングラス4万1000円/エルメネジルド ゼニア(すべてゼニア カスタマーサービス)

生地の名門が放つハイパフォーマンスファブリック

テックメリノは2015年春夏コレクションでデビュー。ゼニアならではの極上ウールの味わいを損なわずに高い吸水発汗性などの高い機能性を叶えていることで、すでにリピーター続出なんだとか。テーラードからスポーツウェアまで幅広いアイテムで採用されているのも魅力です。

ポロスタイルも“ハイテク”でクールに

昔ながらの鹿の子のポロシャツもいいものですが、より涼やかな着心地を得たいのならロンドン発の人気サイクルウェアブランド、ラファのポロシャツを選んでみてはいかがでしょう。
 
見るからにスベスベした肌触りが伝わる薄手のストレッチ生地は、日本製のコットン&ポリエステルの混紡素材。羽織った瞬間にヒンヤリと体温が下がるような着心地を堪能できますが、抜群の吸湿性と速乾性を備えるため、長時間着用していてもずっとそのままの心地よさを保ってくれます。
 
しかもこちら、非常に洗練された見た目。基本のデザインはシンプルですが、シルエットがスッキリしているのに加え、襟をシャキッと見せる台襟を備えていたり、比翼仕立てのフロントで前ボタンを隠していたりと凝ったディテールを備え、テクを労さずとも羽織るだけでこなれたスタイルが完成するんです。
薄いピンクという色合いも洒脱なオトナにぴったり。ベージュのチノパンと合わせて優しいトーンとするとよりエレガントな風情です。ポロシャツ1万500円(セール価格)/ラファ(ラファ ジャパン カスタマーサービス)、カットソー1万3000円/デレクローズ(ヴァルカナイズ・ロンドン)、パンツ2万4000円/ザ チノ リヴァイブド(プリマクレール・アタッシュプレス)、サングラス3万円/ブラン(ブリンク外苑前)、ベルト2万円/アラルディ1930(ストラスブルゴ)、靴5万5000円/オリエンタル(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)

世界のメゾンも注目の国産ハイテク生地

優れた吸湿性と速乾性を発揮する生地は、日本製のコットン&ポリエステルの混紡素材。見るからにラグジュアリーな風合いで、羽織った瞬間からヒンヤリとクールなタッチが楽しめます。じつはこういう高級化繊は日本の生地メーカーの独壇場。海外の有名メゾンにも多く採用されているのです。

デキるオトコはいつでもクール

連日の猛暑ですが、暑くなればなるほどキンキンに効かせがちなのがオフイスなどの空調。冷えた室内は一瞬は気持ちいいのですが、急激な寒暖の差は体のダルさを生む原因にも。そんな時にピッタリなのが、どんな時でも常に気持ちよくいられるこのパンツ。

一見、きれいにテーパーした美脚パンツですが、コチラは温度調整機能をもつ特殊なレーヨンが混紡され、外気が暑い時は冷却し、外気が寒い時はパンツ内を保温してくれるという魔法のようなパンツなのです。

ちなみにパンツ内が32℃になると冷却開始。25℃になると保温スタートしてくれるというもの。夏のひんやりだけではなく、冬も快適に過ごせるのです。パンツ21,000円(ジョゼフ オム)オンワードお客様相談室
■お問い合わせ
ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255
エドワード グリーン銀座店 03-3573-6055
オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811
SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460
ストラスブルゴ 0120-383-563
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
プリマクレール・アタッシュプレス 03-3770-1733
ブリンク外苑前 03-5775-7525
ラファ ジャパン カスタマーサービス 03−6434−9447
レガーレ 03−6905−8344
ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店 03-3423-2021

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事