• TOP
  • FASHION
  • 誰でも洒落て見える夏の基本スタイルはこの2つ

2017.07.30

誰でも洒落て見える夏の基本スタイルはこの2つ

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log)、鈴木克典、小澤 達也(STUDIO Mug)、蜂谷哲実(hachiya studio) 文/長谷川 剛(04)
協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04)、池田保行(04) イタリアスナップ/Massi Ninni、前田直子

夏の装いに大事なのは“爽やかさ”と“清潔感”。さらに成熟した大人のオトコであるなら、“シックな落ち着き感”も同時に演出したいもの。

ネイビーこそはそれらの要素を網羅したパーフェクトなカラーです。ゆえにネイビーを軸としたコーディネイトであるなら、まず間違いなく好感度の高いルックスに仕上がるというワケ。

なかでも参考にしたい「紺×白」、それに「オール紺」の着こなしを、街の達人スナップから学んでいきましょう。

夏の王道スタイルは“紺×白”

大人の男性がまずマスターすべき着こなしは必修カラーである紺色。さらに、そのポテンシャルを品良く引き出してくれる最良のカラーが白です。

紺に白を取り入れた装いは、すでにマリンルックとして昔からウェルドレッサー達が実践してきた、爽やかにしてちょっと上品な王道スタイル。

とりわけ失敗しない取り入れ方が「紺1:白1」の分量を順守したハーフ&ハーフのバランス。もちろん色使い以外にも、サイズ感や小物あしらいなどで個性をアピールすることも、お洒落の完成度を高めるためには欠かせません。

オトナの余裕がムンムンと漂う紺×白スタイル

今村 満さんはハーフ&ハーフスタイルをバグツンのスタイルで着こなしていらっしゃる方。Tシャツのサイジングから白パンの丈までジャストフィットでぜひ参考にしたいところ。ここまで軽快な着こなしなら足元もスニーカーで、と考えるのは惜しいところ。大人の重厚感をきっちりローファーで演出するあたりが手だれです。髪型から小物の使い方まで、オトナの余裕が漂います。
PAGE 2

涼感ある紺×白を実践するオトナたち

全身”オール紺”というのも夏のこなしの手

爽やかでありそして品良くシック。そんな紺色は、全身同系色に統一してもスタイリッシュに仕上がるのがイイところ。黒などのダークカラーとは異なり若干の赤味を持つ紺の装いは、寛ぎを感じさせるがゆえに、多用しても決してヘビーな印象にはならないのです。

そんな紺色スタイルをワンランクアップさせるコツは、どこかにヌケ感を設けること。パーフェクトなカラーとはいえ、頭の先からつま先まで完全に同じトーンにしてしまうと、窮屈な印象になる場合があるからです。

ボタンの開け方やベルトの種類にシューズのチョイスなど。ヌケの要素をさり気なく取り入れた、みなさんの着こなしのテクニックを見ていきましょう。

濃淡のグラデーションが楽しめるのが紺ならでは

松久敬亮さん(21歳)は涼しげでありながら、どこかカッチリ感もあるお手本的な装い。大人の存在感を匂わせるレトロなポロシャツにチノパンの合わせ。ちょっとヌケ感のある2プリーツ仕様が今風の洒落感を匂わせます。ベルトや時計やバッグなどの革類をブラックに揃えているため、平板にならず要所要所が締まって見えるのも見逃せないポイント。
PAGE 3

全身ネイビーを巧みにこなすオトコたち

イタリアオトコに学ぶ、ネイビーの着こなし方

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL