• TOP
  • FASHION
  • 今夏も街のお洒落なオトコは足元の仕上げが白スニーカー

2017.07.29

今夏も街のお洒落なオトコは足元の仕上げが白スニーカー

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木克典、鈴木泰之(Studio Log)、小澤 達也(STUDIO Mug)、手塚 優(BOIL) 文/池田保行(04) 協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04) イタリアスナップ/Massi Ninni

強い日差しに映え、灼けた肌に合うなど、夏の着こなしに欠かせない色といえば、「白」。上手に使うことで夏のコーデはぐっとお洒落度が上がります。なかでもオススメは白いスニーカー(以下白スニ)を履くこと。足元を白スニにするだけで、誰でも簡単にヌケ感を足せますし、リッチなオトナの余裕が漂います。

夏のヌケ感はコレ一足でOKです

夏の着こなしで誰もが簡単に真似できて洒落て見せるなら、足元に白スニ合わせることです。白はどんな色とも合いますので、チノパンやデニム、グレスラなど、色を選びません。
 
とりわけ、「夏の黒の着こなしは白がポイントです」でもお話しさせていただきましたが、人気の黒を基調としたモノトーンの着こなしにも、チラリと白を魅せることで、着こなしにメリハリが出て都会的な黒スタイルが完成します。
 
さらに、白という色は贅沢でリッチな感じがアピールできます。なにせ白スニは汚れやすいですから、真っ白をキープして履くのは難しいもの。
 
そこを真っ白で履くのは、新品をアップデートしているオトナの余裕か、あるいはこまめに洗濯しているマメさからか。(白スニの洗濯の仕方なら「白スニーカーを真っ白に洗うコツは「お酢」だった!?」まで)キャンバス素材なら、真っ白く洗うコツもありますのでぜひご活用ください。
 
また、黒いスニーカーでもソールだけ白だったり、ロゴだけ白という、差し色効果で着こなしのヌケ感を狙うというのもオトナのテクとして有効ですよ。

オトナの白スニはリッチでクリーン

表参道でキャッチしたGOさん(33歳)の本業はモデルさん。バンドカラーのシャツと半パンは古着だそう。シンプルなカラーリングが粋ですが、足元の白スニがいい塩梅のヌケ感を漂わせます。思い切って半袖丈まで捲ったシャツの袖がじつに計算されています。

NEXT PAGE2/ 2

街のみなさんも白スニでお洒落に映えます

街のみなさんも白スニでお洒落に映えます

イタリアオトコに学ぶ白スニのこなし方

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事