• TOP
  • FASHION
  • バーニーズ ニューヨーク、スタッフの夏の着こなし拝見しました

2017.07.28

バーニーズ ニューヨーク、スタッフの夏の着こなし拝見しました

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 取材・文/持田慎司

セレクトショップのスタッフにご登場いただく、大好評のスナップ連載も五回目。(第一回目二回目三回目四回目)今回は世界有数のスペシャリティ ストアとして名を轟かせるバーニーズ ニューヨーク。昨年の9月にオープンした六本木店にて、お洒落なジャケパンスタイルのふたりをスナップしてきました。
バーニーズ ニューヨーク六本木店 セールスアソシエイト 中村 剛さん(32)
ジャケット/ドリス ヴァン ノッテン、ニットポロ/スヴェーヴォ、デニム/リーバイス、サンダル/フラテッリ ジャコメッティ、メガネ/エフェクター、バングル(左手)、リング/すべてマルコムベッツ、バングル(右手)/スカイブルーホーク

大胆な色使いに隠されたサイジングの妙

淡い色味のコーディネートの中で一際目を引く赤のニットポロ。そんな色を上手に取り入れているのが、バーニーズ ニューヨーク 六本木店の中村さん。
 
大人っぽい夏の着こなしのコツを尋ねてみたところ

「ジャケットを羽織るのはもちろんですが、インナーをTシャツにせず、ニット素材のものにすると大人っぽく仕上がりますよ」

というお答え。
確かに自身の発色美しいインナーにはニットポロをチョイスしています。このラグジュアリーなムードが、爽やかな淡色コーディネートをさらにリッチに仕上げているわけなのですね。
 
そして、絶妙なジャケットとパンツのバランスについて聞いてみると

「最近は細身のパンツから太めのパンツへとトレンドが移行しつつあります。そのぶんトップスをタイトにめするとバランス良くまとまりますよ」

ということだそう。大胆に色を使いながら細部のサイズ感にこだわることで大人っぽさをキープすることが大人が実践するべき夏のジャケパンコーデ、と言えるでしょうね。
PAGE 2
バーニーズ ニューヨーク六本木店 セールスアソシエイト 鴨田 優誠さん(37)
ジャケット/エルネスト、ニット/スリードッツ、パンツ/PT01、シューズ/バーニーズ ニューヨーク、メガネ/アイヴァン 7285、ネックレス/アンデクスタージョーンズ デザイン、チーフ/ステファノ ビジ、バッグ/ザネラート、時計/バーニーズ ニューヨーク、リング/クレンドン・ピート

大人の夏はリラックス感もありつつきちっと着こなすのが正解

ダブルのジャケットなのに、軽やかな印象がお洒落な鴨田さん。
 
インナー、パンツ、シューズはベージュトーンでまとめつつ、全体を引き締めるべくジャケットの色味はネイビーを選択。曰く

「夏の着こなしにはリラックスした感じを出したいのでインナーはシャツではないものをチョイスするようにしています。でも、カットソーだと脱力しすぎてしまう感じがするのでニットを選んだほうがいいと思いますね」

とのこと。なるほど、そこに羽織り感覚でダブルのジャケットをボタンを留めずに纏うことで、大人としての節度をキープしているわけですね。
 
素材に関しても鴨田さんは一過言あり。

「色柄よりも生地感で変化をつけていくのがいいでしょう」

素材感の異なるアイテムを組み合わせることで、全体がメリハリのある印象に仕上がるのだそう。
 
大人の夏の着こなしには、清涼感やリラックス感はもちろんのこと、ある程度のきっちりとした印象も求められるもの。それを巧みに表現したまさに好例のような着こなしです。

■ バーニーズ ニューヨーク六本木店

住所/東京都港区六本木7-7-7
営業時間/11:00~20:00(月~木・日)、11:00~20:30(金・土)
お問合せ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター ☎0120-137-007(受付時間 11:00~20:00 / 1月1日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL