2021.03.04

ジローラモのお洒落の㊙テク、教えます!

LEON本誌の顔、パンツェッタ・ジローラモは、お洒落なイタリアオヤジの大代表。本人推奨の楽チンコーデとは、シンプルな装いに一点、誰もが知るメゾンブランドのアイテムを加えるというもの。私服を使ってテクニックを教えてくれました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・前田 晃(maettico)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE) 文/竹石安宏(シティライツ) 撮影協力/ヴェンキ 銀座店

我らがパンツェッタ・ジローラモは、イタリアオヤジの大代表にしてお洒落の達人。彼が推奨するのが、シンプルな装いに誰もが知るメゾンブランドのアイコニックなアイテムを一点加えるというテクニックです。女性の目線を引き寄せ、簡単に洒落感がアップ。何よりお洒落を楽しんでいるように映るゆえ、ぜひともお試しあれ!

◆ エトロ

巻き物巧者はアイコニックなインパクト勝負

▲ ショール3万9000円/エトロ(エトロ ジャパン)、そのほかはジローラモ私物
イタリアオヤジが日本に普及させたと言っても過言ではないのが巻き物。ベーシックなコーデも巻くだけで俄然お洒落に見える、まさに今回のテクの方法論そのものの便利なアイテムです。
▲ ショール3万9000円/エトロ(エトロ ジャパン)
で、ジローラモ曰く「色さえ合っていれば、どんな装いにも巻けちゃうのが巻き物のいいところ。帰りにちょいプレにしてもいいしね。これぐらいインパクトがあるほうが目を引くし効果的だよ」。

チョイスしたのは、米国先住民ナバホ族の伝統柄にインスパイアされた、鮮やかなマルチストライプの一本です。
PAGE 2

◆ グッチ

イタオヤ流遊びスーツのこなし術

▲ バッグ[W23×H19×D10cm]17万3000円/グッチ(グッチ ジャパン)、そのほかはジローラモ私物
「グッチのGGスプリーム キャンバスは誰でも知っているから便利なんだよね。遊んだスーツの時に、シンプルなバッグではなく、これを合わせれば女性からも突っ込まれて会話のネタになるし、独りよがりにならないんです」と、ジローラモ。
▲ バッグ[W23×H19×D10cm]17万3000円/グッチ(グッチ ジャパン)
柄スーツにあえての総柄バッグという大胆な合わせは、まさにファッションを楽しんでる感も満点で、ポジティブに映るはず。ヴィンテージのトラベルケースに着想を得たショルダーバッグは、コーナーのレザーディテールでスーツとも好相性。
PAGE 3

◆ ヴァレンティノ ガラヴァーニ

最旬のロゴこそ小粒でさり気が塩梅

▲ バッグ[W12×H16×D4㎝]8万6000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)、そのほかはジローラモ私物
いつも上手だな〜と関心しきりなのが、イタオヤのロゴ物使い。控えめな装いもロゴモノひとつでキャラが立ち、印象にも残るんです。なかでもジローラモがいま多用しているのが、ヴァレンティノのVLTNロゴ。
▲ バッグ[W12×H16×D4㎝]8万6000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)
「このロゴはいま女の子に大人気なんだよ。しかもシンプルで合わせやすいのに目を引くから、使いやすいんだよね」。柔軟なカーフ素材のショルダーは、コンパクトながらロゴが大きめで普段使いにぴったり。
PAGE 4

◆ ミッソーニ

紺スーツの合わせは派手柄くらいがちょうどいい

▲ ニット11万円/ミッソーニ(三喜商事)、そのほかはジローラモ私物
「イタリアの男なら誰でもネイビースーツを持っているけど、普通に着たらつまらないから、ひと工夫している。ワタシはこんな派手柄ニットで遊びたいね」。と、ジローラモが選んだのが、ミッソーニを代表する「フィアンマート(イタリア語で炎の意味)」柄をあしらった、イレギュラーボーダー柄のニット。
▲ ニット11万円/ミッソーニ(三喜商事)
ブルーの同系色で構成されているゆえ、インパクト抜群ながら紺スーツに難なくなじみます。手持ちのネイビースーツ&ジャケットも、コレ一枚でラグジュアリーにリフレッシュできるはず。
2021年3月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
エトロ ジャパン 03-3406-2655
グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177
三喜商事(ミッソーニ) 03-3470-8235

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL