• TOP
  • FASHION
  • 楽ちんなのにきちんと見える、いい感じのビズコーデに必要なのはコレ

2021.03.02

楽ちんなのにきちんと見える、いい感じのビズコーデに必要なのはコレ

かつては、主に休日用として人気だったニットジャケット。今となっては、デイリーワークでのビジネススタイルにおける筆頭アイテムとなりました。この楽ちんさから、もはや逃れられませんよね?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

着心地楽ちん、でもあくまでジャケット顔ですから!

出社を前提とした、イマドキのビジネススタイルの理想とは? 快適性が最重要課題となった今、実はニットジャケットが一躍ジャケット選びの主役となっているんです。

ニットの柔らかさと伸縮性が楽ちんなのは言うに及ばず、それでいてラペル付きとあってあくまで見た目はビジネス然として見えますしね。いやはや、渡りに船とはまさにこのこと。おまけに、ウエストがドローコード&ギャザリング仕様のイージースラックスと合わせれば、快適至上主義なイマドキのビジネススタイルの完成です。

ラペルドジャケットの利点は、さらにインナーがラフでもサマになる点。シャツじゃなく、クルーネックのニットやカットソーでも、品良くまとまってくれるんです。イージースラックスにおいても、腰回りこそゆったりなれどクリース入りとあって、スニーカーでも気抜けすぎません。緊張度がやや高めの場に行く時は、レザーシューズやブーツで格上げしちゃえばいいんです。あ、デートの時とかもね。

昨今、機能素材のジャケットも人気ですが、リッチ感でいえばドレーピーなニットに軍配が。楽ちんだけどきちんとして見えて、大人の余裕も楽しめちゃうニットジャケット×イージースラックスって、ビジネスに限らず全方位でイイんでない!?
PAGE 2

◆ エルメネジルド ゼニア 

あくまでジャケット、だからリブスラともOK

▲ ニットジャケット27万2000円、パンツ9万3000円、ニット8万7000円、チーフ1万3000円、ブーツ11万9000円/すべてエルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
ハニカム編みによって、ストレッチを効かせながら保形力のある一着に仕立てたこちら。ドローコードとリブ裾を採用したスラックスとで、スポーティなジャケパンスタイルに。アンコン仕立てのジャケットですが余分なゆとりがないだけに、クルーネックのインナーでも気抜けすぎた印象にはなりません。イマドキは白スニーカーでもイケちゃいますが、とはいえもう少しきっちり感を出したいなら、足元は革靴で。堅苦しくならないためには、サイドゴア辺りがテキメンかと。

◆ ウノピゥ ウノ ウグァーレ トレ 

品の良さにおいて、ライトベージュは鉄板

▲ 7万8000円/ウノピゥ ウノ ウグァーレ トレ(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ サローネ)
コットン糸をメッシュ調に編み上げた、軽くドライな風合いが魅力のジャケット。ライトベージュカラーが、その涼やかさと品の良さを印象付けます。ナローですがクラシカルな雰囲気がにじむ、ピークドカラーも見どころ。春夏ジャケットとして、ヘビロテするのはまさにこんな一着です。
PAGE 3

◆ サイドスロープ 

ニットでもダブルの貫禄は相変わらず

▲ 4万2000円/サイドスロープ(フェニックスインターナショナル)
リネンの清涼感に、ストレッチ糸によるストレッチ性を加味した鹿の子編みの一着。着心地こそカーディガン並みに快適ですが、ダブル仕立てが大人なきっちり感を演出してくれます。深みのあるインディゴのような見た目に適度な重さをがあり、ほどよく着回しの効くデザインです。

◆ トミー ヒルフィガー 

快適春夏生地をストライプでクラシックに

▲ 1万6000円/トミー ヒルフィガー(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)
ドローコードとともに、ヒップ周りこそ余裕を持たせながら、ヒザ下からはスリムなラインを描くブリーカー・スリム。生地はポリエステル×コットンのシアサッカー織りで、サラリとした肌触りが清涼感をもたらしてくれつつ、ダークネイビー×ストライプがクラシックな貫禄も示してくれます。
PAGE 4

◆ ジャブス アルキヴィオ 

ビジネス映え楽スラといえばコレですよね

▲ 3万円/ジャブス アルキヴィオ(ビームス 六本木ヒルズ)
ビジネス映えするイージースラックスにおける、王道中の王道といえばこのマサッチョ 。快適性と見栄えを両立する巧みなパターンは言うに及ばず。ウールにポリエステルとポリウレタンをブレンドし上質さとストレッチ性を両立した生地、テックウールも見どころです。スモークグリーンの渋さも、大人には魅力。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ サローネ 03-6721-1381
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300
トミー ヒルフィガー カスタマーサービス 0120-266-484
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フェニックスインターナショナル 03-5488-6390

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        楽ちんなのにきちんと見える、いい感じのビズコーデに必要なのはコレ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト