• TOP
  • FASHION
  • タッセルローファーがついに東京でも大流行中です

2017.07.26

タッセルローファーがついに東京でも大流行中です

CREDIT :

写真/鈴木克典、小澤 達也(STUDIO Mug)、椙本裕子 文/池田保行(04) 協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04) イタリアスナップ/Massi Ninni

以前から、「来る、来る!」と言われながら、いまいち流行に乗れなかったタッセルローファーが、どうやらこの夏、本格的に流行の兆し。すっかり定着したくるぶし丈のパンツはもちろん、短パンスタイルに合わせて涼し気に素足履きするのに丁度よいようです。

なかなかブレイクしない靴がブームに!?

ミラノ、パリなどで行われるコレクションや、フィレンツェで行われる“ピッティ・ウォモ”などのイベントを軸に、ファッション雑誌をはじめWEBメディア、セレクトショップなどでは、「次のシーズン、このアイテムがヒットする」という予測を打ち出しています。
 
ですが、必ずしも浸透しないばかりか、日本ではヒットしないものも少なからずあるのも事実。ドカンと爆発的人気となるトレンドもあれば、徐々に知られていくものも。あるいはまったくもって空振りすることもあるのです。
 
そんなか、数年前から「絶対に流行る」と言われながら、業界人以外になかなか浸透しなかったアイテムがあります。それが「タッセルローファー」。スリッポンの上に房飾りが付いたシューズのことで、海外のファッション関係者の間では浸透しているシューズなのですが、日本では、なかなか火がつきませんでした。
 
ところが実際、街に出てみたところ、お洒落なオトナの足元は、ドレスもカジュアルも「タッセルローファー」が占めているではありませんか。遠目に「あの人、お洒落だなぁ」と思ってスナップ隊が声をかけると、撮影に協力していただいた方以外にも、タッセルローファーを履かれていた方が本当に多いんです。
PAGE 2

街ウケのポイントは「カジュアルにも使える」から

大久保圭人さん(36歳)はカラーのTシャツにPT01のクロップド丈スリムパンツ。シンプルなカジュアルスタイルに、タッセルローファーが見事にマッチしています。白黒のモノトーンコーデに、足元だけブラウンスエードという合わせ方も意外性がありますが、黒と茶の合わせ方はモードとクラシックの合わせ技としてもオススメです。
その要因としては、オトナもパンツ丈を短くしてはくことが増えたことにありそう。スリッポンはそんなくるぶしを見せる足元にドレス感を加味してくれます。また、着こなしがシンプルになっているからこそ、通常のスリッポンではなく、アクセントの付いたこんなタッセルが支持されているのでしょう。
 
スーツにはもちろん、カジュアルなTシャツや短パンに合わせている方も多く、どの方も素足履き風に履いていました。これは本格的にブレイクに繋がりそうです。
PAGE 3

ドレスの足元にも、もちろんジャストです

大溝大さん(31歳)は、トゥモローランドのスリーピースに、シャツは伊勢丹でオーダーしたピンホールカラー。タイは1920’sヴィンテージ調の小紋柄で、シャンボールセリエのバッグと合わせてクラシックな小物使いが効いております。
PAGE 4

タッセルローファーを愛用する街のみなさん

イタリアオトコに見るタッセルローファーの履きこなし方

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        タッセルローファーがついに東京でも大流行中です | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト