• TOP
  • FASHION
  • その腕時計とペン、ちゃんとコーディネートできますか?

2021.02.10

その腕時計とペン、ちゃんとコーディネートできますか?

スーツやジャケット姿においては、Vゾーンでその人となりを考察できます。とはいえ、昨今ビジネススタイルがカジュアル化するなか、必ずしもシャツタイではなくなっています。そんな今、手元こそが印象作りの要に。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

腕時計×ペンのマッチングで、スタイルを主張

ファッションやクルマ同様、男のステイタスシンボルである腕時計。アクティブに見られたい、堅実に見られたい、男らしく見られたい。その演出効果をより高めるなら、腕時計だけでなく、ペンとのコーデをオススメします。

スーツやジャケットにおいては、ベルトとシューズの色や素材を揃えることが全体の統一感につながるように、腕時計とペンのテイストを揃えると、人となりがより一層伝わりやすくなります。そもそも腕時計は、個性や趣味性が強く表れるもの。メモを取る際やサインをする際に、時計にチラリと目がいきますよね? そんな時、同じ手に持っているペンが腕時計とマッチングしていると、相乗効果が期待できるってワケです。
PAGE 2

オトコらしさ演出で、ブラック×ブラックは鉄板

▲ 時計「クラシック・フュージョン クロノグラフ ブラックマジック」ケース径45mm、ブラックセラミックケース、ラバーストラップ、5気圧防水、自動巻き。122万円/ウブロ(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ)、万年筆8万4000円/ダンヒル(リシュモンジャパン ダンヒル)
この一本だけでもオトコらしさを十分主張できる、ウブロの「クラシック・フュージョン クロノグラフ ブラックマジック」。ケースとベゼルに配したサテン&ポリッシュ仕上げのブラックセラミックは、実に無骨です。その頑強でソリッドな質感にマッチするのは、ダンヒルのローラーボールペン「センチュリーマン」。マットフィニッシュされたガンメタルボディと大ぶりなキャップの重量級マッチングで、オトコらしさを後押しできます。

色気のあるオトコに見られたいならこのコンビ!

▲ 時計「ハイライフ ハートビート」ケース径41mm、5気圧防水、ステンレスローズゴールドプレートケース、カーフレザーストラップ、インターチェンジャブル仕様ラバーストラップ付、自動巻き。24万5000円/フレデリック・コンスタント(フレデリック・コンスタント相談室)、ペン「エクリドール XS レトロ ローズゴールド ボールペン」2万8000円/カランダッシュ(カランダッシュ ジャパン)
ローズゴールドケースに、クロコダイル柄がエンボスされたカーフストラップ。オープンハートも相まって実にエレガントなフレデリック・コンスタントの「ハイライフ ハードビート」に対しては、やはり同じくローズゴールドカラーのペン、カランダッシュの「エクリドール XS レトロ」が似合います。クラシックなスーツに合わせれば、オトコの色気をアピールできるこのマッチング。イエローゴールドよりも、ローズゴールドの方が控えめで柔和に見えますよ。
PAGE 3

春夏にオススメな、爽やか系海マッチング

▲ 時計「スーパーオーシャン オートマチック 44」ケース径44mm、SSケース、ラバーストラップ、1000m防水、自動巻き。42万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、万年筆「スターウォーカー ブループラネット」10万9000円/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター)
「スーパーオーシャン オートマチック 44」という名から連想するのは、言うまでもなく爽やかなブルーでしょう。防水性1000mを誇るハイスペック機ながら、鮮やかなブルーを配したダイヤル、ベゼル、そしてラバーストラップには、スポーティな軽快感も。そんなブライトリングの時計に、モンブランの「スターウォーカー ブループラネット」は、まさしくベストマッチ。宇宙から見た海というテーマを聞けば、なおさら納得ですよね。

渋さ演出には、ヴィンテージミリタリー揃え

▲ 時計「パイロット タイプ20 クロノグラフ」ケース径45mm、ブロンズケース、レザーストラップ、10気圧防水、自動巻き。84万円/ゼニス、ボールペン「デフィ ヴィンテージ ボールペン」3万5000円/エス・テー・デュポン(エス・テー・デュポン 銀座ブティック)
ヴィンテージのミリタリーパイロットウォッチに着想を得た、ゼニスの「パイロット タイプ20 クロノグラフ」。ブロンズケースにカーキカラーのヌバックストラップ、大ぶりなリューズという、見るからに無骨な時計をはめた手元に、フランス語で挑戦を意味するエス・テー・デュポンの「デフィ ヴィンテージ ボールペン」はまさに好相性です。その理由は、もちろんブロンズカラーをまとった、いかにも屈強さを訴えるメタルフレームです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 03-5635-7055
エス・テー・デュポン 銀座ブティック 03-3575-0460
カランダッシュ ジャパン 03-6804-3201
ゼニス 03-3575-5861
ブライトリング・ジャパン 0120-105-707
フレデリック・コンスタント相談室 0570-03-1988
モンブラン コンタクトセンター 0120-99-8291
リシュモンジャパン ダンヒル 0120-914-675

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        その腕時計とペン、ちゃんとコーディネートできますか? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト