• TOP
  • FASHION
  • 大人に似合うコートは、ちょいビッグシルエット!

2021.02.22

大人に似合うコートは、ちょいビッグシルエット!

いつの間にかトレンドの先端となったビッグシルエット。その流行を大人がクールに取り入れるなら、コートが一番! 中でも、羽織るだけで品格あるスタイルを作れる選びと着こなし方を、こっそりレクチャーします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(テーブルロック)

大人コートは、クラシック&ちょいユル

ざっくり羽織ったルックスが男の余裕を感じさせるロングコート。近頃は、ちょっと大きめシルエットを選ぶ人が増えています。

それはなぜ? “ビッグシルエット”だと、ロングコートの“余裕”の部分がさらに際立つから。一口にビッグシルエットといっても、実に多様なデザインがある中で、大人にオススメしたいのが、キチンと感を重視した一着です。

具体的には、クラシックな様式美をちゃんと備えたビッグシルエットのコートということ。トレンチやステンカラーなどの正統派デザイン、そして、上質素材を使用したモデルを選んで欲しいのです。そうすれば、だらしなく見えることはナシ! むしろ、ほどよいゆとりがあなたのゆとりや懐の広さまでを代弁してくれるかのようですよ。
PAGE 2

◆ コーディネートその1「キレイめスタイル」

シャツコーデも軽妙に大人っぽく

▲ コート12万円/ラファーボラ、シャツ3万5000円/エムズ ブラック×エストネーション(エストネーション)、モックネック1万9800円/ルクシー(同興商事)、パンツ4万9000円/カナーリ、靴9万8000円/ボードイン アンド ランジ(ともにコロネット)
休日でもキレイにキメたい時があるもの。そんな時にクラシックなビッグシルエットコートを羽織れば、余裕を感じさせつつ変にマジメな感じになりません。こちらのコートは、今をときめく「ラファーボラ」の新作。

しっかり打ち込んだ上質コットン地を使ったベルテッド型は、大きな衿が男らしさを引き立てるデザインです。柄物のオープンシャツで個性を滲ませつつ、茶系のウールスラックスでドレッシーさを担保。全身を茶系でまとめることで大人の色気が漂います。
PAGE 3

◆ コーディネートその2「カジュアルスタイル」

かっちり感と若々しさの絶妙な配分

▲ コート8万2000円/イーヴォ、カットソー1万1000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム)、バッグ2万円/シーピー カンパニー(トライステイトジャパン)、パンツ2万6800円/ルクシー(同興商事)、靴1万7000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
スポーツミックスの装いにも、ビッグシルエットコートは好相性。グラフィックなプリントシャツに細身のスウェットパンツ&スニーカーの着こなしは、誰もが若々しく今風に見えるコーデです。

しかしそれだけでは、軽快を通り越して軽薄に見えてしまうきらいも。そこで、ブラックのビッグシルエットコートを羽織ると、大人っぽくも快活に仕上がります。

こちらの「イーヴォ」の新作コートは、前身ごろの打ちあわせがやや深めのダブルブレスト型。渋味ある艶感と相まって、大人の貫録が際立つ一着です。
PAGE 4

◆ オーベルジュ×ブリッラ ペル イル グスト

軽快感と質感を備えたモッズコートの進化系

▲ コート8万2000円/オーベルジュ×ブリッラ ペル イル グスト(ビームス 六本木ヒルズ)
フレンチ古着の達人、小林学氏がデザイナーを務める「オーベルジュ」と「ビームス」のオリジナルレーベル「ブリッラ ペル イル グスト」がタッグを組んだ新作コートは、“現代にも通用するビンテージ”がひとつのポイントです。

中でも軽量素材を用い快適に羽織れるモッズコートは、注目すべき完成度。ジャケットの上からも羽織れるゆとりのあるサイズバランスや品格あるAラインシルエットなど、大人が幅広く楽しめるマルチスペックを実現しています。

◆ インスピンクト 

洗いを掛けた伊国生地が味わいを演出

▲ コート11万円/インスピンクト(ストラスブルゴ) 
米国ミリタリーのトレンチコートを、現代的なたっぷりフォルムにアレンジした最新作。素材にはイタリア製のコットンナイロン“グログラン”を採用しており、洗いを掛けることで独特の枯れ感あるスポーティ要素を表現しています。

ベルト付きゆえ、キュッと絞って羽織ることでダンディな洒落感を演出することも可能。内側にジップの2ポケットを配しており、機能性も考慮しています。
PAGE 5

◆ ソレシティ

艶やか素材とレザーパイピングに注目

▲ コート11万5000円/ソレシティ(エイチジェイエム)
1945年、イタリアはミラノで創業した「ソレシティ」。老舗の毛皮メーカーとして実績を備えており、昨今はラグジュアリーな素材使いのドレスアイテムも多彩に打ち出し注目を集めています。

そんな実力派の新作は、コンテンポラリーなオーバーサイズコート。艶やかな細番手コットン素材を使用しており、ゆったり感あるダブルブレスト型と相まって、モードな洒落感を放つ仕上がりです。衿などのエッジに配したレザーパイピングが個性を軽妙に引き立てます。
PAGE 6

◆ トムウッド

洒落感際立つ切り替えデザイン

▲ コート10万4000円/トムウッド(ステディ スタディ)
シンプルかつ有機的なシルバーコレクションでも知られるノルウェー発の「トムウッド」。昨今はメンズウェアも手掛け、世界的に人気が広がっています。新作の「MACコート」は個性的な切り替えが目を引くステンカラータイプ。

一見普通?と見せかけておいて、実は身ごろの両脇や袖の一部、それに襟裏などを別布に替えた技巧的なハイセンスなデザイン。ベーシックなシャツ&パンツの装いでも、コレ一枚羽織るだけで高感度なルックスが完成します。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エイチジェイエム 03-6434-0885
エストネーション 0120-503-971
コロネット(カナーリ、ボードイン アンド ランジ) 03-5216-6521
ステディ スタディ 03-5469-7110
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563 
同興商事 03-6804-2068
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トライステイトジャパン 03-6427-3888
ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ラファーボラ 050-5218-3859

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL