• TOP
  • FASHION
  • メゾンのぽってりソールスニーカーが、大人好みなワケ

2021.02.25

メゾンのぽってりソールスニーカーが、大人好みなワケ

大人の皆さん、今季のメゾンのスニーカー、やけにブッ刺さると思いませんか? それもそのはず、90年代のストリートファッションを知る世代にとっては、リアルに通ってきた“ストリート”のエレメントが、そこかしこにちりばめられているんですから。当時のファッションを謳歌した世代が、いまやラグジュアリーメゾンの中枢にいるのですからそれも当然。同世代なら思いっきり楽しんじゃいましょう!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

何周か回って、この懐かしいボリューム感が旬です

スニーカーブームはスパイラル構造で、最旬は90年代のストリートファッションで鳴らしたバスケットシューズ=キックスタイプがいまキテることはご存知でしょうか。当時のフォルムを継承したモデルがメゾンのスニーカーでも主流となっているんです。90年代半ばに大流行した、ナイキのジョーダンシリーズやダンクといったハイカットモデルがリバイバルしているなか、ハイカットモデルも人気の様子で、ハイテク系バッシュの勢いは留まるところを知らないようです。

今回ちょっとチェックしてみたところ、メゾンのスニーカーは今季まさにそんな90’sなモデルのオンパレード。フォルムといいカラーといい、当時を知る大人世代には懐かしく、知らない若い世代にも、あの頃と同じストリートファッションのパワーを鮮烈に体感できるモデルが揃っていました。ラグジュアリーでスポーティな味付けを施したラグスポスニーカーとしても、現代のストリートファッションに欠かせないエレメントといえるでしょう。

そもそもラグジュアリーメゾンのクリエティブディレクターに就任しているのは、あの頃のストリートファッションの洗礼をモロに通ってきた世代です。それゆえ彼らのコレクションに、もっともファッション感度が高かった頃の影響が大きく表れるのは理解できるというもの。ビッグ&ルーズな今どきのシルエットも、どこかあの頃のヒップホップ系のミュージシャンのルーズ系ストリートスタイルを彷彿とさせるところがあるだけに、このテのスニーカーがハマるのも頷けますよね。90年代に青春を謳歌した同世代として断然、支持させていただきます!
PAGE 2

◆ ルイ・ヴィトン

90'sなキックスが未来を纏って透明に!

▲ スニーカー12万2000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
「さすがヴァージル!」と全世界が声を上げたのがこの「LVトレーナー・ライン スニーカー」。モノグラム・パターンをあしらったブルーの透明素材をアッパーに、ソールも同色ラバーで仕上げるという徹底ぶり。

サイドには手書き風のシグニチャーでブランド名を入れてアクセントにしています。フォルムはもちろん、サイドのメッシュパーツも90年代のストリートカルチャーを思い出させるキックスそのまんま。あの時代を知る同世代には刺さりまくりでしょう!
PAGE 3

◆ ディオール

ディオールオブリークはスニーカーの定番柄に

▲ スニーカー13万5000円/ディオール(クリスチャン ディオール)
すっかりディオールの“顔”となった「B27」ハイトップスニーカーは、ホワイト×グレーのスムースレザーで。サイドのディオール オブリークはベージュ×ブラックのジャカード インサレーションであしらわれています。

さらに芸が細かいのはトップアイレットがCDアイコンになっている点。そこかしこにアイコニックなディテールを散りばめて、こだわりを詰め込んだ一足に仕上げています。
PAGE 4

◆ ドルチェ&ガッバーナ

同色ロゴの配置も絶妙なホワイトスニーカー

▲ スニーカー10万円/ドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
かなりインパクトあるデザインも得意なドルチェ&ガッバーナですが、こちらは潔いオールホワイトのハイカット。アイコンスニーカー「ポルトフィーノ」をベースに、ラバーパーツでアクセントを配しています。

ヒールカウンターのエンボスロゴは、ドルチェ&ガッバーナらしい意匠。シュータン、サイド、ループテープにまでブランドロゴが入っている、ロゴ祭りなデザインでアピールしまくりましょう。
PAGE 5

◆ ボッテガ・ヴェネタ

いまどきのビッグ&ルーズシルエットにフィット

▲ スニーカー9万2000円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
レザーのアッパーは中綿入りでふわっふわ。ライニングにはパイルを使っているので、素足履きが心地いいスニーカーです。

極厚のチャンキーフラットフォームソールは履くだけで背高効果が期待できると評判ですが、なによりもこのシンプルなデザインとボリューミーなフォルムは、いまどきのビッグシルエットやリラックスフィットとマッチングさせるのに、最適な足元といえるのではないでしょうか。
PAGE 6

◆ トッズ

トッズの意匠を散りばめたハイテクモデル

▲ スニーカー9万9000円/トッズ(トッズ・ジャパン)
ネオプレンのソック型スニーカーをレザーとミックス。そのままでも十分ですが、スピンドル付きのシューレースを絞れば、さらにフィット感が高まって、足と一体化する抜群の履き心地です。

サイドのパワーラインはトッズの「T」を模したデザインで、ヒールカウンターにはトッズのアイコンモデルでもあるゴンミーノの突起をあしらうなど、遊び心も存分に取り入れたラグジュアリーなスポーツスニーカーです。
PAGE 7

◆ ヴァレンティノ

インパクト大!なマルチカラースポーツスニーカー

▲ スニーカー10万1000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)
グラデーションのマルチカラープリントがインパクトを唆る「WADE RANNER」。シュータン、ミッドソールなど各部に「VLTN」のロゴを配して、アピールしつつもネオプレンのフィッテイングで履きやすさにもこだわりました。

走行時の安定性を高めたヒールカウンターの形状は、リアルなスポーツユースも考慮していることがわかります。ラグスポなスタイルメイクに役立てたいモデルです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
トッズ・ジャパン 0120-102-578
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        メゾンのぽってりソールスニーカーが、大人好みなワケ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト