• TOP
  • FASHION
  • 大人が着るべきライダーズジャケットの名品といえば?

2020.12.23

大人が着るべきライダーズジャケットの名品といえば?

ロックやバイカーだけじゃなく、上質な大人のファッションにおいても、今や定番アイテムとなったライダーズジャケット。英国発のジェームス・グロースは、その功労者と言っても良いブランドです。

CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

あくまで本場を感じさせるエレガンスライダーズ

アメリカならショットやバンソン、イギリスならルイスレザーズ。ことライダーズジャケットにおいては、米英の名門の存在感が際立ちます。そんな中、ジェームス・グロースは、シャープで洗練された英国スタイルをベースにしながらも、独自の存在感を放つことで注目されている英国発のブランド。

ですが、その歩みは順風満帆というわけではありませんでした。創業は1876年と老舗ではありますが、1971年に残念ながら一度歴史の幕を閉じます。そして2013年に復活を果たします。

その新生ジェームス・グロースは、ライダーズの象徴的なディテールを採用しつつも、あくまでシンプルな印象に仕上げたデザインや、シープレザーに代表される上質で柔らかなレザー、細身でやや長めの着丈など、英国的な中にもイタリア的な色気を感じさせるんですよね。その独自の存在感から、米英の本場ライダーズにこだわる人たちにも、受けまくっているんです。

というわけでLEON.JPが推奨する“無骨さとさり気ないエレガントさ”を兼備する大人のスタイルが、一着で叶っちゃう、名品ライダーズがコレ、というわけなんです。
PAGE 2

無骨どころかむしろ都会的なシングル

▲ 13万円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム)
まずは、シンプルゆえに比較的大人の休日コーデにも合わせやすいシングルライダーズを。モデル名は「レーシング」。その名の通り、細身でソリッドなデザインは実にレーシーですが、素材はシープレザーで柔らかな着心地に。縦置きのジップポケットがアクセントに。

スラックスさえなじんでしまう洗練ダブル

▲ 13万5000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム)
もうちょっとハードさを楽しみたいなら、ダブルライダーズの「マニラ」が狙い目。ボールジップやバイクのタンクにジップスライダーが当たらないためのフラップといったライダーズらしい作りを披露しつつ、カウレザーは実に柔らかく、シルエットも細身でスタイリッシュ。
PAGE 3

品の良さが一目瞭然な究極ミニマル

▲ 9万5000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム)
同じシングルの「レーシング」よりも、さらにミニマルなデザインに仕上げた「ドーヴァージャケット」。サンドカラーのカウスエードも相まって、実に品良い印象です。それでいて、両サイドにはスリットポケットが配されるなど、街着としての機能性が考慮されています。

ラグジュアリーだけど嫌味じゃない上品ムートン

▲ 16万5000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム)
今年GETするなら、ムートンタイプのダブルもオススメ。ダブルライダーズの原点であるアビエータージャケットに着想を得たクラシックなデザインながら、ディテールはシンプルそのもの。渋いシールブラウンカラーは、ゴージャスというよりシックで上品です。
創業当時は、ウエアだけでなくモーターサイクルや自転車のパーツやアクセサリーを総合的に扱う、いわばバイク関連の総合的なショップでした。当時展開していたウエアのブランド名は「ジャグロース」。これが、現在のジェームス・グロースの原点となります。復活を遂げてからは、レザーウエアに特化。イーストロンドンにあるライダーズ専門ファクトリーで生産されています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

グリニッジ ショールーム 03-5774-1662

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人が着るべきライダーズジャケットの名品といえば? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト