• TOP
  • FASHION
  • お洒落な大人が注目してる、コンビダウンって何?

2021.01.11

お洒落な大人が注目してる、コンビダウンって何?

薄手のインナーの上に羽織るだけで防寒が完了するダウンは、冬の強〜い味方。ただし都会で着るには、デザインに遊びのあるコンビのダウンがオススメです。そして、コンビダウンの色味を拾った「トーン・オン・トーン」のコーディネートが有効なのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・ササキヨシヒロ、静物・鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/中西真也 ヘアメイク/勝間亮平 文/竹内虎之介(シティライツ)

都会的な冬のこなしに重宝するのが、異なる素材や色柄を組み合わせたコンビのダウン。防寒とお洒落さを両得できるアウターは、一着は持っておきたいアイテムです。コンビダウンが何色であろうと、合わせはすべて黒でOKなのも楽チン。もちろん、ほかの色を合わせることもできます。その際はコンビのどちらか1色を拾い、その色でトーン・オン・トーンのコーディネートを組みます。すると、大人っぽくキマるのですよ。

ダウンの色を拾った紺合わせで大人っぽく

デニム×紺ナイロンという異素材コンビのダウンから黒を拾ったコーディネート。黒Tシャツに紺のスラックス、さらに足元も黒という全身黒合わせは、基本のこなし同様ですが、ダウンの色を拾っていることで、よりシックで大人っぽい印象となるのです。

◆ ムーレー

新鮮さ際立つデニム×ナイロンのコンビ

▲ ダウン31万2000円/ムーレー(コロネット)、Tシャツ2万6000円/ヌメロ ヴェントゥーノ(N21 表参道)、パンツ6万2000円/カナーリ(コロネット)、靴9万5000円/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)、時計220万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
味出しデニムとナイロンの異素材コンビが新鮮な存在感を放つ、ボンバーダウンジャケット。その一発でお洒落がキマる素材使いに加え、すっきりとしたシャープなシルエットが、スタイリッシュな印象を強調。さらにムートン襟がリッチな雰囲気を演出します。
PAGE 2

淡いモノトーングラデでシックかつ若々しく

グレートーンのプリント柄の色を拾い、白パーカとグレーのスラックスを合わせたトーン・オン・トーンの着こなし。このように全身モノトーンの装いも、より淡い色味を合わせることで、シックにして若々しい印象となるのです。

◆ デュノ

ギミックの効いた高機能コンビダウン

▲ ダウン8万5000円/デュノ(トヨダトレーディング プレスルーム)、パーカ2万5000円/デュべティカ、パンツ2万9000円/ジャブスアルキヴィオ(ともにエフイーエヌ)、靴6万9000円/サントーニ(リエート)、サングラス4万2000円/バートン ぺレイラ(ヴィジョナイズ)、時計220万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
カモフラ雪をイメージしたプリントのナイロンとシックな黒無地の生地によるコンビダウン。取り外し可能な大きめのフードや、襟元から左胸に下ろせるポケット併用のジッパーなど機能的かつギミックの効いたディテールも魅力です。

コントラストを効かせたモノトーンコーデ

コンビダウンの白を拾ったパンツ&スニーカーと、黒を拾ったインナーによるはっきりとしたモノトーンコーディネート。ダウン自体が白×黒のコンビの場合、インナーとボトムスで両方のカラーを拾うというのもアリ。ほかの色と違いモノトーンならポップになりすぎる心配はありませんからね。

◆ ムースナックルズ

モダンなセンスに加え抜群の軽さと暖かさが自慢

▲ ダウン13万3000円/ムースナックルズ(グルッポ タナカ)、シャツ3万2000円、Tシャツ1万円/ともにディーゼル(ディーゼル ジャパン)、パンツ3万6000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、靴6万2000円/ゴールデン グース(ゴールデン グース 東京店)
白×黒のカラーコンビ、さらに艶やかなブルーの裏地にもモダンなセンスが滲むダウンジャケット。シルエットはレイヤーしやすいオーバーフィット。さらに、最高級のダウンフィルをふんだんに用いたこの一着は、抜群の軽さと暖かさを誇ります。
PAGE 3

全身黒の着こなしで異素材を際立たせる

黒×黒の異素材コンビダウンに、黒のインナーと黒のパンツを合わせ、オールブラックで装う。ダウンが同色異素材コンビの場合、見せ場は素材感の違い。なので、全身を単色でまとめると、その妙味がより鮮明に際立つのです。クールな黒なら都会的なムードもひとしお。

◆ タトラス×ライオット ヒル

ジッパーデザインがクールなコンビダウン

▲ ダウン13万5000円/タトラス×ライオット ヒル(タトラスインターナショナル)、ブルゾン7万9000円/アレキサンダーワン、Tシャツ2万7000円/ヘロン・プレストン(イーストランド)、パンツ3万6000円/ベルウィッチ(アマン)、靴8万2000円/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)
肩から袖口にかけてのジッパーデザインが目を引くダウンは、LAの新鋭ブランド、ライオット ヒルとのコラボレーションモデル。ハリコシがあり微光沢を放つ高密度ナイロンとシワ感のある生地との微差コンビもクールです。
2021年1月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
アレキサンダー ワン 03-6418-5174
イーストランド 03-6712-6777
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ヴィジョナイズ 03-6804-3652
エフイーエヌ 03-3498-1642
グルッポ タナカ 06-6533-6900
ゴールデン グース 東京店 03-6803-8272
コロネット(カナーリ、ムーレー) 03-5216-6521
セルジオ ロッシ カスタマーサービス 0570-016-600
タトラスインターナショナル 03-5708-5188
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
N21 表参道 03-3746-0021
ピエール アルディ 東京 03-6712-6809
リエート(サントーニ) 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL