• TOP
  • FASHION
  • 大人が着る「ロゴもの」は、ひと味もふた味も違う!?

2020.10.28

大人が着る「ロゴもの」は、ひと味もふた味も違う!?

いまだストリートは強し! 今シーズンも、ロゴものは大人気です。とはいえ、いかにもストリートなロゴものは、正直言って食傷気味。ということで、今回ご紹介するのはひとクセあるロゴ物です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

アートだったり80sだったり普通じゃないロゴ物に注目 

90年代ストリートのリバイバルと共に、様々なブランドからロゴ物が登場しました。アイキャッチ性の高いロゴものが、コーデを盛るのに打って付けなのは言うまでもないでしょう。今シーズンもその傾向は継続していますが、ゆえにLEONな大人としては趣向を変えて、ひとクセあるロゴものを狙いたいところ。

アーティスティックなフォントだったり、コンセプチュアリーなモチーフだったりと、いわゆるロゴものとは一線を画すこちらなら、巷のストリートファッションとも明確に差別化が可能なんです。また、スウェットだけでなく今シーズンはニットにおいても秀逸なロゴものが揃っている点も注目。なかでも、どこか80年代のDCブランドを想起させる総柄系が狙い目。

ストリートがトレンドを牽引し続けていますが、そろそろ潮目が変わりそうな予感。というわけで、一歩先行く大人としてはひとクセ系ロゴもので差別化を図る頃合いかと。
PAGE 2

◆セリーヌ 

一見アメカジだけど素材で大人に格上げを

▲9万1000円/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)
アメリカンスポーティなVガゼットを採用したスウェット。フロックプリントも、そのフォントと共にヴィンテージな雰囲気を楽しませます。一方で、素材はコットンにカシミアをブレンド。柔らかなドレープ感が、ストリート一辺倒なスウェットと差別化してくれます。

◆グッチ 

アートとヴィンテージの意外な親和性

▲12万円/グッチ(グッチ ジャパン)
まるでミスプリントのようですが、これは“think”と“thank”の単語をレイヤードしたもの。作家でありミュージシャンであるリチャード・ヘルとアーティストのクリストファー・ウールが共同で創作した書籍『Psychopts』から引用されています。そんなアート性に加え、ハードなヴィンテージ加工も見所です。
PAGE 3

◆ディオール 

背景あるロゴなら、トレンド最中でも新鮮

▲9万6000円/ディオール(クリスチャン ディオール)
ニットに記された、メタリックシルバーステッチによるエンブロイダリーロゴ。そこに組み合わせた安全ピンは、パンクスタイルにおける巨匠スタイリスト、ジュディ・ブレイムへのオマージュ。ロゴものが溢れる中ですが、こんなコンセプチュアリーなロゴなら断然気になりますよね。

◆フェンディ 

シックなニットをロゴで大胆ストリートに

▲8万7000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)
グラフィティのようにデフォルメされた、FENDIのレタリング。加えて両アームには、FFロゴを組み合わせたフェンディ コードモチーフが。ベージュにブラックというシックなカラーリングながら、そのインパクトは絶大です。良い意味で乱雑な感じが、抜け感を楽しませてくれます。
PAGE 4

◆ベルルッティ 

このアシンメトリーな感じが今の気分

▲17万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
アシンメトリーにレイアウトされるのはクレストモチーフ。本来クラシカルな柄ですが、こんなデザインでならアート&ストリートな印象に。とはいえ、素材はカシミア100%。ふわりと軽く柔らかな風合いは、あくまでラグジュアリーな雰囲気にまとめてくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
セリーヌ ジャパン 03-541-1401
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人が着る「ロゴもの」は、ひと味もふた味も違う!? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト