• TOP
  • FASHION
  • ゴアテックス、機能の違い知ってますか?

2020.10.05

ゴアテックス、機能の違い知ってますか?

ハイテク素材の代名詞=ゴアテックスに様々なタイプがあることは何となく知っていても、機能の違いまで知っている人は少ないはず。"ちょいアクティブ"を実践する大人の嗜みとして、あらためて心得ておこうではありませんか。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/小野塚雅之 文/秦 大輔

用途とスタイルによって使い分けるのがミソです

雨水はシャットアウトしながら内部のムレは放出してくれる画期的なレイヤーファブリック──ゴアテックス。

アウトドアフリークはもちろん、アクティブな生活を送る人なら誰もがお世話になっているであろう素材ですが、40年以上の歴史を誇り、時代とともに進化を続けるゴアテックスには、特性の異なる様々なタイプがあることをご存知でしょうか? 

また素材の進化に合わせてウエアの裾野も広がり、それぞれの機能性を活用したスタイリッシュなアイテムも続々登場しています。

というわけで、改めてその違いを心得るべく代表的な3つのゴアテックスの違いにフォーカスし、"ちょいアクティブ"な都市生活を送る大人にぴったりのアイテムをピックしてみました。

◆ ジーダブリューマーヴェリック

定番「ゴアテックス」生地を用いたハイテクライディングスーツ

▲ ジャケット4万8000円、パンツ2万4000円(ともにゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
ゴールドウインが2020年春に始動させたモーターサイクルウエアブランドより。ウール見えのナイロンポリエステルを表層に用いた、ベーシックな「ゴアテックス」仕様のライディングスーツです。

改めて考えると、昔ながらのライディングスーツ素材に革が用いられるのは、防風性や不意の雨への強さ、そしてタフネスが必要なため。これらを高次元で備え、なおかつ革の弱点たる"ムレ"を解消できるゴアテックスの生地使いは、実に理に叶ったものといえます。身体に沿う立体的なシルエットも美しく、街映えも申し分ありません!
PAGE 2
胸を止めるボタンにはマグネットボタンを採用。機能性を高めつつ、ミニマルなルックスを実現しています。アクションプリーツを備え腕の可動域を高めた背面には、ジップ開閉によるベンチレーション機能も装備。体温調節にも対応と、至れり尽くせりの高機能設計です。
ゴアテックスといえばコレを指す、最もベーシックな仕様のゴアテックス。降り注ぐ雨や雪から身を守る高い防水性や防風性を備え、なおかつ内部から発せられる水蒸気は、蛍石を原料としたフッ素樹脂からなるメンブレンの無数の孔(=水よりも小さく水蒸気より大きい)から放出してくれるため、悪条件下でも快適を保つことができます。一般的な登山であれば十分な性能を誇るので、特殊な用途でなければ最もバランスよくゴアテックスの醍醐味を味わえる仕様といえるでしょう。
PAGE 3

◆ デサント オルテライン

高性能を誇る「ゴアテックス プロ」仕様のハードシェル

▲ ジャケット6万9000円(デサント ブラン 代官山)
スタイリッシュなハイスペックウエアといえば!な人気ブランドより、ミニマルデザインにクールな趣溢れるハードシェルです。素材は「ゴアテックス プロ」仕様。

過酷な環境下を想定して開発されたものですが、バリッとした独特のハリ感を備えるそのタフな素材は、ドライな着心地のみならず、立体的なパターンを美しく描き出すことにも貢献。LEON的には、これを街使いすることにもロマンがあるかと。止水ジップで開閉する大ぶりのポケットはまた、手ブラのお出掛けにも何かと重宝すること請け合いです。
ジャケットの内部には、さらなる防風性を実現するベストのような前当てが。なお、過酷な環境下に対応するべく各種性能を高めた「ゴアテックス プロ」は、2020年の秋よりさらに頑強性、ストレッチ性、透湿性に特化した性能をもつ3種類の素材へと進化。うち本ジャケットに用いられているのは透湿性に特化した「ゴアテックス プロ モスト ブリーザブル テクノロジー」で、汗っかきにも安心です。余談ですが表示にある通り、ゴアテックス製品は洗えます!!
PAGE 4

◆ ホワイトマウンテニアリング

「ゴアテックス インフィニアム™」はデザインの高い自由度も魅力

▲ ジャケット9万円(ホワイトマウンテニアリング)
アウトドア要素をモードに落とし込む名手によるマウンテンパーカは、防風性に重きを置いた「ゴアテックス
インフィニアム™」を使用。落ち着いたブラックにして、異なる表地を組み合わせることで絶妙なニュアンスの変化が表現されています。またフードの下へさらに衿を備えたレイヤード風のデザインや裾のぐるりを囲むループのあしらいも、さらりと目を惹くアクセントに。さすがはホワイトマウンテニアリング、ガチな山仕様のそれにはない洒脱さが随所に光ります。
背面にはスナップボタン留めのポケットを2つ装備。身頃と背中の中央には、印象的な切り替えが入れられています。

高い防水基準が設けられた一般的なゴアテックス素材では、ステッチすべてに止水処理をしなければなりませんが、「ゴアテックス インフィニアム™」は防水ではなく、防風性および透湿性に重点を置いた素材。

そのためシームテープを必要とせず軽量性に優れるほか、デザインの自由度が高まるというメリットもあるんです。本作は、そんな素材の特性を最大限に活かした一着といえるでしょう。
PAGE 5
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560
デサント ブラン 代官山 03-6416-5989
ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        ゴアテックス、機能の違い知ってますか? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト