• TOP
  • FASHION
  • 【注目】センスのいい人が使い分ける、最新のセットアップとは?

2020.09.29

#リッチdeトゥモロー

【注目】センスのいい人が使い分ける、最新のセットアップとは?

オンとオフがシームレスになった近ごろは、セットアップの活躍の場が広がるばかり。各ブランドが群雄割拠で入り乱れるなか抜群の安定感を誇るのが、マッキントッシュ ロンドンの「フレックスジャージー」シリーズ。素材やデザインの幅が広がった最新モデルも見逃せません。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/大塚綾子

気負わず纏えてスタイルがキマるセットアップの快進撃は、今シーズンも止まりません。昨今はスーツに準じたジャケット×スラックスという組み合わせに留まらず、セットアップにも多様化の波が押し寄せ、ますます面白くなってきました。ビジネスマンから絶大な支持を受けるマッキントッシュ ロンドンの定番「フレックスジャージー」シリーズも、もちろんその例外ではありません。

伸縮性に優れた上質なジャージー素材を本格的なテーラーの技術で仕立てる同シリーズは、ブランドを代表するベストセラー。きちんと感と快適さを両立させた端正なセットアップは、これまでドレス寄りの展開でしたが今季はよりカジュアルなスタイルにもアプローチ。

ブルゾンやワークジャケット仕様の上着も登場して、オンオフを問わずニューノーマル時代のあらゆるシーンをカバーするラインナップになりました。もちろんカジュアルとはいえ、これまで通りリッチな佇まいやきちんとした見え方はキープ。ゆえにどう着こなしても、洒脱な大人の装いが完成するのです。
PAGE 2

ブルゾン×スラックスのセットアップが初登場!

▲ ブルゾン5万9000円、パンツ2万8000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)
一見スウェットのように見える素材は、上質なウールで編み上げたパイルメルトン。ブランケットのようなふくらみがあり、見た目以上に軽量で柔らか。かつ仕立て映えもするので、スタンドカラーの表情やパンツのシルエットも実に美麗です。

ハイゲージニットでリモートワークスタイルに

▲ ジャケット5万6000円、パンツ2万8000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)
襟周りや裾、袖口などを切りっぱなしで軽やかに仕上げたジャケットは、ベントのないワークジャケット仕様。パンツはリラックス感のあるテーパードシルエットに。柔らかく温かみのある濃紺の強圧縮天竺は、軽い着心地と品のある光沢が特徴。

深みのある繊細なグレンチェック柄がキモ

▲ ジャケット5万6000円、パンツ2万8000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)
柔らかな肩の作りがモダンな印象を与える「ニューブリッジ」には、国内に数台しかない特殊な機械で編まれたグレンチェック柄のニットジャージーを採用。ドローコード&バックシャーリングのパンツもストレスフリーです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ SANYO SHOKAI カスタマーサポート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【注目】センスのいい人が使い分ける、最新のセットアップとは? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト