• TOP
  • FASHION
  • ジージャンの大人な着こなしに、あの瀧川鯉斗が挑戦

2020.09.21

ジージャンの大人な着こなしに、あの瀧川鯉斗が挑戦

若者のデニム離れ、なんてことを最近耳にしますが、ファッション感度の高い人の間では、むしろデニム人気が爆上げ中です。なかでも注目はジージャン。ただし、その選びと着こなしには大人な一手が必要です。こちらの企画でも話題の落語家、瀧川鯉斗さんにモデルとして着こなしていただきました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/HIRO KIMURA(W) スタイリング/髙塩崇宏 ヘアメイク/向後信行(JANEiRO) 文/安岡将文 モデル/瀧川鯉斗

無骨さの中にも品の良さを漂わせることが肝要です

もはやドレススタイルにおいても馴染んだ存在となったデニム。昨今は、アメカジ&ヴィンテージ人気と共に、再び色落ちデニムへの注目も集まっています。その勢いを証明するのが、ジージャン人気。アメカジにおける象徴的アイテムですが、とはいえ大人が着る場合は、無骨さ一辺倒ではやはり難があります。ジージャンらしさを楽しみつつも、大人然として見える一手が必要です。

まず、着丈がやや長めなものを選ぶこと。昔ながらのジージャンは、裾がウエストより上にくるものも多く、そうするとどうしても土クサい感じになってしまいます。そして着こなしにおいては、品良くまとめること。オススメは白アイテムと組み合わせる方法で、例え色落ちしたジージャンにスウェットパーカを合わせたアメカジの典型的なコーデでも、パーカを白にすることでクリーンかつ品良く見えます。

無骨さと上品さの両立。これが、やんちゃな大人に似合うGジャンコーデの原則です。
PAGE 2

◆ブルネロ クチネリ 

ジージャンで作る都会的ドレスアップスタイル

▲デニムジャケット29万円、ジレ14万円、シャツ5万1000円、ベルト11万円、パンツ6万5000円、シューズ14万5000円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)
形はベーシックですが、ウエストポケット付きで素材はコットンではなくウール。軽い生地感に仕上げることで、ラフな腕まくりも可能。特殊な加工が施され色落ちしないので、上品な表情のまま長く使えます。シルエットは適度にゆとりを持たせつつも無駄がなく、ウエストコートに白シャツ&白パンツとのトラッドなコーディネートと合わせれば、実に品良い都会的なジージャンコーデが完成です。

◆RHC 

無骨な色落ちも、色次第では爽やかに

▲デニムジャケット4万6000円/RHC(RHC ロンハーマン)、パーカ2万9000円/ロンハーマン(ロンハーマン)、パンツ3万6000円/PT TORINO(ストラスブルゴ)、サングラス4万8000円/トム フォード アイウエア(トム フォード アイウエア)
色落ちしたインディゴブルーも、白パーカ&スラックスとなら爽やかなコントラストを描きます。本来ならタフで無骨な印象が強い色落ちですが、カラーリング次第ではこんなにライトな雰囲気になるんです。ややゆとりのあるシルエットから漂う抜け感もポイント。デニムでありがちな重たい印象を回避してくれます。
PAGE 3

◆ディースクエアード 

キャラ強めな一着も、白アイテムとならクールに

▲デニムジャケット10万9000円、シャツ4万7000円、パンツ5万円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京)
メリハリを効かせた、ヴィンテージ風味抜群の色落ちを披露するジージャン。そこに、60年代のアワードジャケットを想起させるワッペンカスタムや、ペンキ汚れ風のスプラッシュペイントを。イタリアブランドらしさが一目瞭然なキャラ強めのデザインですが、白シャツと白デニムで合わせれば大人顔にまとまってくれます。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

RHC ロンハーマン 0120-008-752
ストラスブルゴ 0120-383-563
ディースクエアード 東京 03-3573-5731
トム フォード アイウエア 03-6804-3652
ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300
ロンハーマン 0120-008-725

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ジージャンの大人な着こなしに、あの瀧川鯉斗が挑戦 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト