• TOP
  • FASHION
  • 【最新】 いま、センスのいい人のパンツといえばコレ

2020.09.22

【最新】 いま、センスのいい人のパンツといえばコレ

イタリアのパンツ専門ブランド「PT TORINO」より、新たな美脚パンツが誕生しました。腰周りからひざまではゆったり、裾にかけてシュッと細くなるシルエットのスラックスは、不良(ワル)さとエレガンスを兼備。大人世代にうれしい1本です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/静物・渡辺修身、スナップ・Astra Marina Cabras スタイリング/四方章敬 文/渡辺 豪

洋服のシルエットはその時代のファッション全体を表す端的な指標。トップスのフィッティングがタイトになればパンツも細く、クラシコのムードが高まれば腰周りはゆったりに……。一方でオーバーサイズのトップスがでてくれば、やはりパンツは細めでメリハリを、など。まあ、色々ありますが、ともあれ、いつなん時も我々としてはスタイル良くシュッと見せたいのが本音。パンツのシルエットは時とともに変われど不変の気持ちは、そこですよ。さて、皆さま、このパンツでシュッといきましょう。
カジュアル目線で作られた不良(ワル)パンなのです
▲ 腰周りからひざまでにゆとりをもたせたのがこの新シルエット“レベル フィット”。ジャケットも当然合いますが、カジュアルアウターなどとの相性を考えて考案された5ポケとスラックスの良さを併せ持つ一本なのです。いまなら白シャツとシンプルに合わせてもセクシーです。
3万9000円/PT TORINO(伊勢丹新宿店)
PAGE 2
「PT TORINO」のドメニコ・ジャンフラーテさんが新たに作ったこのパンツ、久しぶりに見ましたね、のノープリーツ。時代は巡ってきましたが、ちょっと違う。股上浅め、ワタリは太め、裾にかけてはユルやかにほっそりといった、ちょっと昔のノープリーツとは違う細ユル感は、いまどきのゆとりがあって大変によろしいかと。

シンプルにそぎ落とされた印象は、どこかディッキーズの874を彷彿とさせる不良(ワル)さも相まって……。と、スラックスでありながら奥にはやんちゃさも垣間見えるこちらの一本、いまどきのシュッとした下半身が手に入るオヤジの“不良パン”としてリコメンド。
2020年10月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

伊勢丹新宿店 03-3352-1111

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【最新】 いま、センスのいい人のパンツといえばコレ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト