• TOP
  • FASHION
  • 「眼鏡は道具である。」のフォーナインズの新作は、またも美デザイン♥

2020.09.30

#リッチdeトゥモロー

「眼鏡は道具である。」のフォーナインズの新作は、またも美デザイン♥

フォーナインズが掲げる今季のテーマは、「Think Next Standard」。幅広いカテゴリーと多彩なバリエーションで、メガネを求めるすべての人々のニーズに応えるココンチなら、貴兄に最適な一本が必ず見つかります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/大塚綾子

「Form follows function=形態は機能に従う」とは、かのフランク・ロイド・ライトにも多大な影響を与えたアメリカの建築家ルイス・サリヴァンが残した名言。「機能を追求した先には必然的な形態があり、それが優れたデザインになる」というこの思想が、建築のみならず、その後のモダニズムのデザイン指標となったのは有名な話。

この考えは「眼鏡は道具である。」というコンセプトのもと、視力矯正器具としての機能と品質を追求し続けるフォーナインズの姿勢にも重なります。それを裏付けるのが、独自に開発された機能性に基づく美しいデザイン。着用時の負荷を軽減してフィット感を向上させる逆Rヒンジや、包み込まれるような掛け心地を叶えるテンプルの形状などは、まさに用の美そのもの。

またフォーナインズを語る上で外せない幅広いバリエーションも、国産アイウエアのリーディングブランドとして、多様化したさまざまなニーズに応えてきた結果と聞けば納得です。そこで今回は、その多彩なラインナップに今季新たに加わった注目の3モデルをご紹介します。
PAGE 2

チラリなメタルで洗練された表情をメイク

▲ 4万3000円(10月下旬以降順次発売予定)/フォーナインズ
一体成型のメタルパーツをベースに、プラスチックのリムを組み込んだ「M-108」。上リムからわずか0.5㎜メタルが覗く立体的なフロントデザインによりクラス感がアップ。テンプルに加え、ブリッジにもさり気なくあしらわれた新アイコンのブロックパターンにも注目。

色気が滲むアイコニックなメタルフレーム

▲ 2万9000円(10月下旬以降順次発売予定)/フォーナインズ
フォーナインズが提唱するメタルフレームのニューベーシック「S-691T」。シンプルながら存在感のあるブリッジに繊細なラインを描くリム、智元のブロックパターンのコントラストが印象的。フレーム全体で頭部を包み込む、軽くストレスフリーな掛け心地もさすが。
PAGE 3

目元が際立つ繊細なグラデーション

▲ 3万5000円(10月下旬以降順次発売予定)/フォーナインズ
メタルの機能パーツを組み込んだネオプラスチックシリーズの新作「NP-46」は、8㎜厚の生地がフロントの強度を高め、安定感のある掛け心地を約束。上質で重厚感がありながらも決して重たく見えないのは、グラデーションカラーゆえ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ フォーナインズ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        「眼鏡は道具である。」のフォーナインズの新作は、またも美デザイン♥ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト