• TOP
  • FASHION
  • ザ・ノース・フェイスの薄マチリュックが便利すぎる?

2020.08.07

ザ・ノース・フェイスの薄マチリュックが便利すぎる?

この数年でビジネルスタイルもすっかり変わりました。セットアップやシャツも伸びたり、シワになりにくかったりという機能素材を使ったものが浸透しています。その流れでビジネスシーンに欠かせないのがバックパック。中でも機能的でコンパクトな薄マチタイプが新しい流れです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/小野塚雅之 文/T.Kawata

バックパックはもはやビズスタイルにも欠かせません

高い通気性や、はっ水性といった機能素材を使用したカジュアルスーツやシャツが当たり前になってきました。
その流れで浸透したのがバックパック。

いまや自転車通勤の皆様だけでなく、スーツにバックパックは不自然な存在ではなくなってきましたよね。特にゲリラ豪雨も想定されるこれからの季節は、ハンズフリーとなるバックパックが、何かと重宝するんです。

そんな諸々から使いやすくてスタイリッシュなバックパックが引き続き人気なのですが、今お探しなら、できるだけコンパクトでスマートな見栄えのものが理想的。もちろんPCやタブレットを安全に収納できるというのも必須条件ですよね。

そんな視点で気の利いたソレを探していたら、ザ・ノース・フェイスで、ぴったりのものを見つけちゃいました。薄マチですが、十分な収納力を持ったこちらをチェックくださいませ。
PAGE 2

◆ その1 シャトルデイパックスリム

オフィス街になじむ薄マチの黒ボディ

▲ H45×W27×D13cm 18ℓ 1万8000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
定番モデルのタウンユースバックパックとして、根強い人気を誇るのがシャトルデイパックです。今回の新作はそのスリムモデルバージョンというわけ。素材は高強度の1050Dのコーデュラバリスティックナイロンですので、耐久性の高さは折り紙付き。さらに使い勝手のいいスクエアシルエット、さまざまなガジェットを効率よく収納できる設計など、今回も安定感のある仕上がりになっています。さらにトップハンドルで手提げとしても使える2WAY仕様。
メインコンパートメントは開口が大きめの止水ジップ仕様。中はクッション付きでPCやタブレットを安全に収納できるんです。これなら、ふいな悪天候でも心配はいりませんね。そして、引き手もスタイリッシュにアップデートされています。
PAGE 3
上でご紹介した止水ジップ仕様のメインコンパートメントに加え、正面の上段と下段にジップタイプのポケットが用意されています。ともに内側にオーガナイザーを備えていて、こまごまとしたものを見やすく、機能的に収納することができるんです。
本体の右下にお馴染みのブランドロゴが静かに入っています。従来は四角い背景にロゴを抜いたデザインでしたが、今回はよりシンプルなロゴのみのプリントにアップデート。見る人が見れば、「お、新作じゃん!」と分かってもらえますよ。
PAGE 4
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ザ・ノース・フェイスの薄マチリュックが便利すぎる? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト