• TOP
  • FASHION
  • 半袖シャツをお洒落にこなすには「ワントーン」が決め手だった!

2020.07.31

半袖シャツをお洒落にこなすには「ワントーン」が決め手だった!

夏の週末の服装において、モテるオヤジのポイントは? それは楽チンとキチンとを両取りし、大人のリラックス感を演出できるかどうかなんですね。で、その際ミニマルなちょいモードが醸し出されるワントーンを巧妙に活用するのですよ。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/谷田政史(CaNN) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/竹石安宏

サラリッな半袖シャツこそワントーンでこなす

涼しく軽やかに羽織れる半袖シャツは、昔から夏の休日の鉄板ワードローブですよね。がしかしカジュアル色が強く、大人っぽく着こなすのはなかなかハードルが高いアイテムでした。そこでお試しいただきたいのが、ワントーンで全身を統一したちょいモードな着こなしです。

【01】 Beige

オヤジにこそ似合うリッチ&モードカラー

リッチな落ち着いた印象を抱かせるベージュ。モードテイストとも相性が良く、ワントーンでこなす半袖シャツにはもってこいかと。で、ブルネロ クチネリの新作シャツは、天然ホーン素材使用のスナップボタンやフラップポケットがウエスタン風味を醸しつつ、オープンカラーでボタンを開けてもサマになります。ほどよくフィットするレジャーフィットを採用。
▲ シャツ8万9000円、Tシャツ4万6000円、ニット12万5000円、パンツ6万5000円、靴13万5000円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス3万9300円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計226万円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)
PAGE 2
半袖シャツのオリジナルといえば、ミリタリーやワーク、サファリ、ハワイアンと、カジュアルなものがほとんど。強いカジュアル色はその名残であり、どうしてもラフになりがちなワードローブなんですね。とはいえ、半袖のサラリとした楽チンさやボタンを開けてもキマる胸元の開放感は、これからの季節にはやはり捨てがたいわけで。ここはひと工夫必要ってことで、今夏オススメするのが全身をワントーンで統一するこなしです。

色を絞ったミニマルな表情によりモードテイストが醸し出され、カジュアルさが中和されると同時に上品さもアップ。快適でサラリとしたリラックス感と、上品な大人らしさを兼ね備えた週末スタイルが完成するのです。しかも色合わせ不要で簡単であり、カラー次第で多彩な雰囲気の演出も可能。

ただし平板にならないよう、どこかにニット類を加えるのが鉄則です。節度はわきまえるけど、そのために気持ち良さや格好良さは妥協しない。そんなモテるオヤジにふさわしいこなしです。
PAGE 3

【02】 Black

軽快かつスタイリッシュにキメるなら黒

ブラックは都会的で洗練された雰囲気を醸したい時にぴったり。オーバーサイズなボディや5分丈の袖がいまどきな半袖シャツは、特殊な撚糸によって光沢を抑えたポリエステル製。清涼感と軽量性、ストレッチ性に優れ、夏も快適に羽織れます。
▲ シャツ2万4000円、Tシャツ(白)1万1000円/ともに5351 プール・オム(5351 プール・オム代官山店)、Tシャツ(黒)7800円/スローン、ニット3万円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ3万4000円/シュタイン(スタジオ ファブワーク)、メガネ3万3000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計556万円/ウブロ、靴1万8000円/Amb(ハイブリッジ インターナショナル)

【03】 Navy

正統派にして若々しいオトコの基本色

大人らしくも若々しく、知的な印象さえ漂うのが、ネイビーワントーンの利点でしょう。そんなネイビーがブランドカラーであるブルックス ブラザーズの半袖シャツは、英国ベアードマクナット社の誇るアイリッシュリネン採用。胸や腕をほどよく絞ったリージェントフィットにより、スマートに着こなせます。
▲ シャツ1万4000円、ニット1万6000円/ともにブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、パンツ3万3000円/セラードア(アントリム)、サングラス3万3200円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計260万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴9万5000円/サントーニ(リエート)
PAGE 4

【04】 White

気負わずラグジュアリーに白で勝負

難易度は高いながらも、今夏ぜひトライしたいのがホワイトのワントーン。上品なモードテイストに加えリッチなムードも十分であり、アイキャッチ効果も抜群ですね。オーバーサイズシルエットがいまどきなシャツはマンドの逸品。なめらかなレーヨンシルクの落ち感と相まって、優美なリラックス感を醸せます。ちょい長めのハーフスリーブもオヤジさんが着やすいポイント。
▲ シャツ2万9000円/マンド(スタジオ ファブワーク)、ニット2万9000円/ドルモア(バインド ピーアール)、ショーツ1万4000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、時計226万円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)、靴6万9000円/サントーニ(リエート)
2020年8月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アントリム(セラードア) 03-5466-1662
ウブロ 03-5635-7055
オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426
5351プール・オム代官山店 03-3461-1009
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922
スタジオ ファブワーク 03-6438-9575
スローン 03-6421-2603
ハイブリッジ インターナショナル 03-3486-8847
バインド ピーアール 03-6416-0441
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818
ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300
リエート(サントーニ) 03-5413-5333 
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL