• TOP
  • FASHION
  • 【実例】いまどきなセットアップの着こなし、3つのコツ

2020.07.06

【実例】いまどきなセットアップの着こなし、3つのコツ

暑い季節はついつい着こなしも簡素になってしまいがち。でもどうしようもなく暑いんですから、ソレで全然良いのです。要はJKとPTさえカッチリ揃っていれば無条件で誰もがお洒落になれるのです。そこで活用しなけりゃソンとなる、最旬便利な傑作セットアップスーツをご紹介いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Yu Fujiwara(@8and2)、静物・鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04)

頑張らなくても大人っぽく洒脱にキマります

なるべくサッパリした薄着で過ごしたい盛夏のシーズン。とは言えオトナですから学生っぽいルーズスタイルではNG。そこで昨今注目を浴びているのが、ジャケット&パンツの上下を共地にて仕立てたセットアップスーツですよね。

特に昨今はカジュアル化のトレンドも手伝って、芯地や裏地までも排した超軽快仕立てのセットアップが世界的に人気となっているのはご存じの通り。海外のファッショニスタたちもご覧のとおり、セットアップでのお出掛けが当たり前なんですね。

しかも皆さんプレーンなTシャツや開襟シャツ、それにスニーカーなど極めてカジュアルに着流してるんです。でありながら、上下共地効果により一定のキチンと感と洒落感がキープできちゃうわけで。これは実に便利で楽ちん至極。

ということで、涼しく軽快にしてシルエットも抜群の傑作セットアップスーツを集めてみました。
PAGE 2

◆ 着こなしのコツ1

今季マスターしたいスポーティMIXな装い

ネイビーのセットアップは非常にスタンダードな無地のもの。シンプルなTシャツを着込んだだけの装いですが、しっかり非の打ち所ないスタイル。もちろんジャストフィットであるからこそ、ダンディに仕上がっているところも見逃せません。余計な要素を入れ込まず足下も白スニーカーというチョイスが実に秀逸なんですね。これぞ理想のスポーティMIXです。

◆ 着こなしのコツ2

軽快にして大人の貫録も演出OK

シックに攻めるなら襟付きのドレスシャツにレザーシューズを合わせて。こちらも着こなし的には非常にスタンダードですが、ポケットにセンタープリーツを 持つセットアップは、どこかリゾートな洒落感が漂います。セットアップの持つカジュアル感に合わせて素足、そしてヒモ靴ではなくスリッポンというところがポイントです。
PAGE 3

◆ 着こなしのコツ3

ハズし小物を取り入れ個性的に着こなす

ストライプ・セットアップの持つクラシカルな雰囲気を逆手にとった、ハズし感ある着こなしの成功例。ツバ付きハットにカラフルなスニーカーの合わせが個性的なメリハリを生み出しています。プレーンなコーディネイトでも洒脱にキマるセットアップの装いですが、上級者はこんなテクニックにて遊んでいるんですよね。個性を演出しやすいところもセットアップスタイルの魅力です。

◆ その1 「ラルディーニ」

ブラックポリ製だからクール&スポーティ

▲ ジャケット11万円、パンツ3万4000円/ともにラルディーニ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
本格的なテーラードスタイルを得意とするラルディーニ。カジュアルな薄手セットアップもスマートでありながらオトナの品格を感じさせる仕上がりです。なかでもこの一着はバーニーズ ニューヨークがポリエステル100%素材でオーダーした別注品。スポーティな雰囲気も兼備しており多彩なシーンで着用可能です。基本的にはテーラード仕立てながら、パンツのウエストは伸び伸び穿けるギャザー式。撥水性や透湿性、それに通気性や防シワ機能も兼備しておりあらゆるシチュエーションで快適に着用できる仕上がりです。専用の収納パック付きゆえに出張や旅行用としても便利この上ナシ。
PAGE 4

◆ その2 「ボリオリ」

洒落たセンス漂うペールトーンで上品に

▲ 13万4000円/ボリオリ(三崎商事)
製品染めのスーツなど、モダンセンス溢れる高品質なアイテム作りで知られるボリオリ。このセットアップも繊細なペールグリーンが着る人のセンスの高さをさり気なくアピールする一着です。コットンをベースとした緻密なツイル生地を使用しており、適度な張り感を持ちつつ着心地の良いストレッチ性も味わえる仕上がり。製品染めならではの色落ち具合や独特のカラーリングゆえ、堅苦しくならず軽妙に着こなせるところが最大のポイントです。

◆ その3 「エルビーエム 1911」

仕事も遊びもコレ一着でOK!

▲ ジャケット7万4000円、パンツ2万7000円/ともにエルビーエム 1911(トヨダトレーディング プレスルーム)
イタリアで100余年の歴史を数えるルビアム社のカジュアルラインとして人気の高いL.B.M.1911。このセットアップはコットンリネンをメインとした味わいある素材使いの新作です。無地風ながらよく見ると細かい千鳥格子パターンが配されており、落ち着いたエレガンスも兼ね備えるルックス。胸のバルカポケットや本切羽、それに熟練の立体仕立てなど、軽快にしてしっかり大人の貫録がアピールできる高スペックの一着です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

三崎商事(ボリオリ) 03-5520-5011
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL