• TOP
  • FASHION
  • だらしなく見えない、大人なサンダル選びのコツ

2020.07.13

だらしなく見えない、大人なサンダル選びのコツ

あくまでシューズにこだわるなら、スリッポンやエスパドリーユもあり。でも、夏らしく開放的な雰囲気をより味わうなら、やっぱりサンダルでしょう。それでいて、白パンとなら大人然とした上品コーデが楽しめます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Yu Fujiwara(@8and2)、静物・鈴木泰之(Studio log)   スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

軽さを求めつつも、レザーで程よい重さを意識すべし

ただでさえ湿度の高い日本の夏。休日ぐらい、風通しの良いサンダルで足を開放してあげたくなるのは当然です。

開放感においてこの上ないサンダルですが、とはいえご近所のゆる〜いオジサンに見えるのはキツイですよね。そこはやはり、お洒落としてサンダルを楽しみたいところ。

というわけで、大人がいい感じになるサンダル選びを考えてみました。で、ポイントは、楽チンに走りすぎない、コレかなと。例えば合わせるパンツはラフなデニムやカーゴパンツではなく、クリーンで上品な白パンツ。そして履くべきサンダルも、レザーストラップを採用した上質で重厚感のあるものを選びたいところです。

この組み合わせなら、例えシャワーサンダルでも大人な品をキープできると思うわけで。さらにいうと、実はこの組み合わせ、今シーズン人気の総柄シャツやリゾートカラーのトップスと相性抜群だったりするんです。
つまり、ハマればヘビロテ間違いナシなのかと!

SNAP#1

重厚&軽快な足元は、ドレスリゾートにこそ合う!

よく見るとセットアップではないのですが、夏のリゾートスタイルで定番のオフホワイト揃え。ダブルを選ぶことであくまでクラシカルに装っていますが、とはえいえリネンのドライな生地感は実に清涼感があります。だから、足元もレザーサンダルで貫禄と軽快感を両立しているんです。
PAGE 2

◆SNAP#2

軽さに終始せず、程よく引き締めるのが肝心

オリエンタルな魅力を放つマスタードカラーのシャツに、クリーンだけど男らしいホワイトカラーのサファリジャケット。パンツもホワイトで合わせる中、足元はブラウンレザーのサンダルを。軽さを求めながらも濃い色を持ってくることで、ぼやけがちなホワイト上下が引き締まります。

◆SNAP#3

あえてを狙った大人の抜け感演出に好都合

シャツもパンツも爽やかなホワイトで統一しながら、ジャケットにはストライプのダブルを。ジャケットはゆったりとしたリラックスフィットで、色もモノトーンでまとめていますが、どこかチグハグな印象。でも、それが狙い。レザーサンダルと共に、抜け感演出のうちなんです。
PAGE 3

◆「サントーニ」

白パンでもデニムでも、上品サンダルの理想

▲ 10万2500円/サントーニ(リエート)
ここらしい艶っぽさは、サンダルにおいても相変わらず。上質感のあるスエードストラップをはじめ、スムースレザー製のフットベッドやレザーソールも、すべてベージュ系で統一。白パンツとで、品良い大人の足元を演出できます。馬蹄型のサイドバックルも然り、軽快感を楽しませながらもエレガントな印象に留めてくれます。

◆「デュカルス」

ラフになり過ぎないのはレザーゆえ

▲ 2万9000円/デュカルス(インターブリッジ)
カジュアルな印象が強いスライド。いわゆるスリッパですが、シボ入りの重厚感あるレザーならちゃんと大人顔に。ストラップが、ヒール側の深い位置にセットされている点や、スリムな白パンツとバランスの良い幅狭な点も、その理由に。フットベッドはスムースレザー。ヒールをドレス靴のようにレザーで積み上げることで、上質感をアピールしています。
PAGE 4

◆「リプロダクション オブ ファウンド」

見た目も出自もユニーク、それでいて実用的

▲ 1万5800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
独特な位置にホールを設けたこちら。ドイツ軍が1990年代に採用していたサンダルからインスピレーションを得たものとあって、確かに太ステッチに無骨さが宿ります。一方で、ストラップ部分にはイタリア製のスエードが。細かな起毛感が上質さを楽しませつつ、防水加工を施すことでミリタリーがアイデアソースな1足らしい実用性を享受できます。

◆「トウキョウ サンダル」

男心と洒落心を、同時に満たしてくれます

▲ 3万9800円/トウキョウ サンダル(ザ ブーツ ショップ)
ブーツ作りのノウハウを駆使した、頑丈にして健康的な履き心地を提供するサンダル作りで名高いブランド。そう聞くと、いかにも無骨でワイルドな印象を抱きますが、そのルックスはご覧の通り実に上質でスタイリッシュです。肉厚なカウステアレザーは確かに頑丈ですが、幅はスリム。エイジングを楽しみながら、白パンとで大人な足元も楽しめます。
PAGE 5

◆「三陽山長」

紳士靴由来の確かな作りが随所に

▲ 3万6000円/三陽山長(三陽山長 日本橋高島屋S.C.店)
ダブルモンクスタイルのストラップサンダル、その名も源兵(げんぺい)。きめ細かなカウレザー製のストラップは、白パンツと好相性なキャメルカラーに。高級感のあるゴールドカラーのバックルや飾りゴテに、ドレスシューズブランドのこだわりを感じます。クッション入りのフットベッドに加えてヒールに厚みを持たせることで、歩き心地も快適です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイ ファウンド  03-6434-7418
インターブリッジ 03-5776-5810
三陽山長 日本橋高島屋S.C.店 03-6281-9857
ザ ブーツ ショップ 03-3843-0833
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        だらしなく見えない、大人なサンダル選びのコツ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト