• TOP
  • FASHION
  • 大人なら知っておきたい、ミリタリーアウター選びのポイントとは?

2020.04.15

大人なら知っておきたい、ミリタリーアウター選びのポイントとは?

今季のトレンドとして再浮上しつつあるミリタリーですが、ただの武骨なジャケットに見えてしまうのは避けたいところ。いつものジャケット同様にさらりと着られるものがオススメ。クリーンで都会的に見え、この先も長く付き合えるアイテムを厳選しました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/小野塚雅之 文/川瀬拓郎

ミリタリーアウターがしっかり大人仕様になって帰ってきた!

メンズカジュアルに欠かせない要素である、ワーク、スポーツ、ミリタリー。その中でも、『タクシードライバー』や『トップガン』といった名画にも登場し、ユースカルチャーと密接に結びついてきたミリタリーアイテムは、多くの男性にとって特別な存在ですよね。
 
若い頃からM-65やMA-1などで慣れ親しんできた諸兄も多いでしょうが、大人になった今、ミリタリーに求められるのは上品さ。若き日のようにアウトローを気取るのではなく、最近のブラッド・ピットのような男の円熟味を漂わせたいもの。
 
そこでチェックすべきポイントですが、一つ目は信頼できるブランドであること。ほとんどのブランドでミリタリーを元ネタとしたアイテムが展開されていますが、その多くが過剰なアレンジが加えられていたり、トレンドに寄せすぎていたり。直球でも変化球でもないさじ加減が大人には重要です。
 
二つ目はクリーンでこなれた素材感。やり過ぎのダメージ&ユーズド加工は避けましょう。

三つ目に意識するポイントは、細すぎず太すぎずのジャストなサイズ感。オーバーサイジングが流行りですが、大人が着ると少々野暮ったく見えてしまいがちなので、避けるのが賢明でしょう。
 
こうした重要ポイントをクリアした、大人のミリタリーアウターを見ていきましょう。
PAGE 2

◆ その1 「カルーゾ」

ナポリのテーラリング技術が手がけるミリタリーブルゾン

17万8000円/カルーゾ(ワイルド ライフ テーラー)
M-65フィールドジャケットをベースにしながら、打ち込みがしっかりとしたコットン素材と、テーラーらしい立体的なシルエットでクリーンな印象にまとめているのがお見事。

背面のアクションプリーツやウエストのドローコードといった機能的なディテールを踏襲しつつ、首裏にはコーデュロイをあしらうことで着心地の良さも向上させています。

◆ その2 「カンタータ」

オリジナルに敬意を払いつつ、現代的な仕上がりに

11万円/カンタータ(カルネ)
素材から縫製まで職人技を駆使した、普遍的で上質な服作りを続けている日本ブランドから。こちらはM-65の初期型をベースに、ハリ感と撥水性を併せ持つ塩縮加工を施したコットンナイロンを採用。

身幅やアームを少し細身にすることで絶妙なバランス感に。オリジナルの良さはそのままに、素材とシルエットを現代的にアップデートしています。
PAGE 3

◆ その3 「バラクータ」

ブランドを象徴するディテールと機能性素材を投入

5万6000円/バラクータ(バラクータ カスタマーサービス)
ハリントンジャケットの代名詞的存在であるG9でお馴染みのバラクータからは、通気性と速乾性に優れたクールマックス素材を裏地に採用したフィールドジャケットを発見。

このブランドらしく、ドッグイヤーと呼ばれる首元のディテールとタータンチェックの裏地を、フィールドジャケットに落とし込んでいます。製品洗いによる風合いも大人にちょうどいい。

◆ その4 「バブアー × アークエアー」

本格ミリタリーブランドと老舗の英国同士のコラボ

5万8000円/バブアー アーク エアー(スープリームス インコーポレーテッド)※こちらは新宿伊勢丹限定カラーです
世界中の軍隊への納入実績を誇る、アークティス社の展開するアークエアー。同じく、第一次・第二次世界大戦において英国軍へ納入実績があるバブアー。そんな英国ブランドのコラボがこちら。

アークエアーの定番スモックジャケットをベースに、バブアーの定番作ビデイルのシルエットに近づけているのが特徴です。ちなみにフードは取り外し可能。
PAGE 4

◆ その5 「グレンフェル」

センスの良いアレンジで個性的なミリタリーに

16万3000円/グレンフェル(エディット ウェアハウス)
モッズパーカの愛称でお馴染みのM-51を、英国の老舗ブランド手掛けるとこんなに洒落た印象になるんですね。左胸にあしらったアーガイル柄はプリントではなく、別生地の切り替えと刺繍によってデザインされているという凝ったもの。

フロントはダブルジッパーにアレンジしてすっきりと仕上げ、威厳のあるショルダーラインを描くセットインスリーブというのもユニークです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エディット ウェアハウス 03-6256-0297
カルネ 03-6407-1847
スープリームス インコーポレーテッド 03-3583-3151
バラクータ カスタマーサービス 0120-165-006
ワイルド ライフ テーラー 0120-298-133

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON