• TOP
  • FASHION
  • 端切れを使って最高級スーツを作るとどうなる? エルメネジルド ゼニア XXXの回答が凄かった!

2020.04.02

端切れを使って最高級スーツを作るとどうなる? エルメネジルド ゼニア XXXの回答が凄かった!

昨今、様々な分野で浸透しつつあるサスティナブル。ファッション業界も、その一つです。環境に配慮しつつ、お洒落を楽しむ。その両立を、エルメネジルド ゼニア XXXが実現してくれました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

本来破棄される生地を無駄にせず、再度糸に復活!

2019-2020秋冬コレクションで打ち出し話題を集めた、エルメジルド ゼニア XXXによる「#UseTheExisting」プロジェクト。Existingとは、日本語で“既存の”を意味します。つまり、既存の原材料から新たな価値を生み出すことをテーマとした理念です。言わずと知れた、世界的な名門ファブリックメーカーでもあり、同時にラグジュアリーブランドでもあるエルメネジルド ゼニア XXXが手がけることから、サスティナブルという概念がファッション界においてもはや命題であることがわかります。

特徴は化学繊維だけでなく、ウールやカシミアといった天然素材もリサイクルしている点。今回ご紹介するスーツも、素材はウール100%です。こちらは、自社工場「アキル農場」で飼育される羊毛のみを使った生地「アキルファーム」を使用してスーツを作る際に生じる端切れなどを、新たに紡績し直したもの。無駄をなくすことで、資源を有効活用しているってわけです。再紡績といっても、そこは名門。そのクオリティに、見劣り感などありません。言われなければ、きっと気づかないでしょう。でも、それこそがサスティナブルの本懐。エコロジーを意識せず、当たり前に取り入れられることが大切なんです。
PAGE 2

再紡績といってもクオリティの高さは相変わらず

45万4000円/エルメネジルド ゼニア XXX(ゼニア カスタマーサービス)
オーストラリアにあるアキルファームで飼育される羊毛を原料とした生地は、エルメネジルド ゼニアの中でも貴重な存在。ご覧の通り、非常に繊細で美しい光沢を披露します。再紡績といっても、そのクオリティに差異はなし。サスティナブルに貢献しながら、名門エルメネジルド ゼニアの世界観を存分に堪能できます。
袖口はワンボタンを採用。それも、ボタンループを内側に配することで、表からはスムージーなルックスを表現しています。ループの端を少しだけはみ出させた遊び心にも注目です。
フラップポケットではなく、なんとブルゾンを思わせるラウンドポケットに。ステッチングによるデザイン性のアピールも、この一着が普通のスーツではなく、コンセプチュアリーであることを示唆しています。
PAGE 3
パンツはサイドに特徴的なベルトループが。長めの持ち出しも相まって一見クラシックに見えますが、バックポケット縁のデザインなど、やはりコンテンポラリーな要素が散見されます。

環境への意識だけでなく、デザイン性の高さにも注目

45万4000円/エルメネジルド ゼニア XXX(ゼニア カスタマーサービス)
#UseTheExistingの理念により生まれたスーツの見所は、生地だけにあらず。ラペルやポケットのデザインの特殊性にも、注目していただきたいものです。フォーマルやビジネスとは一線を画すコンテンポラリーなデザインは、サスティナブルが導く未来のスーツを予感させますよね。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        端切れを使って最高級スーツを作るとどうなる? エルメネジルド ゼニア XXXの回答が凄かった! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト