• TOP
  • FASHION
  • 女性が思わず触りたくなる♡ 冬のモテるアウターといえば?

2022.11.14

女性が思わず触りたくなる♡ 冬のモテるアウターといえば?

季節はいよいよ寒〜い冬。一年でもっとも人肌恋しくて、男女の距離ももっとも近づくうれしい時間の始まりです。当然、コレを利用しない手はありません。ここで最強の味方になってくれるのが、目にも肌にも暖かなシアリングアウターです。

CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/KEITA IIJIMA(mod's hair) 文/竹内虎之介(シティライツ)

ディスタンスの世の中になって早数年。特に日本はいまだ大いなる非接触時代のなかにあります。ですが、ものは考えよう。裏を返せば男性も女性も接触に飢えている時代ということです。これはオヤジにとってむしろ追い風、利用しない手はありません。そこでお届けしたいのが冬アイテムの王者ともいうべきシアリングアウターです。

理由はズバリ、女性の意識の奥に潜む接触欲をくすぐるため。例えばデートの待ち合わせの際、相手の男性がモフモフのシアリングを纏っていたら無意識についつい触れたくなってしまうはず……。

◆ ロエベ

贅沢素材をスポーティな味付けで料理

冬には冬の必勝スタイルがちゃ〜んとあるのです
お目当てだった彼女との待ちに待った初デートの日、待ち合わせの瞬間に“勝負あった”としたいなら、装いの主役はシアリングアウターでキマりです。その実即効性抜群ですよ。男性●ブルゾン60万9400円、ニット24万9700円、パンツ9万2400円/すべてロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)、サングラス7万2600円/マイキータ(マイキータ ジャパン)、時計59万4000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン) 女性●サングラス6万2700円/ブレーク・クワハラ(オブジェ・イースト)、そのほかはスタイリスト私物
オフホワイトのラムスキンシアリングを使用したハイネックジップフロントジャケット。キャメルカラーのカーフスキンパッチポケットとカーフスキントリムでアクセント添え。スポーティなデザインを贅沢素材でリッチに仕上げた一着です。
PAGE 2

【シアリングアウターの選び方】

シアリングアウターは女性の秘めたる"接触欲"を誘発し出会い頭の数秒を制する一着。なのでシアリング面が表側に出ていることが必須条件。これならリッチさも一目瞭然ゆえ、自動的にオヤジの格上げも叶います。
「カナージュ」をあしらったアイコニックなシアリング
ディオールを象徴する「カナージュ」モチーフをステッチワークであしらったラムレザーのシアリングジャケット。カナージュは「レディ ディオール」に数多く採用されるメゾンのアイコンモチーフで、ムッシュ ディオールの1stコレクションに使用されたナポレオン3世スタイルの籐編み椅子から着想を得た柄。130万円/ディオール(クリスチャン ディオール)

【選びの条件】

① 表側がシアリング
シアリングアウターは、女性が思わず触れたくなってナンボ。なので、モフモフのシアリング面が表側に現れていることが最大の条件。で、同時にリッチさも担保。

② カタチや色はなんでもOK
とにもかくにも質感が命のシアリングアウターゆえ、カタチや色は問いません。むしろ、どんなスタイルのアウターでもシアリングなら出会いを制する一着に。
PAGE 3

【基本のこなし方】

シアリングアウターはラグジュアリーであると同時に、どこか可愛げを感じる一着。それをあくまでリッチな大人のお茶目と魅せるためにも、こなしはシックで艶っぽくがお約束です。美脚なスラックスとドレスなブーツが理想のバランスを実現してくれますよ。

◆ ジョルジオ アルマーニ

カジュアル感を極上素材で包んだシアリングのCPO

黒スラ&ドレスブーツならもれなく大人の装いに
深いネイビーのシアリングアウターを黒スラと黒のサイドゴアブーツで。ドレスな黒の両者なら、アウターがどんな形、色であろうともOK。その懐の深さで受け止めつつ、艶っぽい大人のこなしに仕上げてくれます。ブルゾン95万7000円、ニット17万3800円、パンツ15万4000円/すべてジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、時計59万4000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、そのほかはスタイリスト私物
元来ラフなCPシャツをリッチなシアリングムートンで仕上げたネイビーの一着。シアリングはテディベアムートン仕上げで、スムースレザーのパーツには柔らかなラムレザーを使用。カジュアルさと贅沢な素材感、抜群の暖かさを備えたラグジュアリー極まるシャツアウターです。
2022年12月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

オブジェ・イースト 03-3538-3456
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
ブライトリング・ジャパン 0120-105-707
マイキータ ジャパン 03-3409-3783
ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116

この記事が気になった方は、こちらもオススメ!

PAGE 4

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        女性が思わず触りたくなる♡ 冬のモテるアウターといえば? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト