• TOP
  • FASHION
  • ジュエリーで胸、指、腕がなんだかエロ〜い

2022.10.18

ジュエリーで胸、指、腕がなんだかエロ〜い

新ちょい不良(ワル)オヤジは、エロさを匂わすことがポイント。なかでも、ジュエリーを上手に活用して、タダモノではない雰囲気を纏いましょう。

CREDIT :

写真/谷田政史(Cann) スタイリング/四方章敬、久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/竹石安宏(シティライツ)

新ちょい不良(ワル)オヤジは胸、指、腕がなんだかエロ〜い

新ちょい不良(ワル)オヤジのキモはエロさを匂わすことですが、その必須アイテムとしてまず押さえていただきたいのがジュエリーです。LEONの尽力で普及したとはいえジュエリーを付けたオヤジはそれだけでタダモノでない雰囲気を帯びるもの。

さらに秋冬でも肌が露出する胸元、指元、腕元を妖しく飾るジュエリーを添えればリッチさとエロさがそこはかとな〜く漂わせられるのですよ。

Technique 1 

チラ魅せネックレス

見え隠れするから気になって
妄想=エロスを掻き立てる
チラリズム効果を最大限活用


目線に近い胸元で輝くネックレスは、もっとも目につくジュエリー。その注目度を逆手に取るのがチラ魅せネックレスです。

会話のたびはだけた胸元で見え隠れする華奢なネックレスは、チラリズムの典型。で、否応なくエロスが発露するってわけ。

◆ ダンヒル 

小ぶりながらもアイキャッチ効果大

▲ ネックレス[18KYG]67万9800円、シャツ10万4500円/ともにダンヒル
ジュエリーコレクション「トランスミッション」は、自動車エンジンのギアボックスから着想。多面の幾何学構造が全方位に輝きを放ち、視線を引きます。
PAGE 2

Technique 2 

ポテリング

危ういイマジネーションが爆発する
オヤジの指元は
妖しくもマニッシュが正解


指にエロスを感じるのは「あの指で触られたら……」てな想像を抱かせるから。とりわけ男の指は男性自身とも重なるわけで。

とくれば、ハメるべきは太めのポテリングでしょう。妖しげな小指と触られる人差し指にすれば完璧です。

◆ ブルガリ 

名作ジュエリーにロックな不良(ワル)のテイスト注入!

▲ リング(太)[18KYG×ダイヤモンド]118万8000円、リング(細)[18KYG×ダイヤモンド]99万円/ともにブルガリ(ブルガリ ジャパン)、ジャケット15万4000円/タリアトーレ(ビームス 六本木ヒルズ)、シャツ1万9800円/アウール(アウール阪急メンズ大阪)、パンツはスタイリスト私物
スタッズモチーフが不良(ワル)なロックテイストを醸す「ビー・ゼロワン ロック」コレクションのリング。ダイヤの縁取りと多面のスタッズがあらゆる方向に輝きます。
PAGE 3

Technique 3 

艶チェーン

艶チェーンから透ける
日焼けしたオヤジの肌で
実にセクシーな腕元が完成


露出度は下がるのに、不思議と生脚より網タイツのほうがエロく見えるもの。そんな効果を応用したのが肌が透ける艶チェーンブレスです。透け感が強いやや大ぶりなコマがベター。また揺れるチャームで視線を誘うのも効果的です。

◆ ハリー・ウィンストン 

オリジナルブレスは注目度も抜群です

▲ ブレスレット[18KYG]63万8000円、チャーム(丸)[18KYG×ダイヤモンド]40万7000円、チャーム(四角)[18KYG×ダイヤモンド]100万1000円/すべてハリー・ウィンストン(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)、そのほかはP.085と同じ
透け感のある専用のチェーンに好きなチャームを組み合わせるチャームブレス。パヴェで引き立つHWロゴ、売上の一部が慈善団体に寄付されるシールドなどチャームの種類も豊富で個性ある腕元に。
PAGE 4

Special Column 

新ちょい不良(ワル)オヤジは腕元「パシャ」

名作ウォッチのレトロで
ちょいフェミニンな独創性が
ミステリアスな色気を演出


艶な腕元の仕上げに、ここではジュエリーと合わせたい時計をご紹介したいのですが、ちょい不良(ワル)な時計といえば、ゴツくて骨太なスポーツ系かギラリな宝飾系が思い浮かぶかと。

それらも当然アリですが、いまちょい不良(ワル)に魅せるなら、イチオシは意外やカルティエの「パシャ」なんですね。1985年に登場して一世を風靡した「パシャ」は、1930年代の防水時計がベースであり、当時流行したデザイン様式アール・デコに則った、直線と曲線を組み合わせたレトロフューチャーで中性的なデザイン。これが80年代のレトロ&フェミニンな流行にドンズバで大ヒットしたんです。

で、そんなレトロでちょいフェミニンな「パシャ」をあえていまオヤジが付けることで、得体の知れないミステリアスな色気=不良(ワル)っぽさを漂わせられるってわけ。アイコンであるカボション入りのリュウズカバーもミステリアスさを強調しつつ、カルティエの時計だとひと目でわかるポイントに。身に付ければ、高揚感に駆られるハズ。

◆ カルティエ 

アイコニックにして色っぽい独創的傑作

▲ 時計「パシャ ドゥ カルティエ」自動巻き、18KYGケース(41㎜)×ブレスレット。10気圧防水。157万800円、ブレスレット[YG]45万1000円、リング(細)[YG]33万円、リング(太)[WG×YG×PG]33万9900円、ネックレス[YG]108万2400円/すべてカルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)
1930年代開発の元祖防水ウォッチより着想を得た傑作モデルのこちら。リュウズカバーや鏡面ベゼルなど実にアイコニックな一本なのです。
2022年11月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アウール阪急メンズ大阪 06-6313-9889
カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
ダンヒル 0800-000-0835
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション 0120-346-376
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623
ブルガリ ジャパン 03-6362-0100

PAGE 5

こちらの記事もオススメ!!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        ジュエリーで胸、指、腕がなんだかエロ〜い | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト