• TOP
  • FASHION
  • 【検証】センスがいいと言われる人は、色の使い方が違った!?

2020.02.10

【検証】センスがいいと言われる人は、色の使い方が違った!?

ダークトーンになりがちな冬こそ、差し色使いの季節。しかも、意外なアイテムで差すのが効果テキメンなのです。ベルトや靴下といった、普段はコーディネートに色を揃えがちなアイテムを、1点だけポイントカラーにすれば、新鮮なイメージでコーディネートを引き立ててくれますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/水野陽介 文/池田保行(04)

差し色アイテムの1点使いで、冬のコーデがアップデートできます!

冬のコーディネートは、ドレスもカジュアルも無難なダークトーンでまとめてませんか? 

シャツにジャケットにコートと重ね着して、さらにマフラーやグローブなんかを組み合わせるのに「いちいち色柄の組み合わせを考えるの、めんどくさい!」というのもわかります。結局、ついつい同系色を重ねがちで、しかもそれが黒とかグレーとかになりがちなのも、致し方ないのかもしれません。

でもそれって、なんだか地味に見えがち。洋服に無頓着な人に見えたり、印象に残らなかったりしたら、ちょっともったいない気がしますよね。

そんなダークトーンでまとめがちな冬スタイルを、簡単にアップデートするなら、「一点色差しテク」を駆使することです。なんといっても1アイテムだけ色を足すのですから簡単ですし、しかもほどよく抜け感を演出できるので、オシャレに見せる効果も抜群です。相手の印象にも残りやすいので、モテにもつながるかもしれません。

ただし、1アイテムと言っても小物、しかも意外な小物に色を使うのが効果的です。たとえば、ドレス系ならソックスで、カジュアル系ならベルトで差すのがコツ。派手色を利かせるだけでなく、ワントーンにシックなカラーを一点入れるのもアリ。

試してみれば、今まで冬のスタイルに手を抜きがちだった方ほど、その効果のほどがわかるはずです。

● Coordinate 01 

冬にありがちな真っ黒コーデには、ベルトで色差しを

コート5万9000円/エストネーション、ニット3万3000円/フォンデル、パンツ3万2000円/ベルウィッチ(すべてエストネーション)、シューズ3万4000円/フットストック オリジナルス(ギャラリー・オブ・オーセンティック)
黒のニットに黒パン・黒アウターっていうオール黒の人、冬はとても多いと思います。でも、こういう人ほど一点色差しテクを使うのにうってつけなんです。

ニットの襟元に白Tを覗かせる分量に頭を使ったり、流行りの派手色スニーカーを買う必要もありません。おそらくお手持ちの、黒以外のベルトを使えばいいんです。

お持ちでなければ、今後も使えるので、ブラウンやベージュ、グレーなどグレスラにも合うようなシックな色目のスエードベルトを1点お求めください。これだけでオール黒の冬スタイルにワンポイントのアクセントがついて、お洒落にこだわってるように見えますので。

◆ ユナイテッド アローズ、イルミーチョ

スエードベルトは編み上げ系が新鮮です

右ベルト4万円/イル ミーチョ(トレメッツォ)、左ベルト2万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)
誰もがブラウンとブラックのレザーベルトはお持ちかと思いますが、よりカジュアルな雰囲気を醸してくれるカラーベルトがあれば、カジュアルスタイルはワンランクアップし、ドレススタイルにもハズしポイントとして機能してくれます。

とはいえ、いきなり派手カラーはさすがに使いづらいので、グリーンやベージュといったベーシックカラーに合わせやすい色目を選ぶのがオススメですよ。
PAGE 2

● Coordinate 02 

くるぶしにチラリと覗く派手色で、スーツをハズす

ソックス2900円/パンセレラ(真下商事)、スーツ11万7000円/ラトーレ(エディット ウェアハウス)、ニット3万6000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス)、シューズ4万5000円/山長メイド(ギンザ・タイムレス・エイト)、メガネ3万9000円/ディータ ランシエアー(ディータ 青山本店)
スーツに黒Tという着流しスタイルの場合、足元は黒か紺のソックスまたは、敢えての素足履きが一般的かと。そこをハズすのが、こんな派手色ソックスです。スーツに一点、派手色のポケットチーフを差す感覚で、カラーソックスを使うのが粋というもの。

派手な柄物ソックスをつかう手もありますが、無地の場合、原色系はもちろん、ケミカルカラーやパステルカラーなど、クラシックなスーツでは使わないような色を持ってきても、絶妙なスパイスになります。

◆ シックストックス 

コンセプトは「ソックスからその日のスタイリングを考える」

ソックス単品各1800円/シックストックス(ノーデザイン)
ソックスをスタイリングのメインアイテムに据える本気度が伺える、シックストックス。グラフィックデザイナーが「自分が履きたいソックス」をテーマに、シンプルでモダンなパターンとビビッドなカラーリングが取り揃えられています。ちなみに、日本の靴下生産の国内シェア6割を誇る奈良県で作られています。

色柄だけでなく、着圧を考慮して履きやすさも追求。カジュアルソックスにありがちな厚手のニットではなく、ビジネスソックスと同じハイゲージで編まれていることから、リピーターも多数なのだとか。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エストネーション 0120-503-971
エディット ウェアハウス 03-6256-0297
ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5808-7515
ギンザ・タイムレス・エイト 03-5537-612
ザ ソブリンハウス 03-6212-2150
ディータ 青山本店 03-6433-5892
トレメッツォ 03-5464-1158
ノーデザイン 03-6303-0866
バインド ピーアール 03-6416-0441
真下商事 03-6412-7081
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
【検証】センスがいいと言われる人は、色の使い方が違った!? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト