2020.01.22

白いタートルがインナー最強説

真冬にさらに買い足していいニットをご存知でしょうか? 「え⁉︎ もう1月なのに?」というツッコミを関係各所から受けそうですが、それを補っても余りある効果効能をもたらしてくれる万能の一枚が白いタートルネック。どんな冬アイテムにも着回しできますので、買って損はございませんよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8and2)、Massi Ninni 静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/持田慎司

白タートルが大人の七難を隠します

今シーズントレンドの英国的なチェック柄。スナップでもチェックのコートを愛用しているお洒落な方が多かった。こちらの御仁もベージュベースのチェックコートに白いパンツを合わせ、インナーを白タートルとしていることで、圧倒的な清潔感が漂います。この清潔感が大人にとっても大切なのです。
男は歳を経ても格好いい〜と唸ってしまうのが、スナップの常連ドミニコさんの着こなし。現在はパンツブランドのPTのディレクターなどされている方。オリーブグリーンのシブい色調のジャケットとブラウンのパンツですが、白タートルニットがすべてを洒脱に結びつけています。
ズバリ、今からでも買い足していいアイテムとは、白いニットです。

こちらはどんな着こなしにも合わせられて、首全体を覆ってくれるため巻物選びに悩む必要もなし。さらに顔周りに近い位置に白を持ってくることで生まれるレフ板効果によって、表情のシワやくすみをほどよく緩和し肌の色艶さえもよく見せてくれる。そんな夢のようなニットなのです。

その効果のほどは、上掲のお洒落な面々をご覧いただければ、なんとなく雰囲気が掴めるのではないでしょうか。今季トレンドでもある英国調のチェック柄やオリーブのダブルジャケットなどなど、ともすると合わせが難しそうなアイテムにも難なく合わせられ、さらには絶妙なヌケ感すらもプラスしてくれるとなれば、買い足さない理由は見つかりませんよね。

ちなみに選びはインナーに合わせやすいハイゲージからミドルゲージのものを選ぶのがよろしいかと。手編みのようなざっくりしたタイプですと着こなしがやや制限されるゆえ。ということで街で映える冬のホワイトタートルニット、逆に今買わないと後悔しますぞ。
PAGE 2

◆ オススメの白ニット その1「ジョン スメドレー」

まるでスウェット感覚で着こなせます

3万3000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
番手の細かい24ゲージならではの上品な表情にして、ほどよい厚みを兼ね備えた一枚。しかも光沢がありドレス感すら漂います。さらにゆったりとしたフォルムを採用することで、定番の型ながらモダンな雰囲気を纏ったのが、こちらの「Sweaterシリーズ」です。

◆ オススメの白ニット その2「マルコ ザニーニ」

トロけるような肌触りに、手放せなくなること必至

5万7000円/マルコ ザニーニ(カルタゴ)
カシミアシルクによる肌触りは、一度着たらヤミツキになること請け合い。素材本来の光沢がラグジュアリーな雰囲気を醸します。本企画内では一番薄手なので、ジャストサイズなジャケットの下に着ても着膨れする心配もありません。
PAGE 3

◆ オススメの白ニット その3「ジュンハシモト」

ミドルゲージのラフな見た目ながら実は軽くて柔らか

2万9000円/ジュンハシモト(ジュンハシモト 表参道ヒルズ)
紹介した3枚のなかではもっともざっくりとした編み地ながら、上質なラムズウールを採用したことで見た目に反した軽さと柔らかさを実現。適度な肉厚加減なので、インナーとしてはもちろん、一枚でもサマになります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カルタゴ 03-3562-2323
ジュンハシモト 表参道ヒルズ 03-5414-1400
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        白いタートルがインナー最強説 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト