• TOP
  • FASHION
  • 今季、リッチなブランドで 「ベルテッドコート」が揃い踏み!

2019.12.11

今季、リッチなブランドで 「ベルテッドコート」が揃い踏み!

グッと冬めいてくると、いよいよコートの出番。今季は、ラグジュアリーブランドから続々とユニークな“ベルテッド”コートがリリースされています。メゾンの伝統と革新が打ち出された珠玉のコートなら、大人のオトコの色気とエレガンスを纏えますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・黒沼 諭(aosora)、静物・新垣隆太(piledriver) スタイリング/坂井辰翁  文/竹内虎之介(シティライツ)

ここ数シーズン徐々に増えつつある傾向にあったベルテッドコートですが、今季はまさにその旬がピークを迎えているのをご存知でしょうか。それを証拠に、あらゆるラグジュアリーブランドから贅を尽くした個性的な一着がリリースされています。そう、”買うならいま!”なのですよ。

◆ ルイ・ヴィトン

シアリングに"モノグラム"をオン

ラムシアリングにレーザーカットでモノグラム・モチーフを描き出したベルテッドコート。バスローブシェイプのゆったりとした長丈フォルムがリラックスしたムードを放ちながらも、素材使いの妙によってラグジュアリー感はしっかりキープ。この辺りの絶妙な塩梅はヴァージルならではです。
208万円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 2

◆ フェンディ

ファーとウールフリースのコントラストの妙

ボディにはアウトドアにも使用されるウールフリース素材、そして襟周りにはラグジュアリーなミンクファーというテイストの異なる素材を用いることで二面性を表現。それをクラシックなデザインに落とし込むことで、ハイブリッドな一着に仕上げました。上品なラテカラーが、オヤジのシブみを色気へと昇華します。
69万円/フェンディ(フェンディ ジャパン)

◆ ジョルジオ アルマーニ

御大の大好物を詰め込んだ意欲作です

襟から前身頃の内側にかけてはベルベット生地の比翼合わせ、一方ボディには、ネイビーカラーのウールストレッチキャバリーツイルを採用。まさにアルマーニ御大が思い描く理想の素材と色を巧妙に組み合わせた本作には、薄い中綿もあしらわれており、使い勝手までヌカリなく考慮されています。
51万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
PAGE 3

◆ サンローラン

ゆかりのある一着を極上のラムスキンで

1962年に初めてウィメンズのオートクチュールコレクションでムッシュ イヴ・サンローランが発表し、67年には映画『昼顔』でカトリーヌ・ドヌーヴのためにも製作された同社のアイコン、トレンチコートをしなやかなラムレザーによってマスキュリンにアップデイト。
59万円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)
2019年12月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

サンローラン クライアントサービス 0120-952-746
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        今季、リッチなブランドで 「ベルテッドコート」が揃い踏み! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト