• TOP
  • FASHION
  • マッキントッシュのゴム引きコートが、ジル サンダー+とのコラボで生まれ変わった!

2019.10.29

マッキントッシュのゴム引きコートが、ジル サンダー+とのコラボで生まれ変わった!

デイリーにおいてリアルなクロージングが求められる昨今。ベーシックやリラックスといったキーワードに注目が集まる中、ジル サンダーによる提案はまさしく芯を捉えたものと言えるでしょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

新ラインから登場した、クラシック×モダンなコラボトレンチ

今シーズンからスタートしたジル サンダーの新ラインとなる「ジル サンダー+」。末尾はプラスと読み、ジル サンダーお馴染みのミニマルで洗練されたデザインを踏襲しながらも、「都会から抜け出した暮らし」をコンセプトに、肩の力が抜けたニュートラルなデザインを展開しています。
 
そんな新ラインから、注目のコラボアイテムが登場しました。手を組んだ相手は、あのマッキントッシュ。マッキントッシュといえばゴム引きコートでお馴染みですが、今回のコラボでもゴム引きを採用しています。ご紹介するのはトレンチコート。英国クラシックを象徴するアイテムですが、その仕上がりはジルサンダー+のコンセプトをまさに体現した、クリーンでニュートラルな印象です。

英国クラシックがトレンドの昨今ですが、コスプレにならないようモダンな要素を取り入れることが命題。ならば、ジル サンダー+×マッキントッシュのトレンチコートなんて、打ってつけではないでしょうか。
PAGE 2

◆トレンチコート 

渋さや貫禄よりも、品良くクリーンなトレンチです

44万3000円/ジル サンダー+(ジルサンダージャパン)
フーデッドコートに続きリリースされるトレンチコート。ゴム引きならではのハリのある生地感はそのままに、ガンフラップやエポレットを排除することで、極力シンプルに仕上げています。袖口のベルトも、スナップボタンでミニマルに。何より、ホワイトでの提案にジル サンダー+らしさが表れています。
背中は生地を2重にしたアンブレラヨーク仕様に。内側の生地にはベンチレーションホールを設け、コート内の蒸れを逃しています。縫製部分にはシーリング加工が。
ジル サンダー+らしさが表れる、細身のシルバーカラーバックル。メタルボタンも装飾を施さずソリッドに仕上げることで、ニュートラルな雰囲気を演出しています。
PAGE 3

◆シャツジャケット 

その色味も然り、ゴム引きシャツって新鮮です

29万4000円/ジル サンダー+(ジルサンダージャパン)
ゴム引き生地を採用したシャツジャケット。コートの印象が強いマッキントッシュだけに、シャツでの提案は新鮮です。トレンチコートのホワイトと同様に、ライトベージュがクリーンでベーシックな印象。フロントはスナップボタンで、シルエットはゆったりとしたドロップショルダーに。ユニセックスで着ることができます。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ジルサンダージャパン 0120-919-256

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        マッキントッシュのゴム引きコートが、ジル サンダー+とのコラボで生まれ変わった! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト