• TOP
  • FASHION
  • 冬アウターはここまで進化した! 発熱するコートの秘密とは?

2019.11.04

SPONSORED

冬アウターはここまで進化した! 発熱するコートの秘密とは?

今年の冬は、平年よりやや暖かいと予想が出ています。そこで困るのがアウター選び。比較的暖かい日にも、不意に訪れた寒い日にも、両方対応できるアウターが理想です。そんな一着、エストネーションで見つけました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・筒井義昭 静物・島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 ヘアメイク/向後信行(JANEiRO) 文/安岡将文

春、秋、冬、そして真冬まで使える最強アウター

昨今のファッションにおいて、不可欠な要素となっているのがハイテク機能です。ストレッチや防水透湿などなど、かつてはアウトドアやスポーツウエアで採用されていたハイテク機能が、今ではドレスシーンにおいても浸透。もはやファッションはスペックで語る時代になったと言っても過言ではありません。そんな中、今回ご紹介するエストネーションからリリースされたステンカラーコートは、まさにその最前線と言えるアイテムです。

最大の見所は、ヒーター機能を有していること。ダウンやハイテク保温材は、基本的にカラダからの熱を留めておくもの。自身で暖かくなるわけではありません。よって気温が極度に低下すると、外気の冷たさに影響されて十分に保温性能を発揮できなくなることも。しかし、このステンカラーコートには電源付きのヒート盤を内蔵したダウンライナーを採用。それにより、コート自らが暖かくなってくれるんです。これ、無茶苦茶暖かいです。なにせ、体温+ヒーターのダブルコンボですからね。

これは、高品質なインナーダウンを提案する日本発のブランド、タイオン エクストラとのコラボで実現したもの。ダウンライナーは取り外しができ単体でも使えるので、春、秋、冬、そして真冬と幅広いシーズン&気候に対応できます。この一着があればこの冬のアウター問題はおおよそ解決。まさに最強アウターなんです!
PAGE 2

◆タイオン エクストラ×エストネーション 

ただ機能的じゃない! ビジネスでもちゃんと映える上質さ

コート5万9000円/タイオン エクストラ×エストネーション(エストネーション)
コートにはイタリアの高級ナイロンメーカーであるリモンタ社製を用いることで、カジュアルからビジネスまで大人コーデ全般で活躍してくれます。フードは着脱可能で、外すとベーシックなステンカラーコートに。シーズンや気温だけでなく、着用するシーンにおいても幅広く重宝します。

秘密はこのダウンにすべて隠されている!

これが、ヒーター機能を内蔵したダウンライナー。袖無しですが、体温+ヒーター機能の合わせ技により、暖かさは十分です。使用するダウンも、850FPを発揮するホワイトグースですしね。さらに、やや長めの着丈が腰まですっぽりと覆ってくれます。ダウンが片寄りにくいブロックキルトを採用する点にも、暖かさへのこだわりが感じられます。
PAGE 3

(1)コート&ダウンベスト 

ヒート盤との併用で、ダウンライナー付きでもスッキリシルエットに

コート5万9000円/タイオン エクストラ×エストネーション 、ニット2万1000円/グランサッソ、パンツ2万8000円/ジャブス アルキヴィオ、シューズ7万1000円/ソロヴィエール(以上エストネーション)
コート自体は、実にベーシックなデザイン。リモンタ社製のナイロンは程よい光沢で、品の良さと高級感を示してくれます。ダウンライナーは、ヒート盤との併用により温かさの向上に加えて、厚みを抑えられるのも魅力。だから、こんなにもスッキリとしたシルエットにまとまります。

(2)コートのみ

ダウン&フードのアレンジで、3シーズン活躍とコスパも高し

コート5万9000円/タイオン エクストラ×エストネーション、スーツ25万4000円/サルトリオ、シャツ1万8000円/エストネーション、ネクタイ2万7000円/アット ヴァンヌッチ(以上エストネーション)
カジュアルではフード付き、ビジネススーツに羽織るならフードを外してステンカラーコートに。ダウンライナーは着脱式なので、冬だけでなく秋と春にもと幅広いシーズンで活躍してくれます。
PAGE 4

(3)ダウンベストのみ

ダウンライナー単体使いで、他のコートもあったかコートに

ダウンベスト5万9000円(コートとのセット価格)/タイオン エクストラ×エストネーション、コート5万8000円/エストネーション、ニット3万8000円/カルーゾ、デニムパンツ3万5000円/PT05(以上エストネーション)
着脱式のダウンライナーは、単品使いはもちろん、他のコートのミドルインナーとしても使えます。ノーカラーデザインとあって、幅広いコーデにマッチ。コストパフォーマンスの面でも嬉しいですね。

(4)マフラー

ライナーから外したダウンマフラーで首元あったか

コート5万9000円/タイオン エクストラ×エストネーション、スーツ25万4000円/サルトリオ、シャツ1万8000円/エストネーション、ネクタイ2万7000円/アット ヴァンヌッチ(以上エストネーション)
裾部分のジップを外してマフラーにもなるダウンライナー。マフラーとして使う場合を想定して、裏面には肌触りの良いフリースが配されています。もちろん、ダウン入りなので温かさは格別。
PAGE 5

機能性はそのままに、アクティブなミドル丈もラインナップ

ブルゾン5万6000円/タイオン エクストラ×エストネーション、ニット2万3000円/エストネーション、パンツ2万8000円/ジャブス アルキヴィオ(以上エストネーション)
スペックを同じくした、着丈が短いブルゾンタイプも展開。ただし、フードは一体型、さらに腰下のミドル丈とあってジップで外すとマフラーになるダウンライナーの裾部分は付いていません。つまり、よりスポーティってことです。
※掲載商品は税抜です

■ お問い合わせ

エストネーション
TEL/0120-503-971
URL/https://www.estnation.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL