• TOP
  • FASHION
  • 【提案】この冬一番イケてるスーツの着こなし

2019.11.22

【提案】この冬一番イケてるスーツの着こなし

大人の男がここ一番でキメるときは、やっぱりスーツですよね。そこでコーディネートが古クサかったら、せっかくのスーツ姿も台無しに。最旬のテクを押さえておけば、いつ何時でも主役になれるというもの。そんなスーツのこなし方を解説いたします。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

冬のスーツはモダンなグレーか、大人の艶を醸すブラウンか

いまやメンズファッションは、モードもクラシックもストリートカジュアルの潮流が高まっていますが、大人の男がドレスアップして臨むここ一番の席には、やっぱりスーツは欠かせませんよね。大きな仕事のプレゼンテーションや契約の席、パーティやレセプション、注目を浴びる登壇時など、やはりここはスーツでないと、という場は社会的なステイタスの高い方ほど多いはずです。

特別な場所で着るスタイルだからこそ、スーツはアイテムそのものはもちろん、コーディネートも常にアップデートして最新を知っておきたいもの。

では、いまどきのスーツコーディネートは、どのようなスタイリングが最旬なのでしょうか?

まずビジネスにもフォーマルにも着られるグレースーツは、ネイビースーツよりもスタイリングがトレンドに左右されやすいため、最旬コーデを押さえておきたいところです。かっちりした印象の仕立ての硬いスーツや、パステルカラーのネクタイ合わせは、やや古臭い印象なのでやめておいた方がベター。

続いて、トレンドカラーとして注目を浴びるブラウンのスーツも見逃せません。最新のスーツを知っていることは、つまり情報のアップデートがきっちりできていることですので、ビジネスの場でも高評価になるわけです。

というわけで、定番とトレンドのスーツのスタイリングのコツを、それぞれお見せいたします!

● Coordinate 01 

モノトーンでまとめれば、グレースーツがモダンに引き締まる

スーツ13万6000円/ラルディーニ(ビームス 六本木ヒルズ)、シャツ3万6000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール)、タイ5万円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ)、メガネ3万3000円/アヤメ、バッグ3万円/クルーツ(エストネーション)、時計97万円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)、ベルト2万7000円/シャンボール セリエ(八木通商)、靴7万円/パラブーツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、チーフはスタイリスト私物
お硬いイメージに見えがちなグレースーツ。地味見え回避のつもりで、カラフルなタイを合わせた日には、かえってダサ見えしてしまいますので注意が必要です。

そこで、グレースーツのイケてる着こなしに必要なポイントを3つご紹介しましょう。

まず気をつけたいのは、グレースーツ選びです。硬い芯地と分厚い肩パッドを使ったスーツは、昭和のサラリーマン然としてしまうので絶対にNG。手縫いの味わいが残る、薄仕立てでソフトなものを選ぶことで、硬い印象を和らげることができます。

次に、シャツは必ず白シャツを選びます。サックスブルーや、薄いピンクやイエローなどのカラーシャツも似合わないことはないのですが、色のトーンのバランスによっては、かえって印象がボケるので避けたほうがいいでしょう。

3つめは、タイを黒無地にしてキリリと引き締め、全体をモノトーンでまとめること。こうすれば間違いなくモダンなルックスに仕上がるのでおすすめです。
さらにグレースーツをスタイリッシュに着こなすポイントとして、黒い小物使いが鉄板です。各部で着こなしにメリハリがつき、グレースーツもモダンかつスタイリッシュに着こなせます。

黒タイはお葬式にならないよう、サテン系の光沢ブラックは避けましょう。ここではカシミヤのセッテピエゲタイが、胸元をふわりと彩っています。

眼鏡や時計、鞄や靴なども黒で統一。とくに時計は文字盤が白、ベルトが黒といった具合いに、バランスよく配分するのがポイントです。

ベルトと靴は革の質感を揃えるのが基本ですが、シボ革の靴にはシボ革ベルトでなく、スムースやエキゾチックなど、あえて色だけ揃えて素材には差をつけるテクも、お洒落がわかっている風でオススメです。
PAGE 2

● Coordinate 02 


トレンドのブラウンスーツには、同系色にボルドーで艶を加味

スーツ9万8000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、シャツ2万5000円/ボリエッロ(ビームス 六本木ヒルズ)、タイ1万6000円/ステファノ ビジ(バインド ピーアール)、バッグ12万5000円/フェリージ(フィーゴ)、時計80万8000円/ジャガー・ルクルト、ベルト4万5000円/エドワード グリーン(トレーディングポスト青山本店)、靴19万8000円/ジョンロブ(ジョンロブジャパン)
今季のトレンドカラーでもあるブラウンのスーツは、「老け見えする」と敬遠する方も多いのですが、実はブラウンはグレイッシュなものから赤みの強いものまで様々なトーンがあって、シックなものから艶っぽく着こなせるものまで選択肢が広いのです。

合わせる色によっても印象が異なるので、あれこれとコーディネートを考えるのもブラウンを着る楽しみでもあります。

そんなブラウンスーツをお洒落に着こなすポイントは2つ。

ひとつは同系色でまとめて他色を使わないことです。同系色使いはグラデーションカラーといって、鉄板のカラーリングテクですが、とくにブラウンの場合はバリエーションが多数なので、あえて多様なブラウンを組み合わせることによって立体感ある着こなしに仕上がります。その際、素材も様々に組み合わせればメリハリがつきます。ウールのスーツにシルクのタイ、レザーのベルトや靴など、ブラウンを重ねることでブラウンコーデが単調にならず洒脱さも増していくのです。

ふたつめは、ポイントカラーに赤系の色味を使うこと。ブラウンには赤やオレンジ、ボルドーなど、赤味の強い色味が似合いますが、なかでもボルドーは最強です。その詳細は以下で解説いたしましょう。
茶系と相性の良い色として、とくに大地の恵みの色・ボルドーが挙げられます。そもそも土の茶色と実りの色であるボルドーは自然界に共存する色として相性が良く、芳醇で豊かな印象を漂わせます。

なかでも革小物のボルドーは上質な素材でなければ醸せない色。ゆえに自然とリッチで上品かつエレガントな印象を醸すのに最適なのです。

ボルドーをブラウンの差し色として組み合わせれば、誰でも簡単に大人の色気を薫らせることができますので、ぜひお試しください。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アヤメ 03-6455-1103
エストネーション 0120-503971
ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922
ジョンロブジャパン 03-6267-6010
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
バインド ピーアール 03-6416-0441
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フィーゴ 03-5772-8348
八木通商(シャンボール セリエ) 03-6809-2183
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
レガーレ 03-6805-1773

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【提案】この冬一番イケてるスーツの着こなし | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト