• TOP
  • FASHION
  • ジャケット×軍パンが大人にぴったりな理由とは?

2019.10.03

ジャケット×軍パンが大人にぴったりな理由とは?

ミリタリーの定番アイテムのなかでも根強い人気を誇るのが軍パン。カーゴ付きのいかにもな見た目が男っぽいですが、大人なら上品に着こなしたいもの。この秋、ジャケットと合わせたい個性豊かな5本をご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/石井 良

軍パンは上品に着こなすとぐっと大人っぽいのです。

秋冬になると浮上するミリタリートレンドの流れ。ここ数年は軍パンに熱い視線が注がれていて、特に軍パン(カーゴパンツ)は、今や多くのブランドがサンプリングしていることでも知られています。つまり、ブランドごとの解釈でさまざまなスタイルが生まれているんですね。
 
この軍パン、なぜそこまで多くの人を虜にしているのかといえば、やはり使い勝手の良さでしょう。細身ならスタイリッシュに、太めなら男くさく。この振り幅の広さには、チノパンだって適いません。
 
とりわけオススメしたいのは、ミリタリー色の強いカーキの軍パン。ちょっと土臭い雰囲気をドレッシーなシャツやジャケットで着こなせば、振り幅を存分に生かせます。上品なだけのつまらない男でもなく、かといって男くさいだけの野暮ったい男でもない、絶妙な洒落感を生み出せるのが軍パンなのです。
PAGE 2

◆ジェルマーノ 

イタリアの老舗が作るとこうなります

3万9000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)
丸くて小振りなカーゴポケットが真っ先に目に入るこちらは、柔らかそうな風合いからもわかる通り素材にウールを採用。光沢感があり、それも上品さをもたらしてくれるポイントですが、なによりメイド・イン・イタリーらしい絶妙なシルエットが魅力的。裾もはダブルで、ボリューミーな靴とも好相性です。
パンツ3万9000円/ジェルマーノ、シャツ2万3000円/ギローバー(ともにバインドピーアール)、チェックジャケット8万6000円、ジレ3万円/ともにタリアトーレ(トレメッツォ)、スニーカー3万7000円/ヴァルスポルト(チンクエ ステッレ)
カーキと好相性なデニムシャツにチェックのジャケットを羽織ったコーデ。カジュアルな中にも上品な男っぽさをしっかりと演出できます。これでチノパンだと物足りなさを感じてしまうかも知れませんが、そうならないのは軍パンのおかげなのです。
PAGE 3

◆ベルウィッチ 

ディテールに無骨さが宿ったワイドなカーゴ

2万8000円/ベルウィッチ(アマン)
洗いが掛かったような柔らかい生地感で履き心地も良い1本。カーゴポケットはマチが広くとられており、角張ったデザインが無骨な印象を演出してくれます。全体的に何年か履き込んだようなエイジング感があり、腰部分の金属のアジャスターも雰囲気抜群です。

◆GTA 

控え目なカーゴポケットだからスッキリ履けます

2万9000円/GTA(ビームス 六本木ヒルズ)
テーパードシルエットながら、腰回りはややゆったりさせることで履き心地も考えたカーゴパンツ。そのスマートさとは裏腹に、ボタンにかすれた風合いを取り入れるなどビンテージ感あるディテールも魅力。厚手のコットンポリを使っているからタフに長く履けそうです。
PAGE 4

◆インコテックス 

旅先で大活躍してくれるパッカブル仕様です。

3万7500円/インコテックス(スローウエアジャパン)
片側だけに採用したカーゴポケットに折り畳んで収納できるという現代的な1本。もちろん軽量素材で出来ていて、ストレッチ性もあり快適。9分丈裾は後ろ側のみリブになっていて、スポーティに着こなせます。もちろん上のジャケットもラインナップされているので、合わせればなお良しです。

◆ペンス 

街が似合う細身のカーゴといったらこの1本

3万5000円/ペンス(エストネーション)
切り替えを巧みに使い、立体的なシルエットに仕上げたペンスのカーゴパンツ。細身ゆえどんなジャケットとも合わせやすく、街で履きやすい1本です。ステッチにブルーの糸を使うなど、洒落ポイントがあるのも、履く人を楽しませてくれるエッセンスのひとつになっています。
※掲載商品は税抜です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
エストネーション 0120-503-971
スローウエアジャパン 03-5467-5358
チンクエ ステッレ 03-6721-0970
トレメッツォ 03-5464-1158
バインド ピーアール 03-6416-0441
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL