• TOP
  • FASHION
  • 【話題】 今季、「ヘルノ」の新作アウターがさらに進化した件

2019.09.25

SPONSORED


【話題】 今季、「ヘルノ」の新作アウターがさらに進化した件

今季も「ヘルノ」のアウターの進化が止まりません。サルトリアル感を前面に押し出したラミナーは、ハイテクなオリジナル素材のものが勢揃い。お洒落で高機能なコートやジャケットが、大人の上質な冬スタイルをお約束しますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/Takuya Baba(SEPT) 文/竹内虎之介(シティライツ)

「ヘルノ」の革新的なラミナーによって、我々は"大人のハイテク"という新たなスタイルを手に入れました。でも、本当にスゴイのはラミナーがその進化を止めないところ。なにしろ今シーズンは一瞬ハイテクに見えないハイテクが続々と登場。生粋のイタリアブランドたるヘルノならではの進化が、凄まじく新しいのです。

■ New Point

色彩が新しい!

今季のラミナーには、ヘルノの真骨頂たるサルトリアル感を前面に打ち出したオリジナル素材のラインナップが新登場。その素材感は、まさにクラシック。ラミナー自慢のハイパフォーマンスはそのままにシックな色彩を纏えるのです。
コート20万5000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、ニット2万3000円/エストネーション、パンツ3万7000円/PT01(ビームス 六本木ヒルズ)

リッチなカシミア混の
高機能フーデッドコート

カシミア混ウールのオリジナルファブリックを用いた千鳥格子柄のコート。従来のラミナー同様に撥水性を備えたハイテクな一着でありながら、見た目はクラシック。このギャップこそ新生ラミナーの最大の魅力です。結果、エレガントな装いを楽しみつつ、スポーツウエアさながらのハイパフォーマンスを享受できます。
PAGE 2

「サルトリアル エンジニアリング」が
新たに"可能"にしたこと

【01】 柄の表現が自在に
カシミアやウールなどリッチでナチュラルなオリジナル素材の開発により、色柄で自在に遊べるようになりました。

【02】 素材の可能性が拡大
ゴアテックス以外の素材使いが拡大し、さまざまな素材感のアウターで高いパフォーマンスを享受できるようになりました。

【03】 装い方の自由度がアップ
表情豊かな素材感を手に入れたことで、機能性が必要なシーンにもクラシックなスタイルを持ち込むことが可能となりました。

シックな見た目を裏切る
ハイテクバルマカーン

クラシックなウールベースのブークレファブリックを使用したバルマカーンコート。もちろん素材は、撥水性を備えた高機能なもの。中綿入りのライニングは取り外し可能。
18万8000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)

Check!

フードも取り外しが可能。で、外せばベーシックなステンカラーとして、よりクラシカルですっきりとした襟元を演出できます。

PAGE 3

Column 
カシミア混のバックパックも

今季のラミナーにはカシミア混素材を用いたリッチなバックパックもラインナップ。当然コチラも裏地にメンブレンが貼られ、万全の撥水性を発揮します。

5万8000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)

2019年11月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヘルノ・ジャパン 03-6427-3424 
HP/www.herno.jp

エストネーション 0120-503-971
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL