• TOP
  • FASHION
  • 仕事も旅行もこれ一つ! 吉田カバン・ポーターのキャリーバッグがよくデキで話題な件

2019.09.26

仕事も旅行もこれ一つ! 吉田カバン・ポーターのキャリーバッグがよくデキで話題な件

出張や旅行ではスーツケースが頼もしい相棒となりますが、実はポーターのキャリーバッグが各種収納、容量、使い勝手の良さ、デザインと多方面に秀でていると好評です。その実力のほどをご紹介いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/T.Kawata

旅慣れ感あり! 大人にふさわしいシックなオールブラック

出張や旅行などには、ラゲッジ選びが旅の快適さを大きく左右すると言います。

そんな旅の相棒としておすすめしたいのが、鞄の名門、ポーターのキャリーバッグ。ハードケースに比べて、ソフトラゲッジは身軽なイメージから旅慣れた雰囲気がありますよね。

また、今回のキャリーケースがうれしいのは強度・軽さ・防水性に優れたポーターオリジナルの素材を採用。しかもオールブラックの佇まいはこれ以上ないくらいシックでスマート。これならカジュアルすぎに見える心配はありませんし、スーツやジャケット姿にも馴染んでくれます。

ソフトラゲッジの利点としては、荷物を収納する際の自由度の高さにあります。旅先でふと買ってしまった大きなお土産も、すんなり収められ、容量が余っていれば本体のベルトを締めてコンパクトに納めることも可能。中身が揺れ動く心配もございません。

ハードケース派の方も、こちらを見れば2個持ちしたくなるのではないでしょうか。

5泊程度なら、こちらで十分

ボストンキャリーバッグ(S)[W39×H69×D32cm] 約70ℓ 8万2000円/ポーター(吉田)
PAGE 2

● ここがよくデキ その1 「内装」

大容量なうえに荷物に応じた使い分けが可能

オリジナルのナイロンボディとポリカーボネート製底部の間のメインジッパーをグルリと開けると箱型のスーツケースのように使えます。使用しない時にはナイロンボディは折りたためる仕様で、付属する専用袋に入れて保管できます。

● ここがよくデキ その2 「タグ」

付属品にも妥協はありません

いざというときに自分の持ち物であることを証明してくれるラゲッジタグ。こちらはオールブラックのレザー製タグが付属します。ストラップにより、容易に脱着できる設計もありがたい。
PAGE 3

● ここがよくデキ その3 「TSAロック」

世界標準キーを採用

このモデルにはダイアル式TSAロックを標準装備。アメリカでは運輸保安局が手預け荷物を検査することになっていて、鍵は開錠して預けるのが基本。でもTSAロックなら、鍵をかけたまま預けることができるんです。今や当たり前ですが、これで安心感が異なります。

■ お問い合わせ

吉田 03-3862-1021

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        仕事も旅行もこれ一つ! 吉田カバン・ポーターのキャリーバッグがよくデキで話題な件 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト