• TOP
  • FASHION
  • 大人はヘンリーネックTシャツが使いやすいじゃないか説

2019.07.24

大人はヘンリーネックTシャツが使いやすいじゃないか説

クルーネックのTシャツが広く一般化した今シーズン。そろそろ次の一手を考えるべき季節となりました。Tシャツの気軽さはそのままに、大人の洒落感を適度に加えられる便利なシャツはないモノか? そんな都合のイイもの……実はコイツがあるんです!!

CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/長谷川 剛(04)

「前立て」の持つ効果は実に絶大

スポーツカジュアルな装いが全盛の昨今。ベースインナーとしてプレーンなTシャツを選ぶ人も多いと言います。しかし、正直なところやや食傷気味な雰囲気がなきにしもあらず。スタンダードな味わいは残しつつ、差別化の意味でもそろそろ小粋な変化をプラスしたいところです。

そこで提案したいのが、ヘンリーネックT。胸元にあしらわれた前立てによって、小粋なニュアンスが加味されます。例えば、ボタンを全止めすればきちんと感を、ひとつハズしたら大人の寛ぎ感を演出できるってわけ。

カジュアルスタイルはもちろん、ちょっとキレイめなセットアップの装いとの相性も◎。軽妙なヌケ感あるコーディネイトに仕上げられるのです。これは実に手軽でカンタン。ぜひ一度トライしてみて下さい!

◆ コーディネート実例1

ちょっとの違いが大人の証

ヘンリーネックTシャツ1万3700円/ヴィンス(リエート)、ジャケット4万6000円/TSPTR(ハンドイントゥリー ショールーム)、パンツ3万円/インコテックス(スローウエア ジャパン)、ベルト5万3000円/J&M デヴィッドソン (J&M デヴィッドソン 青山店)、グルカシューズ1万7800円/マウロ デ バーリ(アマン)
サファリ風のジャケットは、この季節のカジュアルアウターとして定番人気を誇るもの。ただし合わせるシャツが衿付きでは、やや硬すぎる印象に。とは言え、Tシャツではフツーすぎてエッジ不足です。

対して、襟元に程よくニュアンスが加わるヘンリーネックの合わせなら、適度なヌケ感と大人っぽさを演出することができるのです。この微差こそが旬の洒落感と知りましょう。
PAGE 2

◆ コーディネート実例2

絶妙な匙加減のエレガンスに注目

ヘンリーネックTシャツ1万9000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、セットアップジャケット2万3000円、同パンツ1万6000円/ともにリーセンシィ オブ マイン アバハウス(アバハウス 原宿)、眼鏡4万円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ベルト3万円/シャンボール セリエ(八木通商)、スニーカー5万8000円/オフィチーナ スローウエア(スローウエア ジャパン)
トレーニングウェアのごときリラックス感と大人のエレガンスを併せ持つ、ジャージーセットアップの着こなし。いわゆる“イイとこ取り”のセットには、同じようなスペックを持つシャツを合わせるのが正解です。

ヘンリーネックTは、前立て(ボタン付き)によるドレス感とTシャツ的な軽快さを備えたアイテムですから。合わせることでセットアップスーツのポテンシャルをしっかり生かしたコーディネイトとなるのです。

◆ スリードッツ

召しませ、官能的な"ふわトロ"タッチ

ヘンリーネックTシャツ1万6000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)
L.A生まれのプレミアム・カット・ソーブランドとして、セレブリティからも評価の高い「スリードッツ」。ブランドの代名詞的素材であるサンデッドジャージーは、中空構造のコットン糸をニット織りし、その表面をサンディング加工することでピーチスキンのような手触りを実現しました。

抜群の着心地もさることながら、カジュアルに見えすぎない適度なジャストフィットも絶妙な匙加減です。
PAGE 3

◆ ナイジェル・ケーボン

肉厚だから1枚でも存在感アリ!

ヘンリーネックTシャツ1万4000円/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)
ミリタリーやアウトドアのビンテージコレクターである英国人デザイナーが手掛ける「ナイジェル・ケーボン」。この一着も1940年代のビンテージから発想しており、手応えのある肉厚仕立てが大きな特徴です。

撚糸を用いたボディは単に厚手なだけでなく、吸湿放散性と型崩れしにくい特性を兼備。その他、動きやすさを考慮したスリーブや伸びダレ防止を意図した襟元のタック編みなど、こだわりを尽くしています。

◆ フィルメランジェ

素朴さとモダンが絶妙に融合

ヘンリーネックTシャツ1万円/フィルメランジェ
最高品質の素材使いと優れた職人仕立てによるカットソー作りをモットーとする日本の「フィルメランジェ」。しなやかなタッチで知られる超長綿を用いたアンリは、同ブランドのスタンダードと言える人気の一枚です。

シルキーかつ羽毛のごとき軽さを持ちつつ、適度に残したムラ感により素朴な寛ぎを味わわせてくれるところもポイント。白の貝ボタンにはネームを刻み込んでおり、カジュアルにしてさり気ない高級感も備えています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
アウターリミッツ 03-5413-6957
アバハウス 原宿 03-5466-5700
アマン 03-6805-0527
ジェームス パース 青山店 03-6418-0928
J&M デヴィッドソン 青山店 03-6427-1810
スリードッツ青山店 03-6805-1704
スローウエア ジャパン 03-5467-5358
ハンドイントゥリー ショールーム 03-3796-0996
フィルメランジェ 03-6447-1107
八木通商 03-6809-2183
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人はヘンリーネックTシャツが使いやすいじゃないか説 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト